MENU TEL

ホーム > Blog > 投球障害治療 > 野球治療・野球肘の分類(内側型、外側型、後方型)

ブログ記事

野球治療・野球肘の分類(内側型、外側型、後方型)

2014.06.14 | Category: 投球障害治療

野球肘とは

野球肘

投球動作によって生じる肘関節の骨軟骨、肘関節内外の軟部組織、末梢神経などの外傷および障害の総称になります。

 

※野球肘は身体機能の低下から生じる投球動作における効率的な運動連鎖の破綻が発生要因とされるために、野球肘にたいする理学療法には肘関節の機能改善だけではなく、投球動作における効率的な運動連鎖を破綻させている要因を改善することが非常に重要になります。

 

野球肘は発症する部位により肘関節の内側型、外側型、後方型に分類されます。

内側型

 

投球時の加速期に肘関節に外反力が働き、肘関節内側に牽引力が加わり、内上顆の剥離や骨端線離解、尺側側副靭帯(UCL:under collateral lig-ament)損傷、尺骨神経障害が発症します。

 

外側型

 

内側型と同時期に腕頭関節に圧迫力が加わり、上腕骨小頭の骨壊死を病態とする離断性骨軟骨炎(OCD:osteochondritis dissecans)や滑膜ヒダ障害が発生します。

 

後方型

 

ボールリリース動作における肘関節の伸展運動で上腕三頭筋の筋収縮による牽引力が肘頭に加わり、肘頭骨端線の離解や閉鎖不全が発生します。

 

※また、ボールリリース動作における肘関節の外反および伸展運動により腕尺関節後内側に圧迫力と剪断力が加わり骨棘が形成され、さらに投球を繰り返すことで骨棘の骨折が肘頭の疲労骨折を引き起こします。

引用・索引 スポーツ障害の理学療法

ページトップ