MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 筋サイズと筋力のための分岐鎖アミノ酸(BCAAの中では、ロイシンだけが単独でタンパク質合成を促進できる)

ブログ記事

筋サイズと筋力のための分岐鎖アミノ酸(BCAAの中では、ロイシンだけが単独でタンパク質合成を促進できる)

2015.09.09 | Category: サプリメント

筋サイズと筋力のための分岐鎖アミノ酸

分岐鎖アミノ酸(BCAA:Branched Chain Amino Acids)

BCAAが他のアミノ酸と特に異なるのは、内臓組織にはBCAAの分解を担う律速酵素が少ないことです。

 

したがって、経口摂取されたBCAAは急速に血中に放出され、筋はこれらの高濃度のアミノ酸に暴露され、最終的にBCAAは、骨格筋タンパク質合成の固有の制御因子として働きます。

 

Glrlckの古典的な研究は、BCAAが全9種類の必須アミノ酸(EAA)と同程度に骨格筋タンパク質の合成を促進することを明らかにし、BCAAの中では、ロイシンだけが単独でタンパク質合成を促進できます。

 

アミノ酸(分岐鎖アミノ酸(BCAA:Branched Chain Amino Acids)EAAの中でもタンパク質の代謝や神経機能および血糖とインスリンの調節の役割を果たす)

タンパク質摂取はロイシン含有量に基いて摂取することが理想

高強度エクササイズは、持久力系と筋力系のどちらであってもマイナスのネットプロテインバランスをもたらします。

 

Norton&Laymanらは、BCAA(具体的にはロイシン)の摂取が、高強度エクササイズ後のプロテインバランスをマイナスからプラスに転じることができると示唆しました。

 

その裏付けとして、十分なロイシンを含むEAA複合体が高強度エクササイズのトレーニング後にネットバランスをプラスに変えたことが示されました。

 

これらの知見は、最適なタンパク質摂取は食事ごとに摂取するタンパク質のロイシン含有量に基いて決定する必要があると示唆しています。

 

研究からは、タンパク質合成を最大化するためには2~3gのロイシンが必要であることが示されています。

 

小麦や大豆を含む植物由来のタンパク質にはロイシンは6~7%しか含まれていないのに対し、卵や乳製品には9~11%のロイシンが含まれています。

 

すなわち、タンパク質合成を最大化するためには(7%のロイシンを含む)、小麦であれば、45gのタンパク質を摂取する必要がありますが、ホエイプロテインを用いるならば、そのロイシン含有量に基づくと、わずか27g摂取するだけで補えます。

 

プロテインの種類により血漿アミノ酸濃度が変わる(分岐鎖アミノ酸であるロイシンはタンパク質の合成を増大させる)

 

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

 

レジスタンストレーニングと分岐鎖アミノ酸:BCAA(ロイシンは、タンパク質合成促進機能、骨格筋タンパク質の分解を抑制することも証明されている)

 

グルタミンの役割(高強度運動時の免疫低下現象の予防、試合期の骨格筋維持、アンモニア蓄積による中枢性疲労の軽減につながる)

引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes34 Number4 pages33-48


ページトップ