MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

ブログ記事

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

2015.10.28 | Category: トレーニング

心臓血管系疾患のためのエクササイズ

心臓血管系疾患アスリートのエクササイズ

心臓血管系疾患

世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。

 

定期的な身体活動に、心臓血管系患者に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。

 

これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改善します。

 

心臓血管系トレーニングの循環器系への生理学的作用(心拍出量の増加や心拍数の減少による心臓機能の獲得、ミトコンドリアの増加、筋グリコーゲンの増加)

心臓血管系疾患の疫学

心臓血管系疾患(CVD)は高血圧や肥満および不活動など関連して発症し、アメリカでは年間死亡者の26%はCVDが原因で亡くなっています。

 

トレーニングは、CVDの患者のリハビリテーションとしても、また高リスクの人のCVD予防策としても、安全で効果的な方法であることが明らかになっています。

 

長期的な運動に対する適応には、血流やVO2maxの増加、運動耐性の改善だけではなく、1回拍出量と心拍出量の増加、血管拡張、および末梢抵抗の低下に代表される心機能の向上が含まれます。

 

さらに、これらの適応により、CVDのリスクの高い人々だけではなく、CVDの患者においても病的状態や死亡率の低下が期待できます。

 

喘息とエクササイズ(フィジカルコンディショニングは喘息の管理全般に有益であり、心肺系のコンディショニング、筋フィットネス、および生活の質全般を向上させる)

 

有酸素性トレーニング

有酸素性トレーニング(AT)は、長い間、CVDの予防を目的に処方され、またリハビリテーションにも役立っています。

 

アメリカスポーツ医学会とアメリカ心臓協会は、健康上の利益を得るためには、中~高強度の身体活動を1日に30分、1週間ほぼ毎日行うことを推奨しており、定期的な身体活動はVO2maxを高め、VO2maxと死亡率には逆相関関係があります。

 

心臓のリハビリテーション中に実施する最近の複数のレビューにより、定期的なエクササイズ効果が検証されていますが、普遍的な運動処方は特定されていません。

 

Fletcherらは4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係があることを報告しており、健康に関する利益を得るためには、1回20~60分のエクササイズを週3~5回、50~70%HRmax(40~60%VO2max/Borg RPEスケールの12~16)で行うことが推奨されるとされています。

 

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

 

心臓血管系疾患の一次予防と心臓リハビリテーション中の患者のための有酸素性エクササイズの例

強度(%VO2max)強度(%HRmax)RPE継続時間(分)頻度
140~5050~6010~1210~151~2回/日、2~3回/週
245~6050~6010~1210~151~2回/日、2~3回/週
345~6050~6010~1215~201~2回/日、3~5回/週
450~6560~7010~1215~201~2回/日、3~5回/週
550~6560~7010~1215~201~2回/日、3~5回/週
650~6560~7012~1420~301~2回/日、3~5回/週
760~7065~7012~1420~302~3回/日、3~5回/週
860~7065~7012~1420~302~3回/日、3~5回/週
960~7065~7012~1420~302~3回/日、3~5回/週
1065~7570~7512~14>301~2回/日、4~6回/週
1165~7570~7514~15>301~2回/日、4~6回/週
1265~7570~7514~15>301~2回/日、4~6回/週

 

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

引用・索引Wisloff U,Ellingsen O,Kemi OJ.High-Intensity interval training to maximize cardiac benefits of exercise training Exerc Sports Sci Rev37:139-146,2009


ページトップ