MENU TEL

ホーム > Blog > 前十字靭帯損傷の記事一覧

前十字靭帯損傷の記事一覧

前十字靭帯損傷と筋の共収縮(大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた)

2016.06.15 | Category: 前十字靭帯損傷

筋の共収縮

筋肉の共収縮 大腿四頭筋とハムストリングスの筋力差

大腿四頭筋とハムストリングスのバランス

大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を減少させます。

 

Liらは、死体膝に対して膝関節の屈曲角0°、15°、30°、60°、90°、120°で大腿四頭筋だけに負荷をかけた場合の影響に調査をし、大腿四頭筋だけに負荷をかけているとき、脛骨の前方移動は完全伸展である0°から30°で増加しましたが、その後、膝関節の屈曲角が増大するにつれて減少しました。

 

また、ACLにかかる力は、大腿四頭筋だけに負荷をときは0°から15°で増加し、その後、屈曲角が増大するにつれて減少しました。

 

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

(さらに…)

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

2016.06.14 | Category: 前十字靭帯損傷

神経筋的側面の考察

神経筋的側面における大腿四頭筋とハムストリングスの筋力の差異

大腿四頭筋の筋力とハムストリングスの筋力

膝関節の安定は受動的にも能動的にも生じます。

 

骨、半月板、靭帯、そして関節包は、膝関節を受動的に安定させるシステムを構成しています。

 

例えば、ACL(前十字靭帯)は、主として前後方向がの移動、内反・外反モーション、内旋・外旋モーションを調節することによって膝関節を安定させています。

 

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

(さらに…)

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

2016.06.09 | Category: 前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷と股関節

前十字靭帯と股関節の動き

股関節の動き

股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL(前十字靭帯)損傷リスクを高める可能性のある動きになります。

 

股関節の内転角の大きさは、高校女子サッカー選手において、カッティング中の股関節の外転もしくは内反モーションの大きさを予測することが示されています。

 

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

(さらに…)

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

2016.06.08 | Category: 前十字靭帯損傷

ACL閾値

前十字靭帯損傷における外反モーションの閾値

ACL(前十字靭帯)閾値の評価

Chaudhari&Andriachiは下肢モデルを利用して、膝のアライメントとそこから生じるACL(前十字靭帯)閾値を評価しました。

 

ここでいうACL閾値とは、膝関節が8°を超えて内側へ向かうか、または外側へ開くまでに、ACLが耐えられることのできる力の最大値を指します。

 

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

(さらに…)

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

2016.06.07 | Category: 前十字靭帯損傷

前十字靭帯と外反モーション

女子アスリートと前十字靭帯損傷(外反モーション)

女子アスリートと外反モーション

Malinzaらは、女子アスリートはすべてのカッティング課題中に一貫して外反モーションを示し、これはランニング動作に関しても同じであることを見出しました。

 

また、女子アスリートが男子よりも外反モーションを示す傾向は、男女差のある身長などの因子とは無関係に一貫していました。

 

例えば、身長に関して数値を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。

 

しかし、Hewettらによると、思春期前の男女に関しては、「内側へ向かうモーション」においていかなる差異も認められなかったと報告しています。

 

この点を考慮すると、このような男女差が青年期に発生し、女子は加齢につれて外反モーションが増加している可能性があります。

 

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される)

(さらに…)

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される)

2016.05.13 | Category: 前十字靭帯損傷

大腿四頭筋優位の判断基準

「大腿四頭筋優位」と傷害の関係

修正可能な神経筋制御の欠陥はしばしば女子アスリートに認められ、「大腿四頭筋優位」と呼ばれており、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義されます。

 

膝関節をほぼ完全に伸展させた着地は、一般にACL損傷のメカニズムと関連しています。

 

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(膝関節LOAD(外転トルク)における左右の差異が、ACL損傷経験のある女子は非損傷者の6.4倍大きかった)

 

体幹の機能不全と女子アスリートの前十字靭帯損傷リスク(コア機能不全の不均衡は、大腿部の高さ不均衡(ジャンプのピーク時)、ジャンプ間の休止、着地場所の不一致がみられる)

(さらに…)

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(膝関節LOAD(外転トルク)における左右の差異が、ACL損傷経験のある女子は非損傷者の6.4倍大きかった)

2016.05.09 | Category: 前十字靭帯損傷

片側優位/後遺症欠陥の判断基準

膝の外反トルクにおける前十字靭帯損傷リスク

神経筋制御の欠陥

神経筋制御の欠陥は、女子アスリートにしばしばみられる「片側優位」であり、両脚間の筋力、コーディネーション、制御における不均衡と定義されます。

 

リスク評価の際には、左右の神経筋の筋力、柔軟性、コーディネーションにおける不均衡が損傷リスク増大の重要な予測因子となりうることをコーチは理解する必要があります。

 

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

(さらに…)

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

2016.05.05 | Category: 前十字靭帯損傷

女子アスリートにおける神経筋の不均衡とACL

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷を神経筋制御

女子アスリートと前十字靭帯損傷リスク

女子における神経筋の不均衡とACL損傷リスクの増大に関して、提案されているもうひとつの理論は、膝関節伸筋に関して、相対的に低い屈筋の動員であり、これはクローズドチェーンの動的ハムストリングス/大腿四頭筋ピークトルクの出力を反映している可能性があると考えられています。

 

例えば、ハムストリングスの活動は膝関節の圧縮力を増加させ、膝関節を外部内反/外反負荷から安定させます。

 

体幹の機能不全と女子アスリートの前十字靭帯損傷リスク(コア機能不全の不均衡は、大腿部の高さ不均衡(ジャンプのピーク時)、ジャンプ間の休止、着地場所の不一致がみられる)

(さらに…)

体幹の機能不全と女子アスリートの前十字靭帯損傷リスク(コア機能不全の不均衡は、大腿部の高さ不均衡(ジャンプのピーク時)、ジャンプ間の休止、着地場所の不一致がみられる)

2016.05.02 | Category: 前十字靭帯損傷

コア(体幹)の安定性と女子アスリートの前十字靭帯損傷

コアの安定性と前十字靭帯損傷予防効果

コアの機能不全とは

コアの機能不全とは、体幹の慣性要求と、それに抵抗するコアの制御やコーディネーションの不均衡と定義されます。

 

体幹と下肢の機能に関しては、身体のコアを、動的課題中の下肢アライメントと負荷の重要な調節器とみなされています。

 

体幹と腰部のスタビライザーは体幹の動作と釣り合いを取るために予備緊張し、下肢の姿勢を調節します。

 

体幹と腰部のスタビライザーの予備緊張の低下は膝関節外転負荷を増大させるような体幹の側方姿勢をもたらす可能性があります。

 

「コアの安定性」の低下と、体幹と腰部におけるスタビライザーの相乗効果の低下は、パワー動作のパフォーマンスに影響を及ぼし、特に女子アスリートにおいては、重心制御の欠如に次いで傷害発生率を高める可能性があります。

 

女性選手の非接触型前十字靭帯損傷を防ぐには(体幹の安定性を重視し、中殿筋と股関節の外旋筋を発達させ、大腿四頭筋とハムストリングスの筋組織を強化する事は、着地時の外反トルクの有意な減少と、膝屈曲の有意な増加を促す)

コアの安定性と前十字靭帯損傷の関連

Zazulakらはコアの安定性にかかわる諸因子は女子アスリートにおける膝関節損傷リスクを予測しますが、男子アスリートにおいては予測しなかったことを報告しています。

 

したがって、これまでの調査結果によると、コアの神経筋制御と関連する体幹と腰部のスタビライザーの機能不全は、女子アスリートの高いACL(前十字靭帯)損傷リスクをもたらすメカニズムの根底にある可能性があります。

 

コア機能不全の不均衡は、大腿部の高さ不均衡(ジャンプのピーク時)、ジャンプ間の休止、着地場所の不一致などのタックジャンプ判断基準において見出すことが可能になります。

 

これらの欠陥が認められたアスリートには、コア制御を向上させるために体幹および腰部トレーニングを施す必要があります。

 

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

 

高校生アスリートのにおけるウェイトリフティング(女子アスリートにおいてはクリーンやスナッチ等の「キャッチ」局面での減速が前十字靭帯損傷の予防に有効である)

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006


女性選手の非接触型前十字靭帯損傷を防ぐには(体幹の安定性を重視し、中殿筋と股関節の外旋筋を発達させ、大腿四頭筋とハムストリングスの筋組織を強化する事は、着地時の外反トルクの有意な減少と、膝屈曲の有意な増加を促す)

2016.02.17 | Category: 前十字靭帯損傷

女性選手の非接触型ACL損傷の潜在因子

女子選手の非接触型前十字靭帯損傷リクス

女子選手と非接触型前十字靭帯損傷

女子選手は非接触型ACL損傷を起こしやすい潜在因子を有しています。

 

しかし、適切にデザインされたトレーニングプログラムは、このような傷害の可能性を低下させられるとRenstromらは主張しています。

 

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

(さらに…)

性差による膝関節傷害(女子選手の着地姿勢では、衝撃吸収のために大殿筋より大腿四頭筋を用いる傾向がある為に膝関節に前方剪断力が増す)

2015.09.11 | Category: アスレティックリハビリテーション,前十字靭帯損傷

膝関節障害予防

膝関節障害予防ジュニア期

膝関節傷害

膝関節傷害には性差が認められ、特にACL(前十字靭帯)損傷では、男子より女子に傷害発生リスクが高くなります。

 

この理由として、男子より女子のほうが関節の緩みが大きく、筋力が弱く、固有感覚受容器機能やコーディネーション能力も低いと指摘されています。

 

従来、非接触型ACL損傷は、ジャンプからの着地時やランニングの減速時に膝関節の屈曲動作が不十分な場合に発生し、その際に膝関節への外反ストレスに加えて、外旋あるいは内旋ストレスの複合動作が原因となっていることが多いとされてきました。

 

近年の非接触型ACL損傷のメカニズム研究によると、不十分な膝関節屈曲による着地あるいは減速動作時における膝関節への過度な外反、もしくは内旋ストレスによってACL損傷のリスクが高まると考えられ始めています。

 

さらに、後傾荷重の姿勢になると大腿四頭筋による前方剪断力が高まるため、膝関節傷害予防には3つの関節(股関節、膝関節、足関節)の適切なアライメントによる着地姿勢やランニングの減速動作の指導が必要になり、特に女子選手の着地姿勢では、衝撃吸収のために大殿筋より大腿四頭筋を用いる傾向が報告されています。

 

重症度の高い足関節捻挫の発生と既往歴との間には有意な相関関係がある(バランスが悪い(姿勢動揺大きい)選手は、バランスが良い(姿勢動揺小さい)選手に比べて足関節捻挫の受傷率が約7倍高い)

(さらに…)

ページトップ