MENU TEL

ホーム > Blog > トレーナー > 乳酸もサプリメントになる(乳酸を摂取することで持久的運動中の血糖値低下が防げる)

ブログ記事

乳酸もサプリメントになる(乳酸を摂取することで持久的運動中の血糖値低下が防げる)

2015.02.09 | Category: トレーナー

乳酸

乳酸

乳酸もサプリメントになる

乳酸は溜まるだけの疲労物質ではなく、酸化して使えるものになります。

 

乳酸は身体で生じたとき、最初は酸(Lactic Acid)ですが、体内には酸性化を防ぐ機構がいろいろあり、すぐ中和され乳酸塩(Lactate)になります。

 

乳酸塩は疲労に関係のないエネルギー源になります。

 

乳酸の反応

乳酸は一つの反応を経るだけでミトコンドリアの反応に入り、非常に利用しやすいという利点があります。

 

現にスポーツドリンクの成分をみると、多くの場合、乳酸カルシウムが入っています。

 

この理由は、カルシウムを飲料に入れるのに乳酸カルシウムだと溶けやすいということで入っています。

 

つまり、スポーツドリンクは、実は乳酸飲料だといえます。

 

また、手術後などで栄養摂取できない患者の方などに点滴する輸液にも、同じく乳酸ナトリウムなどの形で乳酸が入っています。

 

さらに、実験的に乳酸を摂らせたネズミは、摂らせないネズミよりも、より長い時間運動ができます。

 

乳酸は糖の分解の過程でできるもので、他の糖を飲ませたのと同様に、乳酸を飲ませると持久的運動中の血糖値低下が防げることになります。

 

こうしたことから、疲労物質ではなくエネルギー源の乳酸はサプリメントにもなりえるといわれます。

 

ただし、問題点としては、多くの場合、乳酸カルシウムや乳酸ナトリウムの形で摂取しますので、特に後者の場合、ナトリウム摂取量が増えてしまうというデメリットもあります。

引用・索引 エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング 八田秀雄 110


ページトップ