MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 代謝ストレスと筋肥大(乳酸、水素イオン、無機リン酸塩、クレアチンその他の代謝産物の蓄積が筋肥大を起こす)

ブログ記事

代謝ストレスと筋肥大(乳酸、水素イオン、無機リン酸塩、クレアチンその他の代謝産物の蓄積が筋肥大を起こす)

2015.03.03 | Category: トレーニング

代謝ストレスと筋肥大

代謝ストレスとは

代謝ストレスと筋タンパク同化作用

多数の研究により、運動によって起こる代謝ストレスがタンパク同化作用の役割を果たすことが裏付けれています。

 

一部の研究者は、トレーニングに対する筋肥大反応を効率的に引き出すために、代謝産物の蓄積のほうが、大きな力発揮よりも重要になるかもしれないと推測しています。

 

筋肉内の酸性化は疲労にどれだけ影響するか?(筋肉内のph{乳酸、水素分子}と筋張力低下の関係)

 

代謝ストレスと張力

代謝ストレスは筋の発達にとって基本的な要素ではないように思われていますが、代謝ストレスが、主要か補助的かは別として、いずれかの方法で、有意な肥大効果を及ぼす可能性があることを示す多くのエビデンスがあります。

 

これは、多くのボディビルダーによって採用されている中強度のトレーニングを考察することで指摘できます。

 

※ボディビルダーのトレーニングは、相当大きな筋の張力を維持しながら、代謝ストレスを高めることを目的に設定されています。

 

乳酸が多く出る状況と疲労する状況が一致するのはなぜなのか?(クレアチンリン酸の再合成とリン酸除去が追いつかないだけではなく、中和できないほど乳酸が蓄積する)

 

 代謝ストレス=代謝産物の蓄積

代謝ストレスは、ATPを産生するために無酸素性の解糖系に依存するエクササイズの結果として表れますが、それは結果的に乳酸、水素イオン、無機リン酸塩、クレアチンその他の代謝産物の蓄積をもたらします。

 

筋の虚血もまた、大きな代謝ストレスをもたらし、解糖系トレーニングと組み合わせると、追加的な肥大効果を及ぼすとされています。

 

ストレスを誘発するメカニズムは、ホルモン環境の変化、細胞膨潤、フリーラジカルの発生、成長志向の転写因子の活動増加など含む筋肥大反応を起こすと理論化されています。

 

また、解糖系トレーニングによって促進されたより大きな酸性環境は、筋線維の分解の増加と交感神経のより大きな興奮をもたらし、それによって適応的な筋肥大反応を起こすとされます。

 

乳酸が多く出る状況と疲労する状況が一致するのはなぜなのか?(クレアチンリン酸の再合成とリン酸除去が追いつかないだけではなく、中和できないほど乳酸が蓄積する)

引用・索引 NSCA JAPAN Volume21 Number page64-65


ページトップ