MENU TEL

ホーム > Blog > メタボリックシンドロームの記事一覧

メタボリックシンドロームの記事一覧

メタボリックシンドロームと運動(漸進的な運動プロトコルがグレリン濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減する)

2016.05.15 | Category: メタボリックシンドローム

消化管ホルモン

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン

肥満男性を対象にした運動の消化管ホルモンに対する臨床実験が行われています。

 

研究者らは、間欠的かつ漸進的な運動プロトコルが一時的なグレリン(空腹を左右する消化管ホルモン)濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減すると仮定しました。

 

10名の、肥満だが健康な大学生(BMI30以上)が実験に参加し、プロトコルには、間欠的トレッドミルランニングが用いられ、強度を徐々に増加させ(約70%VO2max)ました。

 

実験の結果、不活動な肥満男性において、グレリン濃度および空腹感は間欠的トレッドミルランニングによって抑制され、運動後2時間維持されました。

 

これらは、運動が食欲を抑制し、健康な肥満者においてではありますが、カロリー消費をもたらす役割を担っているエビデンスであると思われます。

 

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

2016.04.18 | Category: メタボリックシンドローム

グレリン

メタボリックシンドロームの食事療法(グレリン)

グレリンと空腹感

運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少することが知られています。

 

グレリン濃度は食事前に上昇し、食事後に低下するので、運動に対する応答についてもこの食欲調節ホルモンは容易に測定が可能です。

 

一方で、レプチンの運動に対する反応を評価することはより困難になります。

 

レプチンは体脂肪率に影響を受け、体脂肪が減れば、レプチン濃度も標準値まで減少するという性質をもっているからです。

 

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

2016.04.04 | Category: メタボリックシンドローム

グレリン

メタボリックシンドロームとグレリンの影響

グレリンとメタボリックシンドローム

グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、グレリンは人が空腹感を感知する視床下部に作用し、主に胃や近位小腸で分泌されています。

 

グレリンの血中濃度は絶食状態の際に最大であり、食後に低下し、同様に空腹感も低減します。

 

血中グレリン濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲するようであり、科学者はグレリンをオレキシジェニック(人間の食欲を刺激する物質)と呼び、さらにグレリンは体内における消化活動を促進する作用をもちます。

 

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン(肥満者はレプチン耐性をもつことが明らかとなっており、脳が満腹を感じにくくなっている)

(さらに…)

ページトップ