MENU TEL

ホーム > Blog > 喘息の記事一覧

喘息の記事一覧

エクササイズと喘息(水泳は湿度の高い環境で行われ、水平な姿勢をとるため粘液が喉に詰まりにくい利点がある)

2016.05.07 | Category: 喘息

エクササイズと喘息

エクササイズと喘息の管理計画

喘息を持つクライアントに対してのエクササイズプランニング

エクササイズ専門職にとって、現在または過去の喘息の症状、重症度、誘発機序(気温、湿度、アレルゲン)へのモニタリングを入念に行い、正式なプランを立て、トレーニングに伴うEIB(運動誘発性気管支収縮)のピーク時間を把握することが、エクササイズ処方の決定プロセスに役立つ可能性があります。

 

喘息患者に対しての高強度エクササイズ(EIB発症を低減させるには気道をより緩やかに復温させる為に低強度の有酸素性運動によるウォームアップとクールダウンを、毎回必ず最低10~15分実施する)

「喘息行動計画」

アスリートや喘息の患者は、自らの喘息の状態を多くの側面でうまく管理できますが、その一方で、喘息やEIBを有する人が、適切かつ継続的な医学的助言と指導を受けず、エクササイズ中に独力で喘息を自己管理することはきわめて危険になります。

 

すべての人が、現在かかっている医療機関から直接指導を受け、各自の「喘息行動計画」を作成することが推奨されています。

 

米国肺協会(ALA)および米疾病予防管理センター(CDC)の推奨する喘息行動計画は、個別化された書面の作業計画であり、そこには喘息症状の悪化を防ぐプロセスや行動を記すほか、重要なこととして、医療機関への連絡救急医療が必要となった場合についての指針を示します。

 

喘息と有酸素性エクササイズ(換気性作業閾値の改善(低~中強度エクササイズ実施中の分時換気量の減少)、心肺機能(最大酸素摂取量:VO2max)の向上、および息切れの改善を促す)

喘息行動計画の3つのゾーン

[table id=104 /]

 

喘息患者のエクササイズ(有酸素性コンディショニングプログラムを実施することで最大酸素摂取量、換気量が上昇し、喘息のコントロール全般を間接的に改善する上で役立つ)

 

喘息とエクササイズ(フィジカルコンディショニングは喘息の管理全般に有益であり、心肺系のコンディショニング、筋フィットネス、および生活の質全般を向上させる)

 

引用・索引Ali Z.Norsk P.Ulrik CS Mechanisms and management of exercise-Induced asthma in elite athletes.J Asthma 49:480-486.2012


喘息患者に対しての高強度エクササイズ(EIB発症を低減させるには気道をより緩やかに復温させる為に低強度の有酸素性運動によるウォームアップとクールダウンを、毎回必ず最低10~15分実施する)

2016.03.25 | Category: 喘息

喘息患者に対しての高強度エクササイズ

喘息患者に対しての高強度エクササイズ

喘息患者に対してのエクササイズ指導概要

喘息患者に対しては、高強度エクササイズの実施中やエクササイズプログラムの実施中やエクササイズ終了後に運動誘発性気管支収縮(EIB)を発症するリスクを低減するため、低強度の有酸素性運動(低速でのウォーキングやジョギングなど)によるウォームアップとクールダウンを、毎回必ず最低10~15分実施するように指導しなければなりません。

 

さらに、ウォームアップとクールダウンには、上下肢の低強度運動と柔軟性エクササイズも組み込みます。

 

エクササイズや身体活動プログラムをいきなり終了するのではなく、適切なクールダウン効果をもたらす運動を実施することで、気道をより緩やかに復温させることができるため、エクササイズ後のEIB反応の重症度を低減するのに役立ちます。

 

トレーニング指導の専門職にとって重要なことは、エクササイズプログラムに参加するすべての喘息患者への標準的な対応として、急性気管支収縮に関連したエクササイズ後の反応を、注意深くモニタリングすることにあります。

 

喘息と有酸素性エクササイズ(換気性作業閾値の改善(低~中強度エクササイズ実施中の分時換気量の減少)、心肺機能(最大酸素摂取量:VO2max)の向上、および息切れの改善を促す)

(さらに…)

ページトップ