MENU TEL

ホーム > Blog > ヘルスケアの記事一覧

ヘルスケアの記事一覧

メタボリックシンドロームと運動(漸進的な運動プロトコルがグレリン濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減する)

2016.05.15 | Category: メタボリックシンドローム

消化管ホルモン

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン

肥満男性を対象にした運動の消化管ホルモンに対する臨床実験が行われています。

 

研究者らは、間欠的かつ漸進的な運動プロトコルが一時的なグレリン(空腹を左右する消化管ホルモン)濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減すると仮定しました。

 

10名の、肥満だが健康な大学生(BMI30以上)が実験に参加し、プロトコルには、間欠的トレッドミルランニングが用いられ、強度を徐々に増加させ(約70%VO2max)ました。

 

実験の結果、不活動な肥満男性において、グレリン濃度および空腹感は間欠的トレッドミルランニングによって抑制され、運動後2時間維持されました。

 

これらは、運動が食欲を抑制し、健康な肥満者においてではありますが、カロリー消費をもたらす役割を担っているエビデンスであると思われます。

 

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

2016.04.18 | Category: メタボリックシンドローム

グレリン

メタボリックシンドロームの食事療法(グレリン)

グレリンと空腹感

運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少することが知られています。

 

グレリン濃度は食事前に上昇し、食事後に低下するので、運動に対する応答についてもこの食欲調節ホルモンは容易に測定が可能です。

 

一方で、レプチンの運動に対する反応を評価することはより困難になります。

 

レプチンは体脂肪率に影響を受け、体脂肪が減れば、レプチン濃度も標準値まで減少するという性質をもっているからです。

 

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

2016.04.04 | Category: メタボリックシンドローム

グレリン

メタボリックシンドロームとグレリンの影響

グレリンとメタボリックシンドローム

グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、グレリンは人が空腹感を感知する視床下部に作用し、主に胃や近位小腸で分泌されています。

 

グレリンの血中濃度は絶食状態の際に最大であり、食後に低下し、同様に空腹感も低減します。

 

血中グレリン濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲するようであり、科学者はグレリンをオレキシジェニック(人間の食欲を刺激する物質)と呼び、さらにグレリンは体内における消化活動を促進する作用をもちます。

 

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン(肥満者はレプチン耐性をもつことが明らかとなっており、脳が満腹を感じにくくなっている)

(さらに…)

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン(肥満者はレプチン耐性をもつことが明らかとなっており、脳が満腹を感じにくくなっている)

2016.03.23 | Category: ヘルスケア

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームと消化管ホルモンの影響

メタボリックシンドロームとは

運動習慣がなく、糖尿病、高血圧、低HDLコレステロール、肥満、そしてBMI30以上など、様々な併存症を患っている、これらの危険因子をひとまとめにして定義されたのが”メタボリックシンドローム”になります。

 

なぜこれらの危険因子がメタボリックシンドロームへと結びついていくのかについては多くの要因があります(例えば、遺伝的要素、環境、生活習慣など)。

 

運動は危険因子の状況を改善しますが、それは単なるカロリーの摂取と消費の問題ではなく、BMI30以上の人は、頻繁に空腹感を覚えます。

 

事実、標準範囲内であるBMI19.5~24の人に比べて、BMI30を超える人たちはより強く空腹感を覚えます。

 

インスリン抵抗性を有するクライアントへの安全への配慮(低血糖症(血糖値が70mg/dl以下)を起こした人は、血糖値が正常の範囲に戻るまでエクササイズを行ってはならない)

(さらに…)

骨密度にあたっての診断基準(骨粗鬆症という言葉は、子どもや青少年の場合は、BMDのZスコアが-2.0以下であり、かつ医学的に深刻な骨折歴がない場合は、「実年齢に対して低骨量である」という表現が推奨される)

2016.02.13 | Category: ヘルスケア

骨密度にあたっての診断基準

骨密度測定

骨粗鬆症の新たなガイドライン

2008年7月、International Society for Clinical Densitometry(ISCD:国際医療測定協会)によって、DXA法を用いた幼年期および思春期における骨粗鬆症の診断基準と、BMD値の解釈に関する新たなガイドラインが出されました。

 

小児科意見書では、この年代における低BMDは、実年齢に合わせて新たに確立された小児用(6~16歳用)基準データと比較して判断される(Zスコア)できと述べられています。

 

そして、「骨粗鬆症」という言葉は、子どもや青少年の場合は、BMDのZスコアが-2.0以下であり、かつ医学的に深刻な骨折歴がない場合は、「実年齢に対して低骨量である」という表現が推奨されています。

 

低エネルギー供給率が月経異常と骨密度に関係する(エネルギーの不足により、視床下部からGnRHが抑制され、LHの正常な血中濃度が撹乱されると、低エストロゲン状態になり最終的に、不規則な月経周期や、月経が停止する無月経に陥る)

(さらに…)

エクササイズによる高齢者の認知機能向上(エクササイズ量の多い人ほど、脳の前頭前野、頭頂葉、側頭葉における灰白質容積が大きく、脳梁の白質容積も大きい)

2016.02.06 | Category: ヘルスケア

エクササイズによる高齢者の認知機能向上

認知機能向上とエクササイズ

加齢と認知機能

加齢に伴い、認知機能に障害をきたしたり、認知症やアルツハイマー病といった精神疾患の発症リスクが高まることは珍しくありません。

 

また加齢は多くの場合、脳容積の減少を伴うことが研究によって明らかになっており、中でも著しい減少がみられるのは、脳の前頭前皮質、側頭皮質、および頭頂皮質における白質と灰白質になります。

 

このような組織の変質は、認知機能の低下が観察されることと関連づけられており、なかでも著しい機能低下がみられるのは、実行制御の分野になります。

 

実行制御は、タスクの強調、計画、目標の維持、作業記憶、およびタスクの切り替えといった項目を含む分野になります。

 

加齢に伴い、すべての人に同じ速度で認知低下が起こるわけではなく、必ずしもすべての人に認知低下が起こるわけではありません。

 

スポーツで優秀な成績を収めるには大脳皮質の興奮水準を高める必要がある(大脳皮質をそれほど使わない人が大きな力を発揮することは生理学上は考えられない)

(さらに…)

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

2015.07.15 | Category: ヘルスケア

慢性痛と急性痛

痛みの抑制

慢性痛に関わる遺伝子

研究により慢性痛の原因となる遺伝子を特定するに至り、これが持続性の背部痛を治療するための薬に結びつく可能性がある、と研究者らは述べています。

 

ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らが、HCN2遺伝子をマウスの痛覚神経(痛みを感じる神経)から除去したことを、サイエンス(科学誌)で報告しています。

 

しかし、HCN2遺伝子を除去すると慢性痛が止まったが、急性痛への影響はありませんでした。

 

英国では7人に約1人が、関節炎や頭痛などを含む慢性痛に罹患していると言い、今回の結果は、慢性痛を制御するHCN2遺伝子が産生するタンパク質を遮断するための新薬開発への可能性を広げるものである、と同研究者らは述べています。

 

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子は、何年も前から知られていますが、痛みを制御する役割については解明されていませんでした。

 

本研究では、同研究者らが痛覚神経からHCN2遺伝子を除去し、続いて、細胞培養でこれらの神経に電気刺激を用いて、HCN2を除去することにより、どのように変化するのかを判定するための試験を実施され、次に、マウスのHCN2遺伝子を欠失させ、この遺伝学的に改変したマウスを検討しました。

 

研究者らは、マウスが異なるタイプの疼痛性刺激を回避する速さを測定することによって、HCN2遺伝子の欠失により神経因性疼痛が消えることを結論づけました。

 

ただし、HCN2の欠失が、通常の急性痛、例えば突然自分の舌を噛んだときなどに生じる痛みには影響しないことを、同研究者らは明らかにした。

 

急性外傷受傷後の適切な処置RICE(皮膚温が10~15℃まで下がると、代謝は低下し、神経伝達が抑制されるために局所的な麻酔効果も期待でき、弾性ラップによる圧迫が皮膚温や深部温をより効果的に低下させる)

(さらに…)

肝臓疾患による死亡が糖尿病患者に多い(糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高い)

2015.07.10 | Category: ヘルスケア

肝臓疾患による死亡が「糖尿病患者に多い」

肝臓病と糖尿病

糖尿病患者は肝疾患による死亡率が高くなる

糖尿病者では、糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高いことが、新たな研究で示されました。

 

糖尿病が、一部の肝疾患リスクを上昇させることは既に知られており、血糖コントロールが適切に行われないため、肝疾患リスクが上昇し、肝疾患は肝臓の瘢痕化(肝硬変)やがんにつながることもあります。

 

この研究は、エジンバラの研究者らが、35歳-84歳の患者における2007年までの6年間分の診療録を解析し、同研究者らは、肝疾患で死亡した糖尿病者1,267人と非糖尿病者10,100人を比較しました。

 

その結果、肝がんで死亡したのは、糖尿病者の4人に約1人(24%)であったのに対し、非糖尿病者では10人に1人(9%)であり、一方、アルコール性肝疾患による死亡は、糖尿病者(38%)と比べ、非糖尿病者(63%)で多くなりました。

 

糖尿病患者は、アルコールを飲み過ぎないように助言されているが、これはアルコールが血糖値に影響を与える可能性があることと、体重増加のリスクがあることからです。

 

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

(さらに…)

免疫機能(身体の中に侵入する病原性微生物やガン化した細胞などの異常細胞を破壊あるいは無害化して排除する仕組み)

2014.12.15 | Category: ヘルスケア

免疫機能とは

筋グリコーゲン

身体と免疫

免疫系は身体の中に侵入する病原性微生物やガン化した細胞などの異常細胞を破壊あるいは無害化して排除する仕組みになります。

 

免疫系は必要なときに必要最低限の反応で病原性微生物から効率よく身体を守るシステムで、免疫機能の一部が遺伝的に欠損すると普通なら軽症ですむ感染症が生命の危機につながるような重篤な免疫不全症になることがあります。

 

(さらに…)

運動時のストレスホルモン(うつ傾向の人が運動を行うと視床下部のCRHの是正する)

2014.12.01 | Category: ブログ,ヘルスケア

1.運動時のホルモン応答

 

運動時に分泌されるホルモンの多くは視床下部の調節を受けます。

 

Smoakら(1991)は運動によるACTH(副腎皮質刺激ホルモン)分泌にCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出因子)が関与するかをみるために薬理実験を行いました。

 

あらかじめ運動前にCRHを静脈内投与をすることでCRH受容体を占有しておき、運動時に増加をするCRHの作用が出にくい状態にして最大運動を行わせました。

 

その結果、事前にCRHを投与するとその後の運動に対するACTH分泌を高めることはあっても減ずることはありませんでした。

 

 

このように、運動時のACTH分泌に関して多くのストレスで重用な働きを持つ、CRHではなくAVP(バゾプレッシン)の関与が強くなり、多くの仮説によると、CRH刺激がAVP刺激と比べ最大ACTH分泌速度が遅い点(CRHでは30分後に分泌が最大になる一方、AVPでは5分と短い)に着目すると、AVPを介したストレス応答のほうが健康科学的に好ましいと考えられています。

 

ストレス応答は最終的に血中GC(副腎皮質ホルモン)を介して身体を刺激します。

 

特に海馬はGC受容体が多く、慢性的ストレスは海馬の神経細胞死を招き、うつ病にもなりやすいとされます。

 

 

調整不良のうつ病え自殺した患者の前頭葉でCRHやその受容体増加が報告され、さらに視床下部においてAVPの増加はCRH濃度を低減させる作用を持ちます。

 

したがって、慢性的ストレスでうつ傾向の人々が中強度の運動を短時間行うことは、視床下部のCRHの過剰を是正し、正常化する効果もあるとされています。

引用・索引 スポーツ・運動生理学概説

 

運動-内分泌連関(運動強度はホルモン分泌要因として最も重要)

2014.11.30 | Category: トレーナー,ブログ,ヘルスケア

1運動強度がホルモンに与える影響

 

運動は強度や時間、様式によりホルモンを分泌させます。

 

中でも、運動強度はホルモン分泌要因として最も重要になります。

 

 

2.ストレスとホルモン

 

ACTH/コルチゾールなどを含む下垂体ならびに自律神経-副腎皮質ホルモンが血中に増加し始めるのは、乳酸閾値に相当する50~60%、いわゆる乳酸閾値(LT)付近であり、心拍計でいえば110~130拍/分を超える強度に相当します。

 

このとき、ACTH分泌がストレスかどうかの指標となることから、運動はこの強度を超えれば、ストレス(運動ストレス)となります。

 

この際、下垂体前葉からはACTH、GH、プロラクチン(PRL)、TSH、中胚葉由来のβエンドルフィン、下垂体後葉由来のバゾプレッシン(AVP)やオキシトシン(OT)などがあります。

 

ランニングや自転車などのダイナミックな運動の際には、その強度の増加に伴い、エネルギー需要が高まり、その要求を満たす為に、筋や肝臓に貯蔵された糖・脂質が分解され、必要なATPが供給されます。

 

また、心拍出量の増加を高めより多くの血液を筋に送るため(血液再配分)、血中へのカテコラミン(主にアドレナリンとノルアドレナリン)やAVPが増加します。

 

 

 

3.高血圧症とホルモン

 

心臓からは血圧降下作用を持つ心房性ナトリウム利尿ホルモン(ANP)が分泌され、循環動態のバランスをとっており、ANPの分泌閾値はカテコラミンやAVPよりも低強度で生じることから、高血圧症に低強度運動を推奨する理由にもなっています。

 

引用・索引 スポーツ・運動生理学概説

 

抗酸化ビタミン(トレーニングにより活性酸素種が増加した時に生体組織を防御する)

2014.11.22 | Category: ブログ,ヘルスケア

1.抗酸化ビタミン

 

運動時には酸素消費量が増大するために、体内で発生する活性酸素種の量も増大すると考えられています。

 

また、運動で筋肉組織が損傷されます。

 

 

この損傷された組織を修復するために損傷部位で好中球が発生する活性酸素種により、損傷部位だけではなく、周辺の組織も傷害されることがあると考えられています。

 

このような運動により体内での活性酸素種の増大に対して、生体内の抗酸化酵素の活性が運動トレーニングにより高まり、防御能が増大することが知られています。

 

しかし、この防御能の増大だけでは十分ではない場合があると考えられています。

 

名称化学名生理作用欠乏症
Aレチノール成長促進、生殖機能維持、免疫機能の維持、上皮細胞の正常化、視覚作用感染症に対する抵抗性低下、上皮細胞角化、夜盲症
DカルシフェロールCaの吸収促進と骨への沈着促進くる病、骨軟化症、骨粗鬆症
Eトコフェロール抗酸化作用不妊、新生児、幼児における赤血球溶解
Kフィロキノン血液凝固因子新生児における出血性疾患

 

抗酸化ビタミンは、理論的には体内での活性酸素種が増加した時に生体組織を防御するために有用と考えられ、特にビタミンEは許容上限量が設定されており、年齢によって異なりますが、成人男性で800~900mg/日、成人女性で650~700mg/日になります。

引用・索引 スポーツ・運動生理学概説

生命維持・身体活動のエネルギー量(基礎代謝、安静時代謝、食事誘発性熱産生、Mets)

2014.11.08 | Category: トレーナー,ブログ,ヘルスケア

1.基礎代謝量

 

覚醒状態では身体が生命維持の為に最低限必要なエネルギー需要量を基礎代謝量といいます。

 

適度な温度環境で少なくとも12時間以上の絶食と8時間以上の睡眠直後にベッドに仰臥した状態で計測します。

 

基礎代謝量は除脂肪量に比例し、筋肉量が多い人は基礎代謝量が高くなります。

 

※男性に比べて脂肪の多い女性は同じ体重であれば基礎代謝量は低くなります。

 

また、基礎代謝量は体表面積に比例し、体表面積が広ければ広いほど皮膚から体熱が奪われるので、体温を一定に保つためにそれに比例して熱産生が行われ、基礎代謝が増えます。

 

 

2.安静代謝量

 

厳密に基礎代謝量を測定するためには前日からベッド安静しなければなりませんが、実際は非常に困難なために、基礎代謝量の測定に準じ、早朝空腹時に座位安静状態で計測された代謝量を安静代謝量と定義しています。

 

 

3.食事誘発性熱産生

 

摂取した食事の消化、吸収、輸送、代謝、貯蔵に使われるエネルギー代謝量をいいます。

 

※1日の総エネルギー消費量のおよそ10%程度に相当します。

 

 

4.Mets

 

運動時の代謝量を安静代謝量で除した値になり、運動強度の指標として広く使われています。

 

Metsは強度の運動を持続した時間をかけた値を表し、Mets・時は運動量を表します。

 

※Mets・時1Mets・時はおよそ1Kcal/kgになります。

 

4Metsのウォーキングを1時間継続した場合、これは4Mets・時であるために4Kcal・時になり、8Metsのジョギングを30分行った場合も4Mets・時になります。

 

身体活動に伴うエネルギー消費量はいずれも、

 

4Mets・時エネルギー消費量=4Mets・時×1Kcal/kg×体重(kg)

 

このエネルギー消費量は安静時のエネルギー消費量も含まれるので身体活動に伴う正味のエネルギー消費量は若干異なってきます。

 

引用・索引 スポーツ・運動生理学概説

 

持久力を高める食事法とスポーツサプリメント

2014.08.17 | Category: アスレティックリハビリテーション,トレーナー,トレーニング,ブログ,ヘルスケア

1.有効だとする証拠が多数ある食事法と食品・サプリメント

 

①トコフェロール400mg:高地トレーニング時の抗酸化作用

 

②カフェイン3~6mg/kg体重:運動1時間前に摂取する

 

③高炭水化物品:運動前・中・後に摂取する

a低繊維・低脂肪・複合炭水化物300g:運動3~4時間前に摂取する

b高血中グルコース反応性炭水化物(デキストリンなど)50gを運動後1時間以内に摂取し、その後2時間間隔で炭水化物500~700g/24時間を摂取する

 

④カフェイン複合物

 

⑤貧血またはフェリチン鉄貯蔵不足の場合:Fe18~100mg/日を摂取する。

 

⑥スポーツ飲料(炭水化物・ミネラル・水分含有):運動前に200~400ml摂取すること、および運動中15分間隔で100~150ml摂取する

 

2.有効だとする証拠が不足し、「有効/無効」両方の証拠があるサプリメント

 

①抗酸化剤

 

②アスパラギン酸

 

③BCAA(分岐鎖アミノ酸)

 

④L-カルニチン

 

⑤ミネラル(Fe,Mg,Zn)

 

⑥ω-3-脂肪酸

 

⑦リン酸緩衝剤(クエン酸など)

 

3.無効とする証拠が多数あるサプリメント

 

①カルシウム

 

②コリン

 

③レシチン

 

④クレアチン

 

⑤グルタミン

 

⑥総合ビタミン剤

 

⑦ビタミンB群

 

⑧コハク酸

 

⑨ナイアシン

 

⑩オクタコサノール(小麦胚芽成分)

 

⑪ローヤルゼリー

 

⑫Se

 

⑬アミノ酸単品

 

※体力・競技力を高めるのに役立つ食事法と食品・サプリメントについて系統的評価をした結果が、上記の3つの段階に分類されています。

引用・索引 実践的スポーツ栄養学

 

 

中性脂肪(トリグリセリド)の増加とメタボリックシンドローム

2013.03.15 | Category: ヘルスケア

 中性脂肪(トリグリセリド)

トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきか??
性別に関わらずトリグリセリドの上昇が重大であり、特に高血圧、低HDL(高密度リポタンパク質)、耐糖能異常/糖尿病、中心性肥満(うち1つ以上)のようなメタボリックシンドロームの全般的指標が認められた場合は重要な指標になります。

 

 メタボリックシンドロームと中性脂肪

 

国内コレステロール教育プログラムによるコレステロールのガイドライン2004年改訂版によると、メタボリックシンドロームが生じると、自ずと冠動脈疾患リスクが非常に高くなるとされています。

 

LDL値70mg/dL未満に留めることを主目標とする、と本ガイドラインでは記しています。

 

トリグリセリドが一番重視されるのは500mg/dLを超える場合で、この数値は膵炎の危険があります。

 

生活習慣の見直し、特に単純糖質の摂取量を減らし、運動量を増やすことでかなりの違いがでるということは重要です。

レベッカ・ブライアン(Rebecca H. Bryan) APRN, CNP (157-1)
ソース(記事原文):クリニカル・アドバイザー

ページトップ