MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

ブログ記事

SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

2016.01.25 | Category: トレーニング

エクササイズがもたらす効果

競技特異性を活かしたウェイトリフティング

競技特異性とは

競技特異性は、あるエクササイズが競技にどの程度転移するかを表す言葉として広く用いられています。

 

すなわち、特異性とは、その競技に特異的な動作や課題の遂行能力に対して、エクササイズがもたらす向上効果の度合いを意味します。

 

プル・ツーニーとは(ウェイトリフティング動作のクリーンまたはスナッチのファーストプルを、適切なバイオメカニクスを強化して再現する筋力トレーニング動作になる)

SAIDの原則

SAIDの原則(Specific adaptation to imposed demands:課せられた刺激に対する特異的適応)とは、アスリートのトレーニング選択と、それがパフォーマンスにもたらす効果との関連性を説明する用語になります。

 

神経筋系は課せられた要求に適応するというのが、SAIDの原則の概念になります。

 

アスリートのウェイトリフティング動作の向上を図るコーチにとって、クリーンプルとスナッチプルの両バリエーションはスキル習得に役立つエクササイズになり、理由のひとつに、クリーンプルとスナッチプルはウェイトリフティング動作の実行に用いられる筋群の強化を促すことが挙げられます。

 

また、これらプルのバリエーションは、部分的な派生動作(プル-トゥ-ニーとミッドサイプル)を組み合わせ、より完全な動作に近づけたエクササイズであるため、完全なウェイトリフティング動作の習得過程にも利用できます。

 

これらのプル動作を組み込みことによって、ウェイトリフティング動作のトレーニングに短い動作から長い動作へ、可動域の一部から全体へというアプローチがもたらされます。

 

ウェイトリフティングとパワーリフティング(パワー発揮、ピーク速度、跳躍高の増大が目的とする場合、負荷スペクトルの全体にわたり高速での最大フォースを発揮するウェイトリフティングを選択することが有益である)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes34 Numbers4 pages73-75


ページトップ