MENU TEL

ホーム > Blog > 水分補給 > 水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

ブログ記事

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

2016.03.31 | Category: 水分補給

無酸素性運動

無酸素性運動と水分補給が競技パフォーマンスに与える影響

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響については、1~3%余りの体重減少を生じさせる水分欠乏によって、無酸素性パフォーマンスが低下したことが一部研究で明らかになりました。

 

その中には、水分欠乏によって、バスケットボールとサッカーのスキルパフォーマンスが低下したとする研究もあり、また、筋力とパワーが脱水の悪影響を受けたとする研究もあります。

 

水分補給と環境条件による競技パフォーマンス(暑熱環境下においては、水分欠乏に加えてかなりの暑熱負荷がかかることが予想されるため、自分のペースで運動できることは非常に重要になる)

パフォーマンスに影響を与える因子

Hayes&Morseは、垂直跳びと120°/秒の等速性レッグエクステンションには脱水の影響はみられませんが、等尺性および30°/秒レッグエクステンションは脱水によってパフォーマンスが低下したことを明らかにしています。

 

Jonesらは、約3%の体重減少によって、、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下したことを、Kraftらは、同じく3%の体重減少によって、レジスタンスエクササイズのパフォーマンスが有意に低下し、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度(RPE)の上昇、およびレップ数の低下がみられたことを報告しています。

 

このようなパフォーマンス低下のいくつかは、気分の乱れや認知能力の低下も影響している可能性が考えられており、様々なレベルの脱水に関して、気分の乱れ、集中力の低下、および認知能力の低下が生じることが明らかになっています。

 

したがって、脱水による生理学的、心理学的な筋力低下が組み合わさって、パフォーマンスの低下をもたらしていると考えられています。

 

水分補給状態が生理学的機能と運動パフォーマンスに及ぼす影響(体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じる)

 

水とその他水分補給手段との違い(ただの水だと利尿が促されるためにナトリウム摂取は血漿浸透圧と口渇感を維持することで水分の再補給プロセスを促す)

 

引用・索引Armstrong LE,Ganio MS Casa DJ,Lee EC,McDermott BP,Klau JF,JimenezL,Le Bellego L,Chevillotte E,and Lieberman HR Mild dehydration affects mood in healthy young women,J Nutr142:382-388.2012



デザインウォーターサーバーの宅配なら<MCMのめぐみ>
水分補給

ページトップ