MENU TEL

ホーム > Blog > 脊髄損傷の記事一覧

脊髄損傷の記事一覧

SCI患者の身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

2017.08.22 | Category: 脊髄損傷

SCI患者の目標

身体能力の目標

SCI患者がエクササイズを行なう場合、身体能力面での目標は他の人々と同じになります。

 

すなわち、機能的能力の向上、健康リスク因子の低減、セルフイメージの向上になります。

 

トレーニング目標には、筋力/筋持久力、有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。

 

より限定的に言うと、SCI患者のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。

 

運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる)

(さらに…)

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷(SCI)の患者が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

2017.08.18 | Category: 脊髄損傷

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体の観点

身体活動とレジスタンストレーニング

身体機能の観点からいうと、脊髄損傷(SCI)の患者が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要とします。

 

個人の身体能力が高くなるほど、これらの身体活動を行なう能力が高まることは明らかであり、より難度の高いレクリエーション活動や、車椅子を利用した競技活動に参加できる可能性も高まります。

 

運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる)

(さらに…)

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷(SCI)の患者は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

2017.08.15 | Category: 脊髄損傷

脊髄損傷に対するレジスタンスおよび有酸素性トレーニング

脊髄損傷とトレーニング

脊髄損傷(SCI)の患者は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。

 

しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。

 

Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。

 

これ以外にも、SCIの患者が日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果として、活動する筋量の増大、筋力の向上、手に車椅子の駆動力の向上、機能的自立が挙げられます。

 

運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる)

(さらに…)

脊髄損傷(脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になる)

2017.08.10 | Category: 脊髄損傷

脊髄損傷

脊髄損傷

脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になります。

 

神経伝達を阻害するようなダメージが脊髄に加わると、それらの神経によって刺激される筋の収縮が妨げられる可能性があります(あるいは極度に弱められる)。

 

脊髄損傷(SCI)の発生率は1年間に約1万1千件に上り、そのうちの約47%が四肢麻痺に、52%が対麻痺に至ると推定されています。

 

四肢麻痺(Tetraplegiaと呼ばれることが多いですが、正式にはQuadriplegia)とは、呼吸筋も含めて、四肢及び体幹の一部あるいは完全な麻痺を指し、脊髄の頚椎部分の損傷によって引き起こされます。

 

体幹及び両下肢の一部あるいは完全な麻痺は対麻痺(Paraplegia)と呼ばれ、脊髄の胸椎あるいは腰椎、または仙椎部分の損傷によって引き起こされます。

 

SCIの発症時期は半数以上が16~30歳であり、症例数の80%以上を男性が占めます。

 

運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる)

(さらに…)

ページトップ