MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > スクワットとデッドリフトの運動力学と筋力を産生する要因の違い(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)

ブログ記事

スクワットとデッドリフトの運動力学と筋力を産生する要因の違い(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)

2015.04.27 | Category: トレーニング

スクワットはデッドリフトと同程度に効果的であるか

スクワットとデッドリフトの効果

パワーリフティングを行うアスリートが、動作パターンが類似していること、どちらも同じ筋群が動員されることを理由に、スクワットは直接デッドリフトの代わりになると示唆されています。

 

トリプルエクステンションとアスリートのパワー向上(膝関節と股関節、足関節の爆発的な伸展はExplosivenessの重要な要素)

 

筋肉の収縮様式と筋力(静的収縮:等尺性収縮と動的収縮:短縮性収縮・伸張性収縮)

スクワットとデッドリフトの運動パターンと筋の動員順序と選択

重い負荷を使ったスクワットとデッドリフトは、「運動パターン」「筋の動員順序と選択」が異なることが明らかになっています。

 

スクワット

スクワットのキネティックリンクの動作パターンは「同時的(Simultaneous)」といわれ、これは、下肢の関節角度が比較的同じように変化することにより定義されます。

 

デッドリフト

反対に、デッドリフトは「連続的(Sequential)」なキネティック・パターンに従った運動であり、主要な関節の動きは3段階にはっきりと分かれます。

 

※3段階とは、リフトオフまでの膝の伸展、膝を通過する際の股関節の伸展、そしてロックアウトまでの膝の伸展になります。

 

筋力/加速度トレーニングの概念(加えた力が物体を加速させる為、力(F)は質量(m)×加速度(a)に等しい)

 

競技現場への応用

スクワットとデッドリフトの間の運動パターンとリフティングの運動力学(バーの位置と握力)の相違により、筋力を産生する要因(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)が異なり、両リフティングの代替効果はきわめて限定的になります。

 

パワーリフティングなど、筋力に基づく競技のアスリートは「特異性の原理」に重点を置くべきで、望ましいスキル、筋持久力に役立たないトレーニングは避けなければなりません。

 

その上で、トレーニングをできるだけ単純化する必要があり、目的が重いウェイトを挙げるアスリートを育てるのであれば、アスリートは重いウェイトを挙上する必要があり、適切に期分け作成されたトレーニングプログラムを行う必要があります。

引用・索引 NSCA JAPAN Volume21 Number2 page65


ページトップ