MENU TEL

ホーム > Blog > スタッフブログの記事一覧

スタッフブログの記事一覧

肋骨骨折

2018.04.26 | Category: スタッフブログ

肋骨のメカニズム

 

肋骨骨折は、胸部周辺の中で最も多い外傷です。

 

肋骨は左右12本ずつで胸椎から胸骨まで覆うように胸郭を形成し、心臓など内臓を保護しています。

 

(第11,12肋骨は胸骨に付着していません)皮膚の直下にあり外力を受けやすいところです。

 

強力な外力が作用した場合、多発骨折や胸部腹部内蔵損傷に留意し、逆に軽微な外力によるものは骨粗鬆症

 

などの可能性もあるので注意しなければなりません。

 

発生機序分類

①外傷性骨折【直達外力:転倒して机や浴槽のふちにぶつけたり、交通事故での直接的な外力に

 

よって受傷する】と、【介達外力:ゴルフスイングしたなど捻った際負傷】、②疲労性骨折【咳な

 

ど骨の一部分に繰り返し加わる小さな負荷によって生じる骨折】、③病的骨折【病気などによって

 

骨折してしまう】

 

症状

 

咳、くしゃみ、深呼吸、起床動作時に疼痛増強。限局性圧痛は著明。

 

打撲による内出血。介達痛(肋骨を前後から圧迫すると骨折部に痛みが出る)

 

検査は主にX線検査、エコー検査、触診。変形や転移は比較的少ないためX線で不明瞭な

 

こともあります。多発骨折の場合、受傷初期は動作時痛が強く起床動作は困難になること

 

もあります。強力な外力で受傷した場合、フレイルチェストや緊張性気胸などの胸部臓器損傷

 

の合併症を伴うこともあり気をつけなければなりません。

 

 

固定と予後

 

 

固定方法は症状に応じてテーピング固定、包帯固定・さらし固定、厚紙固定、バストバンドなどあります。

 

呼吸時の負担や、動作時痛、再転位の防止をします。

 

後遺症として偽関節、過剰仮骨、変形治癒があり受傷後は落ち着くまで安静にして骨折部に負担をかけ

 

ないように。肋骨骨折そのものの予後はきわめて良好です。肋骨はぶつけたり転倒したり受傷しやすい

 

部分でもあり、胸部または背部に痛みがあるようだったらすぐに医療機関を受診しましょう。

 

清田恵

 

引用元:柔道整復学 実技編P309,310,311,312

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

2018.04.06 | Category: スタッフブログ

健康寿命・介護予防を阻害する3大因子

 

ロコモティブシンドロームは最近になって良く耳にするようになってきましたが、メタボリックシンドローム

 

などよりは認知度は低いように思います。

 

健康寿命・介護予防を阻害する3大因子。メタボリックシンドローム、認知症、ロコモティブシンドローム。

 

健康寿命は加齢だけが原因ではありません。

 

ロコモティブシンドロームとは、運動器とは、

 

 

身体を動かす事が出来るのは骨、関節、筋肉などがそれぞれ連携して働くことによって動かす事が出来

 

ます。ひとつが悪くても身体はうまく働きません。身体を動かす骨、関節、筋肉や神経で構成されたものを

 

運動器と言います。

 

ほかに、身体の機能の分野は他に呼吸器(酸素を取り入れ二酸化炭素吐き出す)、循環器(酸素、栄養、老

 

廃物などを運ぶ)、消化器(食べ物の消化と吸収)があります。

 

生活習慣や加齢により運動器の衰え、障害により、歩く、立つなどの機能低下を生じたものをロコモティブシ

 

ンドローム(運動器症候群)と言います。

 

日常生活にも支障をきたしてきます。運動不足から始まり、筋力低下になり筋、神経、骨の衰え・障害に、

 

そして身体活動の低下になり、進行すれば要介護や寝たきりになることもあります。

 

日本だけでなく世界中、平均寿命がどんどん伸びてきていますが歳だけでなく健康に日常生活を過ごす、

 

健康寿命も伸ばしていこうという意識はとても大切です。

 

厚生労働省や医療機関、地域自治体などもロコモ予防の取り組みを呼び掛けも増えてきています。

 

身体を動かす事、運動器は使われなければ衰えていきます。運動の範囲は人それぞれ違ってきますが、そ

 

の人に合った運動を続けていくことで予防につながっていきます。ストレッチをすることはとても大切です。

 

それから身体を動かす。

 

体幹トレーニング

 

例えば、体幹トレーニングやチューブを使って行うトレーニングは関節に負担がかからなく誰にでも無理な

 

く行えるトレーニングです。

 

インナーマッスルや普段使われていない筋肉にも効果があります。脳は神経によって筋や関節を動かす指令

 

を出します。普段使われていない筋肉を使うことによって脳が伝達する神経回路が発達します。

 

身体をスムーズに動かせるようになったり、脳と神経を働かせるので動きの反応速度を上げることにも

 

繋がります。

 

ロコモ度テスト

 

ロコモ度テスト=移動機能を確認するテスト。

 

(移動機能とは立つ、歩く、走る、座るなどの日常生活で身体の移動にかかわる機能)

 

『立ち上がりテスト』手を使わずに椅子から立ち上がれるか、下肢の筋力を調べるます。

 

『2ステップテスト』歩幅を調べます。

 

『ロコモ25』日常生活の中での簡単な質問を25問。

 

と3つのテストからなっています。

 

「Locomotive syn...」の画像検索結果

定期的に行い自身の身体の状態をチェックしておくことが大切です。

 

他にも普段歩いていて、つまづいたり、転んだり、階段の上り下りが以前より辛く感じたり日常生活でも

 

自分自身で身体の衰えを感じることもあると思います。症状に気づき対処する事も大切ですが、ならない

 

ようにする事・予防しようとする意識を持つことも健康で生活していくのに必要だと思います。

 

メタボ予防、食生活を見直すこともロコモティブシンドロームを防ぐことにつながります。

 

しっかり動いたらしっかり栄養を取るようにしましょう。

 

清田 恵

パーソナルトレーニング

 

ページトップ