MENU TEL

ホーム > Blog > ジュニアスポーツの記事一覧

ジュニアスポーツの記事一覧

子どもの脳・神経機能に対する運動の効果(素早い方向転換などの俊敏な身のこなしや状況判断・作戦などの思考判断を要する全身運動は、脳の運動制御機能や知的機能の発達促進に有効である)

2016.06.13 | Category: ジュニアスポーツ

子どもの脳・神経機能に対する運動の効果

子どもの脳、神経機能に対する運動の効果

運動と脳・神経機能への効果

運動を行うということは、状況判断から運動実行まで、脳のほとんど全ての領域を使うということをになります。

 

素早い方向転換などの俊敏な身のこなしや状況判断・作戦などの思考判断を要する全身運動は、脳の運動制御機能や知的機能の発達促進に有効であると考えられます。

 

例えば、鬼ごっこやドッジボールなどのようなゲーム性のある集団運動は、子どもたちが興味をもって夢中になれば自然に長時間持続するので、脳の状況判断や運動制御能力を向上させるよい運動になります。

 

子どもの呼吸循環機能に対する運動の効果(1日30分~1時間の中程度からややきつめの強度の運動によって、アディポサイトカインの改善、体脂肪の減少や血管内皮機能の改善がみられる)

(さらに…)

子どもの呼吸循環機能に対する運動の効果(1日30分~1時間の中程度からややきつめの強度の運動によって、アディポサイトカインの改善、体脂肪の減少や血管内皮機能の改善がみられる)

2016.06.12 | Category: ジュニアスポーツ

子どもの呼吸循環機能に対する運動の効果

身体活動の量や強度とVO2maxとの間の相関関係

発育期における子どもにおいても、日常生活中の身体活動の量や強度とVO2maxとの間に正の相関関係があることが報告されており、運動が呼吸循環系の体力を向上させることは確かであり、日常的に活発な運動を習慣化することによって、呼吸循環機能の正常な発達を促進し、呼吸循環機能の低下による多くの付随的疾病の予防を図ることができると考えられます。

 

その際、特に心肺持久力を向上させるような高強度の運動を組み込むことが重要であり、子どもが夢中になって行う運動遊びには、自ずと高強度の運動が含まれるものであることを考慮すれば、子どもにはできるだけ自由に思い切り身体を動かして運動できるような機会を与えることが望ましいとされています。

 

同じ有酸素性運動をしても男性より女性が息切れするのはなぜか?(女性のほうが男性よりも、横隔膜の電気的活性化が大きくなる)

(さらに…)

子どもにおける運動の効果(筋持久力のトレーニングには至適年齢があり、トレーニング効果は、6歳から14歳までは年齢が進むにつれて増大し、12~15歳で最大となり、15歳以降は逆に減少する)

2016.06.11 | Category: ジュニアスポーツ

子どもにおける運動の効果

子どもにおける骨格筋に対しての運動の効果

子どもの骨格に対する運動の効果

最近の研究は、学童期や若年期に丈夫な骨を作ることが、成人期およびその後の人生全般にわたって健康な骨状態を保つための最善策であることを明らかにしています。

 

アメリカスポーツ医学会やカナダ骨粗鬆症学会も、規則正しい中程度の運動が転倒を減少させ、骨折を減らし、骨粗鬆症を予防すると提言しています。

 

子供の姿勢に対する運動の効果(近年、抗重力筋の緊張に重要な役割を果たすセロトニン神経の活性低下が報告されている)

(さらに…)

子供の姿勢に対する運動の効果(近年、抗重力筋の緊張に重要な役割を果たすセロトニン神経の活性低下が報告されている)

2016.06.10 | Category: ジュニアスポーツ

子供の姿勢に対する運動の効果

子どもの姿勢に対する運動の効果

子どもの姿勢と体幹筋力

子供の姿勢が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」と保育・教育現場の教員の多くが感じており、この問題のひとつに体幹筋力の低下があります。

 

重力に抗して姿勢を保持するには背筋力をはじめとした抗重力筋の緊張が必要になりますが、「体力・運動能力調査」における背筋力指数は低下傾向に有ります。

 

その原因は昔ほど身体活動が必要ではない現代の生活様式や外遊びの減少、運動部活等の低加入率が複合的に作用していると思われます。

 

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

(さらに…)

ページトップ