MENU TEL

ホーム > Blog > アスリート名言 > 自分が発する言葉というのは自分自身に語りかけているところがある。by長谷部誠(サッカー日本代表)

ブログ記事

自分が発する言葉というのは自分自身に語りかけているところがある。by長谷部誠(サッカー日本代表)

2013.04.30 | Category: アスリート名言

長谷部誠選手の『心を整える。~勝利をたぐり寄せるための56の習慣』という本の言葉です。

「自分が発する言葉というのは自分自身に語りかけているところがある。口にした言葉は自分の耳を通じて、自分の心に届く。」

長谷部誠選手の『心を整える。~勝利をたぐり寄せるための56の習慣』という本の言葉です。

僕自身、愚痴やネガティブな言葉は嫌い(苦手)ですが、

ついつい愚痴ること、マイナス思考の言葉を発したりすることがあります。
そうするとどうしても自己暗示にかかったようにモチベーションも下がってしまいがちになり、負の言葉は悪い連鎖を生みがちです。。。

この本の中で「(達也は)常に前向きな言葉を口にするので、一緒にいるこちらまでポジティブな気持ちにさせてくれる。(p47)」

言葉の力は大きいですね。


ページトップ