MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

ブログ記事

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

2016.03.15 | Category: トレーニング

プレシーズン期のパワー出力

プレシーズン期におけるウェイトリフティング効果(パワー出力向上)

競技におけるパワー出力

パワー出力は競技における成功の本質的構成要素であると考えられています。

 

パフォーマンスとパワー発揮は、効率の良い神経筋系プロセスによって主としてもたらされ、また、レップの質が疲労によってマイナスの影響を受けてはなりません。

 

したがって、このトレーニング期では、ウェイトリフティング動作のレップ数は通常1~3であり、休息時間は最低でも3分とします。

 

強度(トレーニング経験のある選手の最大挙上重量あるいはその近似値で完了されるリフトの数)を優先するために、量(総挙上重量、すなわちセット数×レップ数)も減少させます。

 

このようにすれば、疲労をうまくコントロールしつつ、パワー出力を維持または向上させることが可能になります。

 

プレシーズン期における体系的コンディショニング処方(パフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固める)

結論

プレシーズン期は、パフォーマンスの基礎となり、傷害の可能性を低下させる諸特性を向上させる時期になります。

 

チームや特定の個人のニーズにかかわらず、その特性には、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。

 

特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。

 

プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎると、除脂肪体重や筋力やパワーの獲得を妨げる可能性のあることが主張されています。

 

パフォーマンスの基礎となるこれらの要素を低下させないことがきわめて重要であり、この点がオフシーズン期とプレシーズン期のコンディショニング処方の設計における、主要とはいえなくとも、ひとつの違いかもしれません。

 

試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先されます。

 

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

 

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006


ページトップ