MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー治療の記事一覧

サッカー治療の記事一覧

ジュニア期のスポーツ生理学(動きの器用さを形作る神経系の機能は、6~10歳くらいにかけて発達が著しい)

2014.09.09 | Category: アスレティックリハビリテーション,サッカー治療,トレーナー,トレーニング,投球障害治療

成長期の子供の身体機能

 

成長期の子供のスポーツ活動は、大人とは異なるコンセプトで行わなくてはなりません。

 

しかし、実際の競技現場でよく見られるのは、教え過ぎ、練習のし過ぎによるバーンアウト(燃え尽き)やオーバーユース(特定部位の使い過ぎ)によるスポーツ障害がまだまだ多いのが現状です。

 

子供の発育過程に応じたトレーニング内容を選択し、無理のない範囲でスポーツをやらせることは、指導者や親の義務になります。

 

身体諸機能の発育・発達

 

人間の身体の形態や諸機能は、すべて一様に発達するわけではなく、それぞれが異なった時期に最も発育・発達する速度が大きくなります。

 

※例えば、動きの器用さを形作る神経系の機能は、6~10歳くらいにかけて発達が著しいことが、知られています。

 

身体の発育・発達に伴い、体力や運動能力も発達し、運動能力も発達し、運動するときの力強さや粘り強さが増してきます。

 

※このうち、力強さはいわゆる最大筋力で評価でき、粘り強さは筋出力の持続能力で評価できます。

 

ジュニア期の筋出力と筋持久力

 

ジュニアのスピードスケート選手を対象にした単発的な動作での筋出力を調査したところ、男女ともに16歳以降で躊躇な発達を示しました。

 

これに対して筋持久力の発達過程をみてみると、単発的な動作での筋出力より早めの年齢、すなわち男子で、14歳以降、女子は13歳以降の年齢でトレーニングによる影響が現れる傾向にありました。

 

また、筋持久力は筋線維内での酸素の利用能力に影響されることが知られていますが、その能力を評価する間接的指標となる最大酸素摂取量は、男女ともに中学生の時期にあたる13歳から15歳にかけての発達が最も著しいことが明らかにされています。

引用・索引 勝ちに行くスポーツ生理学

【1000円以上送料無料】小児生理学/馬場一雄

【1000円以上送料無料】小児生理学/馬場一雄
価格:6,480円(税込、送料込)

サッカー治療におけるスポーツ障害の機能解剖と評価・膝関節

2014.06.20 | Category: サッカー治療

膝関節

膝関節は大腿骨遠位端を形成する内側顆、外側顆と脛骨との間でできる大腿脛骨関節と、大腿骨膝蓋骨でできる膝蓋大腿関節からなります。

 

※腓骨は大腿骨とは関節しませんが大腿二頭筋や外側側副靭帯などの靭帯が付着することで関節に影響します。

(さらに…)

足関節内反捻挫の不安定性の残存の三要素(可動域制限、筋力低下、動作の要素)

2014.06.10 | Category: サッカー治療

足関節捻挫不安定性の残存に対して

 

内反捻挫後、早期からの適切な理学療法によって機能低下は最小限に抑えられ、程度の差はあれ、損傷靭帯の修復も行われます。

 

※不適切な管理が施行されたり、損傷靭帯の修復過程で過度なストレスが加わったり、、また複数貝回受傷が繰り返されたりするなどによって、足関節不安定性が残存してしまうことが多いです。

 

内反捻挫後の足関節不安定性は、内反および前方方向に出現し、内反捻挫を繰り返す原因になり、また、骨、軟骨、軟部組織など、さまざまな組織を破壊し、二次的障害の発生にもつながります。

 

※不安定性が残存した症例では「足関節捻挫を繰り返してしまう」「体重が外側に偏りやすく、足首が不安定な感じがする」「疲れやすく、長く歩くと足関節周囲にだるさがある」などの訴えを伴うことがあり、しかし、以下の問題を取り除くことで保存療法でも症状が改善する例も多いです。

 

可動域制限

 

内反捻挫後に足関節不安定性が残存する例では、背屈制限を生じることが多く、背屈制限は足関節を底屈位にするトゥークリアランスを悪くします。

 

※身体重心を後方に偏位させるなどの理由から足関節不安定性を助長することからも内反捻挫後の足関節不安定性の防止には背屈制限を起こさせないことが基本となります。

 

筋力低下

 

内反捻挫後は腓骨筋などの筋力低下を生じやすく、また、底屈位・内反位で受傷することからも、内反捻挫後の足関節不安定性の防止には背屈および外反筋の筋力強化は非常に有効です。

 

動作の要素

 

足関節不安定性を有した症例の全てが不安定感を訴える多くの症例は、身体重心が支持脚外側に偏位している場合、この時期の足関節背屈を促すと、足関節は安定します。

 

※具体的には後足部外反誘導に加え、横アーチ中足部を高めに処方し、これにより、推進期での体重移動を遅らせ、足関節底屈を抑制することができます。

引用・索引 スポーツ障害の理学療法

サッカー選手への疼痛への機能的問題への対応・急性障害

2014.05.31 | Category: サッカー治療

疼痛による機能的問題への対応

 

機能的な回復が欠如した状態では、練習や試合において過度なストレスが加わった際に障害、もしくは疼痛の再発を引き起こすだけでなく、連続的に代償を繰り返すことで、結果的には患部以外の部位にも筋の過緊張や疼痛を引き起こすことになります。

 

痛みがなくなれば治癒したというわけではなく、急性的な障害により生じた患部の機能的問題や慢性的な障害の原因となる患部外の機能的な問題(身体の負担が高くなる時期において、筋腱組織の障害やそれに伴った2次的な障害)に対しても着眼し、これらの問題が解決したとき治癒したと言えます。

 

急性障害

 

靭帯損傷のような過度のストレスにより急性的に生じた障害の場合、痛みによる患部周囲筋の機能低下が問題となります。

 

例えば三角靭帯損傷では距骨下関節の回内ストレスにより靭帯が伸張され痛みが生じ、その為、後脛骨筋、長趾屈筋などによる距骨下関節回外運動が、回内ストレスによる痛みによって抑制され機能的な低下を引き起こします。

 

これに対して、距骨下関節回外ストレスが加わる動作(足関節内反させて接地、歩幅を広くして接地など)により代償して患部生じる疼痛を回避するようになります。

 

※二次的な疼痛や筋緊張が腓骨筋や第三腓骨筋、短腓骨筋腱といった距骨下関節回内筋に生じ、この状態で患部の疼痛が緩和して復帰した場合、代償部位の過緊張による二次的な疼痛が強くなるか、回内ストレスが強く加わった際に、回外筋が機能的に反応できずに再受傷を引き起こします。

 

※選手は無意識に痛みを伴わない動作で代償することが多く、機能的回復が得られないまま痛みが軽減すると治癒したかのように錯覚してしまうために注意が必要になります。

 

急性障害に対する対応

 

上記のような症例に対して、対症療法により患部の痛みの閾値を高め、同時に距骨下関節回外にかんする筋(後脛骨筋や長趾屈筋など)への機能的な回復を促す対応が必要となり、最終的には動的状態において患部へのストレスを抑制する筋の反応を痛みが生じる前に誘発できるように促していき、動きの誘導を行なう際には、意図的に患部に加わる動作を抑制してしまうために、無意識な反応を引き出す為に、ボールなどを用いて注意力を分散させながら引き出したい反応を誘導していくという具合にします。

 

※静的動作においては立ち脚の外側に投げられたボールをキャッチするなど、距骨下関節に回内ストレスが加わるような動作の順応を促し、初期には床上で行い、慣れてきたらバランスマット上で行いうなど段階的に条件を加えていきます。

 

※屋外では健側下肢のインサイドでのドリブルを内回りに行わせたり、前方からのボールを90°側方にパスさせて鋭角に踏み込むキックなどを行わせることで、長趾屈筋、後脛骨筋などの距骨下関節回外筋に対して動作の中での自然な反応を引き出すことが可能になります。

引用・索引 スポーツ障害の理学療法

サッカー治療・Jリーグクラブにおけるシーズン中の取り組み:クールダウン

2014.05.26 | Category: サッカー治療

1.アイスバケツ

 

90㍑のバケツに下肢を入れ、下肢全体をアイシングし、また、足関節のみの場合は小さなバケツを準備し、その中に足を入れます。

 

※足関節全体を冷やす意味でもバケツに足を入れたほうが効果的になります。

 

初期には過度の冷却による足趾の冷却による足趾の痛みを強く感じるためにトゥーキャップをして足を入れます。

 

※これにより5~10℃の足趾温度低下の抑制が可能になり、疼痛を緩和し障害の急性期や練習後の疼痛がある際に行います。

 

2.温冷交代浴

 

5℃に設定した氷バケツと40℃に設定したバケツを用意し、温熱療法と冷却療法を交互に行わせます。

 

※血管の収縮と弛緩を繰り返すことで患部への血流を増加させることを目的に行わせます。

 

血液循環が改善させることで発痛物質である乳酸の分解が促進され、これにより疼痛、疲労が緩和されると考えられています。

 

※温冷交代浴の冷却時間を長くすることで筋疲労の回復に効果的だとして、筋腱の疲労の蓄積が強い時や受傷後の亜急性期移行に行います。

 

3.パワープレート

 

プレートが振動することで身体に生じる重力加速度を増加させる原理を利用した機械になります。

 

主として、筋力アップ、ストレッチ、試合や練習前のウォーミングアップ、試合後のクールダウンに用いられます。

 

効果としてDele-cluseによると短時間の振動負荷による効果として、垂直跳びなどといった瞬間的な筋出力に対する神経筋反応の増加が認められ、また、振動負荷トレーニングにより振動不可を加えないトレーニングよりも筋線維動員数が有意に増加するといった報告もあります。

 

※練習や試合の前にプレート上でハーフスクワット位で立つことで、神経筋反応の向上、筋線維の動員数増加を促し、より多くの筋活性化を図れ、試合翌日、練習後のクールダウンにおいてパワープレート上でのストレッチ、振動を利用したマッサージを行うことで、血液循環を促進させ、疲労回復の一助として利用します。

 

4.クライオバス

 

試合の前日の練習後、または週の半ばに試合がある時には試合後に水温3℃の氷風呂に5分間下半身の半身浴を行わせます。

 

※早期に身体の代謝を下げることによる疲労物質蓄積の抑制、また、施行後の下肢循環改善による疲労の回復を目的としています。

引用・索引 スポーツ障害の理学療法 第2版

小児のメディカルチェック・関節弛緩性測定と競技種目の相関関係

2014.04.10 | Category: サッカー治療,投球障害治療

小児のメディカルチェック

関節

身体の関節はさまざまな特徴的な解剖学的形態を持ち、それに応じた運動方向と運動範囲を持っており、この運動範囲を可動域(Range of Motion:ROM)と言います。

 

関節の支持機構の筋力低下により、この運動範囲を超えたものを関節弛緩(joint looseness)といい、運動療法を行う上で極めて重要です。

 

この関節弛緩の有無は、日常生活にはそれほど影響を持ちませんが、小児のスポーツ種目選定にあたり、極めて有効かつ意義を持つものになります。

 

※肩関節、肘関節の弛緩性の強い小児は投球主体の競技には不向きであり、膝関節に弛緩性がある小児にはスプリントが主である競技にはリスクがあり、関節のメディカルチェックは非常に重要になります。

(さらに…)

サッカー治療におけるアスレティックリハビリテーションの流れ・ボールを蹴るまで

2013.12.29 | Category: サッカー治療

サッカー治療におけるアスレティックリハビリテーションの流れ

サッカーアスレティックリハビリテーション

ウェイトトレーニング

ウェイトトレーニングはグラウンドでのリハビリテーションではありませんが、グラウンドでの動きづくりのベースとなる重要な項目です。

 

リハビリ期間全般を通じて患部以外の部位、特に体幹(肩、股関節、周囲筋の背面、腹筋群、起立筋群)を中心とした初動負荷理論(「初動負荷」とは「実際の運動に近い、自然な負荷(の与え方)」を意味し、運動の発動時に負荷のピークが存在することである。)を応用して関節可動域の増加、筋力アップを目的に行います。

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

基本種目例

上半身

ラットプルダウン、プルオーバー、ベンチプレス、ベントオーバーローイング、バックプレス、腹筋トレーニング、背筋トレーニング

下半身

インナー、バックスイング、レッグプレス、レッグカール、スクワット、レッグランジ

直線での動き

この段階より実際にグラウンドを利用したリハビリに入り、同時に復帰までのリコンディショニングもスタートします。

ウォーキング

ウォーキングはすべての動きのベースであり、意識して修正しやすい動作なのでとても重要になります。

 

股関節の柔軟性を追求しながら実際の歩き方の矯正を行い、背部のアーチをしっかりと作り、同時に腹筋も軽く緊張させ、軸をぶらさないように片方の肩甲骨周囲筋主導で体幹を後方に引くようにして、そのねじれを利用し同側の骨盤を前に出し、下肢はそれに引かれるように少し遅れ気味に自然に前に出るようにして、膝は伸ばした状態で踵から着地します。

 

着地したあとは背筋-臀筋-ハムストリングスを動員しできるだけ長く踵で地面を掴みながら後方に押しやり骨盤を前に押し出すようにし、体重は踵から拇指球、拇指にかけて滑らかに通過するようにし、この時、上肢と下肢は意識して振ろうとか、前に出そうかとする必要はありません。

 

上肢は肩関節に、そして下肢は股関節にただぶら下がり、軸をぶらさず自由に、そして自然に肩甲骨や骨盤に引かれて前後に出るようにします。

 

トレーナーは歩いている選手の後方や側方や前方から観察し、上記のことが正しくできているかをチェックし可能な限り早い時期にウォーキングの一環としてKBW(ニーベントウォーキング)、後ろ歩き、踏み台昇降運動、速歩などをサーキット的に行い、痛みなどが出現した場合にはその時点で中止します。

ウォーキング+ショートジョギング

目的としてはローパワートレーニングになり、ジョギングはウォーキングにくらべ着地の衝撃が格段に大きくなるので、急激に時間数を増やすことは非常に危険なので徐々に増やすように心がけます。

 

グラウンドではコートをゴールライン、タッチラインを半分に区切り、6区面にし、それぞれの区画の中で、最初は10歩のジョギングを1回、その後は10~30歩までフォームを観察しながら周回ごとに増やしていきます。

 

ジョギングに関してもウォーキングと同様にフォームチェックを行います。

 

その時のインターバルはウォーキングを行い、その間に患部の状況を確認して、次の周回を増やすか現状維持なのか、中止なのかを決定します。

 

ジョギングを30歩行えるようになったあとは、タッチラインはジョギング、ゴールラインはウォーキング、または、タッチラインはウォーキング、ゴールラインはジョギングで1周を行います。

 

ここまで直線の動きなので特に回る方向は気にしなくても良いですが、次からコーナーもジョギングをすることになるので、障害によって痛みの出にくい方向を指示します。

 

上記のトレーニングが行えるようになった後は、サッカーコート2辺(タッチライン1辺+ゴールライン1辺)の連続ジョギング、次にあるタッチラインはレスト&チェックとしてウォーキングを行います。

 

その次はコート3辺連続ジョギング、残りの1辺はレスト&チェックとしてウォーキングを行い、それが行えるようであれば、コート1周のジョギング、そしてロングジョギングに移行します。

 

以上の内容に要する時間及び、期間は患部の状況により増減します(1日で終了する場合もあれば1周間かかる場合もあります)。

加速走

目的としてはミドルパワー、ハイパワートレーニングになります。
一定のスピードで45分間ジョギングが可能になったら加速走に入ります。

 

患部の負担を減らすためにジョギングから少しずつスピードを上げていき、目的のスピードに達したら、急にストップするのではなく、時間をかけて徐々に減速します。

 

ランニングパターンとしては前述のウォーキング+ジョギングパターンを利用します。

 

ランニング量とスピードは患部の状態とトレーニング目的によって徐々に増加することが望ましいです。

 

最終的には加速ピーク時に100%のスピードに達することが望ましく、このレベルまで患部が回復してきたら患部の様子をみてスパイスの使用を開始します。

ダッシュ

目的としてはハイパワー、ミドルパワートレーニングになります。
加速走でほぼ100%にランニングが行えるようになったら、ダッシュを取り入れた実践的なインターバルトレーニングを行います。

例)
サッカーコート1周半を2分以内

コート1周を1分以内

レスト&チェックとしてゴールラインウォーキング

コート半周を25秒以内

レスト&チェックとしてゴールラインウォーキング

ゴールラインからハーフラインまでダッシュ

5分間ジョギング

 

上記を5セット行い、その前後に10分間ずつのジョギング、計20分を連続して行います。

 

このメニューはゲーム中に選手が移動する距離と、ランニングパターンを考慮して考えられています。

 

移動距離はジョギングとウォーキングのスピードに左右されますが、1万メートル以上、時間は約70分以上かかるように設定されています。

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p<0.05)が存在する)

コーン+ラダー使用での動き

目的としてはミドルパワー、ハイパワー、アジリティトレーニング、アジリティトレーニングになります。

 

これ移行のトレーニングはサッカーの動きに対し患部が耐えられるかどうかをチェックすることを第一の目的としています。

 

種目の組み合わせ、スピード、インターバル、セット数は障害の部位、種類、程度、トレーニング目的などを考慮して安全に行います。

注意しなければいけない事

  1. 急激に大きくまたは過剰な負荷で膝関節を伸展・外転する動作
  2. 痛みを伴うような股関節内転動作
  3. 痛みを伴うような腹筋動作
  4. バーベルを担いで過剰な負荷をかけ両股関節を前後に開いて深いスクワットをする動作
  5. ジャンプしながら両股関節を前後に開いて閉じる動作を繰り返す動作
  6. 股関節を急激に深く屈曲または内転・内旋することを繰り返す動作

コーン、ラダーの配置は自由ですが、出来るだけ狭いスペースで、ポジション別に動きを再現出来るように工夫しましょう。

ジャンプでの動き

目的としてはミドルパワー、ハイパワー、アジリティトレーニングになります。
この頃のトレーニングでは、ドクターの了承が得られれば、コーン+ラダー使用での動きの中で取り込んでも良いです。

 

コーンやハードルを利用したトレーニングよりも、患部の状態把握のために行います。

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性がある)

サッカーサーキット

目的としてはバランス、連動性、ミドルパワー、スキルトレーニングになります。

例)前倒れ

後ろ倒れ

側転(左右)

飛び込み前転

横倒れ(左右)

スライディング(左右)

ローリング(左右)

前転

後転
を連続して行い、インターバルにはボールを使用した技術練習を行い、すべての動作を正確に行うことが重要です。

ボール使用での動き

目的としてはスキルトレーニングになります。

 

サッカー選手に対するリハビリテーションは、走ったり、跳んだり出来るだけでなく、ボールを蹴れなければ終了できません。

 

この項の基本キック、ドリブル、ショートパスは、コーン+ラダー使用での動き以降のトレーニングの中でインターバル時に行っても良いです。

 

ミドルパスからクロスボールまでは全身に負担がかかるので、リハビリの後半に行う方が良いです。

 

最終的には、プレースキックを正確に蹴れることが必要になります。

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players

 

ページトップ