MENU TEL

ホーム > Blog > トレーナー > 成長ホルモン(筋細胞の受容体との相互作用の強化をもたらし、筋線維の回復を促進し筋肥大反応を刺激する)

ブログ記事

成長ホルモン(筋細胞の受容体との相互作用の強化をもたらし、筋線維の回復を促進し筋肥大反応を刺激する)

2015.03.10 | Category: トレーナー

成長ホルモン

成長ホルモンとウェイトトレーニング

成長ホルモンと同化と分化

成長ホルモン(GH)は同化と分解の両方の性質を持つポリペプチドホルモンです。

 

具体的には、GHはトリグリセリドの動員に向けた脂質代謝を誘発するための再分配剤として働き、また、アミノ酸の細胞への取り込みと筋を含む様々なタンパク質への融合を刺激します。

 

機械的刺激が存在しない際は、GHは全身のIGF-1のmRNAを優先的に増加させ、そして自己分泌/傍分泌様式で肝臓以外のIGF-1遺伝子の発現をもたらします。

 

ホルモンとサイトカイン(インスリン様成長因子(IGF-1)、テストステロン、成長ホルモンの急性ホルモン応答が有意なタンパク同化刺激を促す)

成長ホルモンとは

GHは脳下垂体前葉によって分泌され、脈動的に放出されますが、運動以外の最大の分泌は睡眠中に起こります。

 

筋組織に影響を及ぼすことに加え、GHはさらに、免疫機能、骨のリモデリング、細胞外液量の調節にも関与します。

 

GHは全体として、84の細胞型において450以上の活動を促進するとされます。

 

筋肥大とエクササイズの選択(多関節運動は単関節運動に比べ、テストステロンとGH濃度を高める)

 

成長ホルモン作用

GH濃度は各種の運動を行った後急激に上昇します。

 

エクササイズによって起こるGHの増加は、タイプⅠとタイプⅡの筋線維の筋肥大と高い相関関係があります。

 

仮説では、GHの一時的な増加は、筋細胞の受容体との相互作用の強化をもたらし、筋線維の回復を促進し筋肥大反応を刺激するとされます。

 

GHはまた、トレーニングによって起こる局所的なIGF-1の発現増加にも関わっていると考えられ、高強度エクササイズと組み合わせた場合、GHの放出は筋のIGF-1遺伝子を著しく増加させる上方制御に関与し、その多くがMGFアイソフォームに接合されます。

 GHアイソフォーム

GHはこれまで、100以上のアイソフォームが見つかっています。

 

しかし、レジスタンストレーニング研究の大多数は、例外なく22-kDaアイソフォームに重点を置いているために、結論には限界があり、最近の研究では、エクササイズ中には半減期の長い複数のGHアイソフォームが優先的に放出され、標的組織における持続的な活性化が可能となることを示唆しています。

 

筋損傷と筋肥大(マクロファージ(大食細胞)は、筋で合成されたサイトカイン(マイオカイン)の分泌を通して筋肥大を媒介する)

 

筋肉をつけるためにはどれだけ睡眠をとる必要があるか?

引用・索引 NSCA JAPAN Volume19 Number10 page63


ページトップ