MENU TEL

ホーム > Blog > 投球障害治療 > 外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

ブログ記事

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

2015.10.21 | Category: 投球障害治療

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度

肘関節内側と外反ストレス

肘関節の伸展と肘関節外反モーメントの関係

三次元運動解析研究により、体幹のピーク回旋時における肘関節の伸展と肘関節外反モーメントの増大との関係が明らかになりました。

 

肘外反トルクは、MER(肩関節最大外旋)直前にピーク外反負荷が起こる瞬間、肘関節の屈曲が増すの伴い減少します。

 

腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメント(主に上腕骨の軸回転)が増大し、結果的に肘関節の外反ストレスが増大し、加速段階のピークEEV(肘関節伸展速度)は、筋活動よりもむしろ「腕の振り遅れ」との関係が大きいことが知られています。

 

これは、上腕三頭筋が急速に肘関節を伸展するのを助けるために、体幹と上腕骨の間で遠心力が働くためです。

 

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

肘関節屈曲筋群の伸張性筋活動

肘関節屈曲筋群の拘縮により、肘関節屈曲筋群の伸張性筋活動による貢献が明らかになりますが、それは、肘関節屈曲筋群全体のモーメントが加速の開始からおよそ40~60nmと推定されることによって証明されています。

 

肘関節屈曲筋群のモーメントは関節を圧迫し、クリティカルインスタントにおけるEEVを制御しますが、そのとき肘関節は85°屈曲からおよそ20°のボールリリースまで65°伸展します。

 

ゴニオメーターで受動的に測定された肘関節の伸展制限は8°であり、試合後には3°減少することが記録されています。

 

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

 

拘縮の程度が投球反応に及ぼす影響

拘縮の程度が投球反応に及ぼす影響を評価するために、肘関節伸展のROMAを利用して、肘関節の伸展速度を低下させるために必要な拘縮はおそらく、筋内のカルシウム濃度の上昇、筋線維と包む結合組織の短縮および局所的炎症の結果であるとされています。

 

伸展性努力の測定、投球腕の回復状態の評価、および骨棘発生と遊離体エントラップメントなど、肘関節のインピンジメントの病態の把握を行うことができます。

 

肘関節のROMAは、アスリートが側臥位をとり、肩峰突起と肘外側上顆を一直線にして、最大伸展位で肘関節をロックし、母指を上に向け(手関節の回外)、反対側の腕で頭部を支えます。

 

上腕骨の外側上顆(肘関節のほぼ中央)にゴニオメーターの支点を合わせ、ゴニオメーターの固定アームを上腕骨外側上顆から肩峰突起に合わせ、可動アームを橈骨に沿って橈骨茎状突起までアームを動かし測定します。

 

投球直後と24時間後に測定し、肘関節伸展制限の差が3°以内であれば正常とみなし、前回の投球時と比較し10°以上減少していれば、骨棘インピンジメントあるいは関節内遊離体エントラップメントを予防するための治療が必要とされています。

 

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

 

ストレッチングの重要性

関節の可動性を回復するために、試合直後と24時間後にストレッチングを行ないますが、その前に上腕二頭筋の筋膜を緩めるために、ローリングピンまたは他の用具を用いて2~5分筋膜リリースを行ないます。

 

軟部組織の癒着が緩み、自己抑制反応が起こるこにより、肘関節伸展筋群の回復を促す静的ストレッチングに備えて上腕二頭筋の柔軟性が増します。

 

上腕二頭筋-上腕三頭筋のウォールストレッチは、単純ですが、効果的なストレッチであり、アスリートは腕を65°外転し(ほぼ胸の高さで)、母指を壁に押しあて、固定した腕から反対方向に体幹をゆっくり回転させ、三角筋前部と上腕二頭筋をストレッチングします。

 

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.


ページトップ