MENU TEL

ホーム > Blog > ヘルスケア > 中性脂肪(トリグリセリド)の増加とメタボリックシンドローム

ブログ記事

中性脂肪(トリグリセリド)の増加とメタボリックシンドローム

2013.03.15 | Category: ヘルスケア

 中性脂肪(トリグリセリド)

トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきか??
性別に関わらずトリグリセリドの上昇が重大であり、特に高血圧、低HDL(高密度リポタンパク質)、耐糖能異常/糖尿病、中心性肥満(うち1つ以上)のようなメタボリックシンドロームの全般的指標が認められた場合は重要な指標になります。

 

 メタボリックシンドロームと中性脂肪

 

国内コレステロール教育プログラムによるコレステロールのガイドライン2004年改訂版によると、メタボリックシンドロームが生じると、自ずと冠動脈疾患リスクが非常に高くなるとされています。

 

LDL値70mg/dL未満に留めることを主目標とする、と本ガイドラインでは記しています。

 

トリグリセリドが一番重視されるのは500mg/dLを超える場合で、この数値は膵炎の危険があります。

 

生活習慣の見直し、特に単純糖質の摂取量を減らし、運動量を増やすことでかなりの違いがでるということは重要です。

レベッカ・ブライアン(Rebecca H. Bryan) APRN, CNP (157-1)
ソース(記事原文):クリニカル・アドバイザー

ページトップ