MENU TEL

ホーム > Blog > 腰部疾患の記事一覧

腰部疾患の記事一覧

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

2016.06.03 | Category: 腰部疾患

椎間板に起因する腰痛をもつクライアント

腰部への痛みが屈曲により軽減するクライアントへのアプローチ

屈曲により症状が改善するクライアント

椎間板に起因する疾患をもつクライアントは屈曲で症状が悪化しますが、それとは異なり、脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向があります。

 

これらのクライアントは長時間の立位や歩行を行うと腰痛(LBP)を訴え、通常、座っている時や前屈姿勢をとっているときに症状が緩和します。

 

このような場合はウォームアップに反復的な屈曲動作を含めると良いとされますが、骨粗鬆症による圧迫骨折などの併存疾患があるクライアントや股関節置換術などを受けたクライアントは、屈曲が禁忌になる可能性があり、クライアントの既往歴を確認することはきわめて重要になります。

 

腰部痛が改善する運動方向への運動介入(運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は症状の悪化を意味するため、「末梢化(Peripheralization)」を起こす運動は避ける)

(さらに…)

伸展により症状が改善するクライアントへのエクササイズ(大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になる)

2016.04.12 | Category: 腰部疾患

伸展により症状が改善するクライアント

脊椎伸展により痛みが軽減するクライアントのエクササイズ

腰部痛のクライアントへの注意点

伸展により症状が改善するクライアントは、立位や歩行などの活動中に痛みが軽減すると報告されています。

 

しかし、症例によって、腰痛(LBP)が改善する一方で、下肢の痛みが悪化する場合があります

 

したがって、このような集団を指導する際には、痛みのパターンと部位に最新の注意を払うことが重要になります。

 

重要な注意点として、いかなる運動も、大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になります。

 

伸展による緩和効果が認められるクライアントが実施できる、伸展に重点を置いた運動をS&C指導者は、エクササイズの前後にこれらの運動を取り入れることを検討し、さらに、屈曲中心のエクササイズを行なった後の予防手段として、クライアントのルーティンに、伸展運動を取り入ることが重要になります(スタンディングエクステンション、プローンプレスアップ、プローンスイマー、プローンダートなど)。

 

脊椎の機能と損傷メカニズム(脊椎が若干右方向へ偏って屈曲されている場合、左の後方側面の椎間板が突出する可能性が高く、それに続く回旋が線維輪の周辺部に亀裂をもたらすクライアントにとっては、マッケンジーの脊椎伸展法は症状を悪化させる)

(さらに…)

腰痛のアスレティックリハビリテーション・対症療法・筋力・姿勢・疼痛動作の再学習

2013.12.08 | Category: 腰部疾患

腰痛のアスレティックリハビリテーション

腰痛のアスレティックリハビリテーション

対症療法

疼痛への対応は、他の整形外科的疾患と同様に炎症症状の確認から始まります。

 

明らかな炎症症状があれば冷却を主体として炎症鎮静の治療を行いますが、腰痛では明らかな腫脹や熱感を伴う炎症症状は少なく、ほとんどの場合腰部や臀部の筋緊張緩和と血行促進のための温熱療法が適応となります。

 

過緊張状態の腰背部の筋が疼痛を発することが多いことから、筋緊張の寛解が重要な対症療法となります。

 

一般には温熱療法に加え、電気的に筋収縮と弛緩を繰り返す低周波療法が効果的です。

 

また、緊張が広範囲に及ぶ場合には、体幹筋全体のリラクゼーションを促す意味で腰椎牽引も適応となります。

 

また、骨盤周囲筋の緊張緩和のための股関節ストレッチ、胸郭周囲の筋のリラクゼーションのため呼吸運動促進も腰背部の筋緊張緩和に効果を示します。

 

一方、仙腸関節や椎間関節といった関節の疼痛に対しては超音波やレーザー、高周波などの物理療法を組み合わせますが、多くの場合、患部への力学的ストレスを排除・軽減するのが最も効果的な治療といえます。

 

したがって、患部へのストレスを軽減するような身体機能と運動習慣を学習させることが対処的にも重要となります。

脊椎の屈曲は椎間板損傷をもたらすか?(エクササイズによって椎間板損傷が起こるのは、疲労が適応によるリモデリングの速さを上回った場合であり、その際の圧縮負荷が約2,000Nである)

(さらに…)

腰痛の機能評価の項目)疼痛・姿勢・関節可動域(ROM)・タイトネス・筋力・スポーツ動作

2013.12.02 | Category: 腰部疾患

腰痛の機能評価

腰の痛みに対するアプローチ

病態の大枠を把握した後、身体機能についての評価を進めます。

 

実施すべき評価項目としては疼痛・姿勢・関節可動域(ROM)・タイトネス・筋力・スポーツ動作など多用であり、範囲としては腰部周囲に加えて足関節、股関節、胸郭、肩甲帯などと広範囲にわたるため、迅速かつ的確な評価の手技が必要になります。

脊椎屈曲エクササイズの利点(脊椎の屈曲は椎間板後部の厚さを37%減少させるため、椎間板後部全体へのグルコースの十分な供給が保証され、小さな溶質の拡散と大きな溶質の流入が増加する)

(さらに…)

腰痛の評価・症候による分類(伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型)

2013.11.26 | Category: 腰部疾患

腰椎症候による分類

腰の痛みの種類

腰痛を分類するには、まずその腰痛の正体を見極めることが大切です。

それにはまずスポーツ専門の医療機関を受診させ、正確な診断を得たうえで現在の症状についてJ評価を進めます。

 

腰痛評価にあたっては、まず以下の分類を用いて簡潔に腰痛の概略を把握し、そのうえで機能評価やスポーツ動作の分析を行って腰痛のメカニズムを探求します。

 

神経症状の無い一般的な腰痛の多くは伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型のいずれかに含まれます。

 

伸展型、屈曲型、回旋型は文字通り体幹の屈曲、伸展、回旋それぞれの動作により疼痛が増強するタイプの腰痛です。

 

これらは運動方向に応じて規則的に疼痛が増強するため、特定のスポーツ動作との因果関係をしやすいタイプの腰痛といえます。

 

一方、安静型や不安定型は運動方向に応じた疼痛パターンが不規則又は無関係で、スポーツ動作との因果関係が不明瞭な腰痛になります。

腰部痛が改善する運動方向への運動介入(運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は症状の悪化を意味するため、「末梢化(Peripheralization)」を起こす運動は避ける)

(さらに…)

腰部の外傷と障害の病態

2013.11.20 | Category: 腰部疾患

腰部外傷と障害

腰痛

腰部捻挫

ある姿勢や急激な動作で突発的に起こる腰痛を腰部捻挫といいます。

 

椎間関節の捻挫によって生じると考えられていますが、実際のところは種々の原因が考えられます。

 

いずれにしても、数週間の安静臥床で軽快しますが、しばしば再発を繰り返すことが多いです。

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

(さらに…)

腰椎椎間板ヘルニアの障害神経検査

2013.10.24 | Category: 腰部疾患

腰椎椎間板ヘルニア神経学的検査

腰痛のリハビリテーション
これには筋力、反射および知覚検査があります。

第4腰神経(L4:第3腰椎と第4腰椎の間からでる)

  • L4レベルの筋力テストは前脛骨筋で行い、膝蓋腱反射はL2,L3,L4を介するがL4が優勢。

知覚帯は下腿内側。

第5腰神経(L5:第4腰椎と第5腰椎の間からでる)

  • L5レベルの筋力テストは長拇趾伸筋で行う(長趾伸筋、中臀筋も)

L5の障害を示す神経反射はなし。知覚帯は下腿外側および足背。

第1仙骨神経(S1第5腰椎と仙骨の間からでる)

  • S1レベルの筋力テストは長短腓骨筋で行う。(下腿三頭筋、大臀筋も)

反射はアキレス腱反射を見る。S1の知覚帯は外果および足部の外側と足底。

 

また特殊な反射として表在反射(腹皮反射、挙睾筋反射、肛門反射がある)この反射が両側で欠如している場合には上位運動ニューロンの病変を示唆します。

 

片側だけ欠如している場合にはL1,L2間のレベルでの下位運動ニューロンの障害があります。

 

この他に上位運動ニューロンの障害を示唆する病的反射(Babinski反射、Oppenheim反射)があります。

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

(さらに…)

ページトップ