MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 「肥満遺伝子(レプチン)」とインスリン非依存型糖尿病

ブログ記事

「肥満遺伝子(レプチン)」とインスリン非依存型糖尿病

2014.07.31 | Category: トレーニング

obese gene=ob遺伝子

 

人では肥満にかかわる遺伝子(obese gene=ob遺伝子)は7番目の染色体にあり、体脂肪中の脂肪細胞に中性脂肪が蓄積してくると、脂肪細胞はこの遺伝子を用いてレプチンというタンパク質を作り、分泌します。

 

※レプチンは脳の視床下部という部分に働いて、食欲を減退させ、エネルギー摂取を抑えると同時に、身体の活動を高め、エネルギー消費を促進させ、体内の脂肪量を一定にしていると考えられます。

 

肥満遺伝子と人の家系

 

肥満遺伝子に異常のあるマウスは確かに極度の肥満になります。

 

※Montagueらによって重度の若年性肥満を示す家系について調べ、この家系に属する子供達のob遺伝子にまったく同じ変異があることを発見しており、この報告は人でもob遺伝子が「太りやすい体質」を決める一つの要因になっていることを示しています。

 

レプチンとインスリン非依存型糖尿病

 

レプチンは脳の視床下部に働き、この部分に対する感受性が低いと、レプチンが例え正常に分泌されても、やはり肥満になります。

 

これはインスリンが分泌されるのに糖尿病になる「インスリン非依存型糖尿病」の場合に似ており、糖尿病の90%以上がこちらのタイプなのと同様、肥満体質の大部分も視床下部のレプチン感受性の低下が原因かもしれません。

引用・索引 究極のトレーニング 石井直方

ページトップ