MENU TEL

ホーム > Blog > トレーナー > アミノ酸サプリメント(特に、分岐鎖アミノ酸は筋肉の合成、筋肉の修復に非常に重要)

ブログ記事

アミノ酸サプリメント(特に、分岐鎖アミノ酸は筋肉の合成、筋肉の修復に非常に重要)

2015.02.04 | Category: トレーナー

アミノ酸のサプリメント

アミノ酸サプリメント

アミノ酸が集まってタンパク質になる

アミノ酸はタンパク質が分解されてできたものになります。

 

逆にいうとアミノ酸が集まったものがタンパク質になるということです。

 

肉や魚、豆類などにはタンパク質が多く含まれ、普通に食事で肉や魚、豆類を摂取していれば、アミノ酸を摂っていることになります。

 

どのアミノ酸を摂取すればよいか?

人の身体には、20種類のアミノ酸の種類があります。

 

その中でも、9種類は自分で作れないので、食事から摂取する必要があります。

 

それらを、必須アミノ酸と呼びます。

 

タンパク質は、筋肉の元になり、その他、化学反応を進める酵素の成分であったりと、身体にとってなくてはならないものになります。

 

さらに、タンパク質の種類によって、含まれるアミノ酸の割合は違ってきます。

 

そのため、運動時や運動後の身体に必要なタンパク質を構成するアミノ酸を補助的に摂るということがサプリメントとしてアミノ酸摂取が推奨される1つの理由になります。

 

分岐鎖アミノ酸

分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)と呼ばれるアミノ酸は筋肉に多く、しかも体内で合成できないアミノ酸で、サプリメントによく用いられます。

 

これらのアミノ酸が筋肉合成において、非常に重要になります。

 

これを摂取することが「筋肉合成」「筋肉の修復」に有利になるといわれています。

 

多くの場合、1つのアミノ酸のみを摂るのではなく、多種類のアミノ酸それぞれに役割があるということで、混液中のアミノ酸の比率の違いが市販されているアミノ酸サプリメントのメーカーごとにそれぞれ違ってきます。

 

アミノ酸には即効性がある

アミノ酸摂取の特徴として、即効性があります。

 

タンパク質を食べて、それが消化吸収されてアミノ酸となって、筋肉に到達するまでには、数時間かかります。

 

トレーニングや試合を終わってから食事になって、食べたタンパク質が吸収されて筋肉に届くのに、トレーニング終了から少なくとも4~5時間はかかるということになります。

 

一方、トレーニング後にアミノ酸飲料を飲めばすぐに、筋肉に届くことになります。

 

このことが、「筋肉痛の軽減」にも関係しています。

 

ただし、現状では、多くの人がその効能を知らないまま摂取している選手が多いのも事実になります。

引用・索引 エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング 八田秀雄102-103


ページトップ