MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー治療 > 第93回全国高校サッカー選手権大会交代策が的中の日大藤沢、初のベスト4進出…静岡学園に競り勝つ

ブログ記事

第93回全国高校サッカー選手権大会交代策が的中の日大藤沢、初のベスト4進出…静岡学園に競り勝つ

2015.01.12 | Category: サッカー治療

第93回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝

高校サッカー 日大藤沢 静岡学園

第93回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が5日に行われ、浦和駒場スタジアムでは神奈川県代表の日大藤沢と静岡県代表の静岡学園が対戦した。

 

1回戦から登場した日大藤沢は徳島市立(徳島県代表)、高川学園(山口県代表)、開志JSC(新潟県代表)を下して同校最高成績タイのベスト8進出。田場ディエゴが3試合連続ゴールでチームをけん引してきた。静岡学園は2回戦で佐賀東(佐賀県代表)に6-0、3回戦では今夏のインターハイを制して優勝候補最右翼と目された東福岡(福岡県代表)を3-0と攻撃と守備がかみ合い、結果を出してきた。

 

 日大藤沢-静岡学園

試合は立ち上がり、静岡学園が日大藤沢陣内に攻め込むと、5分には加納澪が相手DFと競り合いながらペナルティエリア内に侵入し、シュートを放ったがGK鈴木孔明が防いだ。21分にもセットプレーの流れからゴール前で混戦となり、加納がシュートしたがDFがブロックした。

 

日大藤沢も直後の23分、スルーパスを受けた田場がペナルティエリア内に侵入したがシュートは打てず。32分にもロングボールをエリア外に飛び出した静岡学園のGK山ノ井拓己が処理を誤り、拾った栗林大地にチャンスが訪れかけたが、戻ったDFがシュートを打たせなかった。

 

後半、ボールを支配して試合を優勢に進める静岡学園は60分、ゴール正面の位置から本藤風太がミドルシュートを放ったが、日大藤沢GK鈴木がワンハンドで弾き出す。直後のCKではファーサイドへのボールを鹿沼直生がダイレクトで合わせたが、右足のシュートは枠を捉えられなかった。

 

迎えた69分、劣勢だった日大藤沢が右サイド浅い位置でFKを獲得すると、ゴール前へ送られたボールを最後は投入された直後の前田マイケル純が押し込んで、先制点を獲得する。しかし直後の71分、静岡学園は右サイドで中澤史伝がボールをキープしてクロスを送ると、ゴール前の混戦から本藤が蹴り込んで、すぐさま同点とした。

 

終盤に動いた試合は78分、日大藤沢は右サイドのスローインから田場のスルーパスをペナルティエリア内右で受けたこちらも途中出場の今井裕太がゴール左へ流し込んで、勝ち越しに成功。これがそのまま決勝点となり、日大藤沢が2-1で勝利した。

 

日大藤沢は、10日に埼玉スタジアム2002で行われる準決勝で石川県代表の星稜高校と対戦する。

 

【スコア】

日大藤沢 2-1 静岡学園

【得点者】

1-0 69分 前田マイケル純(日大藤沢)
1-1 71分 本藤風太(静岡学園)
2-1 78分 今井裕太(日大藤沢)

提供:Jリーグサッカーキング


ページトップ