MENU TEL

ホーム > Blog > ヘルスケア > 肝臓疾患による死亡が糖尿病患者に多い(糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高い)

ブログ記事

肝臓疾患による死亡が糖尿病患者に多い(糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高い)

2015.07.10 | Category: ヘルスケア

肝臓疾患による死亡が「糖尿病患者に多い」

肝臓病と糖尿病

糖尿病患者は肝疾患による死亡率が高くなる

糖尿病者では、糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高いことが、新たな研究で示されました。

 

糖尿病が、一部の肝疾患リスクを上昇させることは既に知られており、血糖コントロールが適切に行われないため、肝疾患リスクが上昇し、肝疾患は肝臓の瘢痕化(肝硬変)やがんにつながることもあります。

 

この研究は、エジンバラの研究者らが、35歳-84歳の患者における2007年までの6年間分の診療録を解析し、同研究者らは、肝疾患で死亡した糖尿病者1,267人と非糖尿病者10,100人を比較しました。

 

その結果、肝がんで死亡したのは、糖尿病者の4人に約1人(24%)であったのに対し、非糖尿病者では10人に1人(9%)であり、一方、アルコール性肝疾患による死亡は、糖尿病者(38%)と比べ、非糖尿病者(63%)で多くなりました。

 

糖尿病患者は、アルコールを飲み過ぎないように助言されているが、これはアルコールが血糖値に影響を与える可能性があることと、体重増加のリスクがあることからです。

 

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

糖尿病と肝疾患リスク因子

エジンバラ大学(Edinburgh University)のサラ・ワイルド(Sarah Wild)博士は、「非アルコール性脂肪性肝疾患は、近年急増しているが、特に糖尿病者でその傾向が強い」と述べています。

 

さらにサラ・ワイルド博士は、「主なリスク因子は過体重であり、これは2型糖尿病の重要なリスク因子でもある」、「非アルコール性脂肪性肝疾患により肝硬変リスクが増加し、続いて肝がんリスクが上昇する」とも述べています。

 

糖尿病を患っている男性肥満患者のテストステロン値が通常より低い割合は50%になる

ソース(記事原文):BBCニュース


ページトップ