MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

ブログ記事

思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

2015.07.02 | Category: トレーニング

思春期前のトレーニングの重点

思春期前のトレーニングの重点

基礎および学習するためのトレーニング

若年アスリートが様々な競技場面において、熟練した動作を発揮するためには「歩行」「ランニング」「ジャンプ」などの基本的運動スキル(FMS:Fundamental Movement Skill)と、「キャッチ」「ホップ」「ギャロップ」などの基本的スポーツスキル(Fundamental Sport Skill)の能力を発達させることと提唱されています。

 

小児・青少年のスピードトレーニングの意義(思春期直前期の急成長は主に神経系の発達、思春期の急成長は内分泌系を介した発達をする)

FMS(ファンクショナルムーブメントスクリーン)

 

[table id=29 /]

 

青少年期を通じたアジリティトレーニングの焦点(神経の可逆性を利用し「ファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS」「方向転換速度:CODS」「反応アジリティトレーニング:RAT」の向上を目指す)

 

思春期の神経筋系の適応

先行研究によると、子供は6~8歳および10~12歳の時期に脳の成熟がピークを迎え、また、神経筋系の適応が加速します。

 

FMSの神経経路の多くはこの時期までに作り上げられるという考えが一般的であり、その事実は、ウェイトリフティングの様々なテクニックを導入し、強化する上で、思春期前は極めて重要な時期であることを示唆しています。

 

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

 

ウェイトリフティングの開始年齢

東ヨーロッパの一部の国ではウェイトリフティングの開始年齢が10歳前後であり、米国でも一部のコーチがこの開始年齢を採用し始めています。

 

ウェイトリフティングエクササイズは、より基本的なレジスタンストレーニングのテクニックに比べて高度な協調を必要とするため、脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している時期の子供にウェイトリフティングのテクニックを経験させることは、合理的であるとされています。

 

思春期前のこれらの時期にある子供は、テクニックに習熟する結果として(さらにはテストステロン濃度が除脂肪体重を増加させるにはまだ足りないために)、より効果的で効率的な神経特性を獲得し、それによって筋力とパワーの向上を示すことが予想されています。

 

小児期のスピード向上トレーニングにおいて重要視されるべき「接地時間」(自然には発達しないことが知られている因子(接地時間とストライド頻度))

 

小児期におけるスピードのトレーナビリティ(5~14歳の子供にプライオメトリックトレーニングはジャンプとランニングの数値に多大な影響を及ぼす)

 

思春期のトレーニングの重点(PHV:最大身長成長速度と体重の最大成長速度(PWV)のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大(筋線維サイズの増大)、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

 

高校生アスリートのためのシーズン中のトレーニング目標(最大筋力を維持し、パワーと高速の力発揮に転換し続けること)

引用・索引 Stone G Williams CA Children and fitness testing Weightlifting Abrief overview Strength Cond J28:50-56 2006


ページトップ