MENU TEL

ホーム > Blog > ストレッチングの記事一覧

ストレッチングの記事一覧

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

2016.07.22 | Category: ストレッチング

肩の外旋可動性

肩の外旋可動性

肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility)

オーバーヘッド動作を行なうアスリートにとって、肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility)が問題になることは滅多にありませんが、長時間座って過ごすアスリートや、筋のバランスを確実に保つためのプル動作をほとんど、あるいは全く行わずに常に多数のプレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられます。

 

当然のことながら、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こし、外旋不足が改善されるとインピンジメントの症状が緩和されます。

 

「ノーマネー」ドリル(上腕を体側につけて、両腕の肘を90°に曲げて行なう動的な肩の外旋運動で、肩の外旋可動域の末端まで動かしてから体幹へと戻し、上部にくる手を各レップごとに変えながら繰り返す)を単独で、またはスキップなどの下肢の運動と組み合わせて用いることで、全身の運動調節と併せてSERMを促進できます。

 

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

(さらに…)

肩の内旋可動性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

2016.07.21 | Category: ストレッチング

肩の内旋可動性

肩の内旋可動性

肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility)

肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility)を保持することは、野球、競泳、テニスなどの選手や陸上競技の投てきの選手など、オーバーヘッド動作を行なうアスリートの成功にとって重要な要素になります。

 

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

(さらに…)

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

2016.07.20 | Category: ストレッチング

足関節の可動性

足関節の可動性

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になります。

 

アスリートは、スプリント、スクワット、ジャンプ、投てきなど多くの競技活動で相当大きな背屈可動域が必要になります。

 

AMが不足しているアスリートは、十分な「深さ」を達成するために腰の屈曲で代用するため、脊椎を危険にさらす可能性があります。

 

若年アスリートに特異的な疾患として、オスグットシュラッター病になる可能性があります。

 

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

(さらに…)

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

2016.07.17 | Category: ストレッチング

胸椎の可動性

胸椎の可動性

胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)

通常、腰椎の過度の可動性には問題(コアの不安定性)があるとみなされていますが、適切な胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠になります。

 

TSMの制限と肩のインピンジメントは、特に肥満の人において、慢性腰痛と関連づけられてきました。

 

TSMに取り組む間、胸部の伸展と回旋に対して、大きな関心を払うべきであり、大多数の現代人は着座している時間が極端に長いため、結果的に、日常生活では胸部を屈曲させるほうがはるかに多いからです。

 

したがって、この様式の大多数のドリルでは、上腕の水平外転、外旋、屈曲を大いに活用すべきであり、それらのすべてが肩甲骨の下制と内転に好影響を及ぼします。

 

若年アスリートでは四つ這いでの回旋ドリルなどが、股関節部の安定性を強化しつつTSMを促進するのに有益になります。

 

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

(さらに…)

頸部の可動性(オーバーユース障害のある患者では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)

2016.07.16 | Category: ストレッチング

頸部の可動性

頸部の可動性

頚椎の可動性

上肢の正常性に関して、もうひとつ見落とされがちな要素は頚椎の可動性になります。

 

これはきわめて重要な要素になります。

 

オーバーユース障害のある患者では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられます。

 

同様に、肩も同時に丸めたFHPは、症状の有無にかかわらす、肩の屈曲中(頭上に手を上げる)の肩甲骨の前方突出と前傾を増大させます。

 

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

(さらに…)

殿筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

2016.07.15 | Category: ストレッチング

殿筋の活性化

大殿筋の活性化

大殿筋の機能

大殿筋の機能には外転、外旋、および伸展が含まれます。

 

外転と外旋は運動の重要な要素ですが、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは、見過ごされている場合があります。

 

不十分な大殿筋機能と股関節伸展筋力は、腰痛と膝痛の症状に関連があるとされています。

 

シングルレッグ・スパインブリッジやその他類似のエクササイズは、GAの活性化に有益になります。

 

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

(さらに…)

股関節の外転可動性(股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility)は、股関節内転筋群の筋長と股関節外転筋群の筋力に依存している)

2016.07.14 | Category: ストレッチング

股関節の外転可動性

股関節の外転可動性

股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility)

股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility)は、股関節内転筋群の筋長と股関節外転筋群の筋力に依存し、より重要でありながら一般的に看過されている下肢の機能要素になります。

 

HAMの制限は、鼠径部挫傷の危険性増大と関連されています。

 

内転筋群の可動性不足は、実際は問題のひとつの要素にすぎず、拮抗筋である股関節外転筋群の筋力も同様に重要になります。

 

アスリートは、大殿筋とハムストリングスの筋力不足を補うために、大内転筋をオーバーユースする傾向があり、これは外転筋群の脆弱性は膝蓋大腿部痛と関連づけられています。

 

特に女子アスリートの間でみられ、膝の非接触性傷害のメカニズムとしてよく観察されます。

 

これらの要因を考慮して、HAMへの包括的なアプローチには、内転筋群の筋長と外転筋群の筋力の両方に重点を置くべきとされています。

 

青少年の柔軟性エクササイズ筋骨格(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

(さらに…)

股関節の可動性(不十分な股関節の屈曲可動性が非効率的で傷害の危険性のある運動パターンをもたらす)

2016.07.13 | Category: ストレッチング

股関節の屈曲可動性

股関節の屈曲可動性と障害

屈曲可動性(HFM:hip flexion mobility)

多くの若年アスリートは、股関節の屈曲可動性(HFM:hip flexion mobility)を積極的にトレーニングすることが少なく、スプリントに必要な股関節の屈曲可動域に達することができなくなっています。

 

HFMが不足していることが多いために、アスリートは通常、必要とされる動作を腰椎の屈曲で補おうとします。

 

この代償パターンでは、事実上、十分な腰椎の安定性が不足しているために、腰で生じる動きを防ぐことはできません。

 

さらに、不十分な股関節屈曲筋の筋力は、膝痛と腰痛の両方と関連づけられています。

 

コーチはこの問題の是正に、股関節後部筋群のストレッチングだけを行なうことによって、可動域を改善しようとしがちになりますが、そのような方法は、効果的なコアの安定性プログラム(股関節後部筋群のストレッチング)と関連して股関節屈曲筋群の補強が必要な状況を無視しており、コアの安定性トレーニングと同時に、股関節の屈曲可動域全体を使うエクササイズを加えることによって、この代償パターンに対処できます。

 

青少年アスリートのための可動性トレーニング(柔軟性とは、単関節もしくは一連の多関節の絶対的可動性を意味し、静的可動域か動的可動域のいずれかを指す)

(さらに…)

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

2016.07.12 | Category: ストレッチング

可動性ウォームアップの様式

運動前の可動性ドリルの重要性

ウォームアップの重要性

ウォームアップの時間が可動性をトレーニングする恰好のタイミングであることは確実ですが、最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になります。

 

大部分のアスリート、特に若年アスリートは、十分なウォームアップの重要性を見落としがちになり、その結果、でたらめでいい加減なウォームアップを行なうことも多く、ウォームアップを省略してしまうこともあります。

 

したがって、アスリートが必ず十分なウォームアップを行なうように指導する必要があり、常にその重要性を強調しなければなりません。

 

青少年アスリートのための可動性トレーニング(柔軟性とは、単関節もしくは一連の多関節の絶対的可動性を意味し、静的可動域か動的可動域のいずれかを指す)

(さらに…)

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

2016.07.11 | Category: ストレッチング

運動前の可動性ドリルの有効性

運動前の可動性ドリルの有効性

運動前の可動性トレーニング

運動前の可動性トレーニングは、若年アスリートにとって運動学習の効果的な方法になります。

 

アスリートが「通常」のトレーニングや試合とは別に、リハビリテーションやプレリハビリテーションの運動セッションを完了するよう指示されることが多く、修正エクササイズと実際のパフォーマンスの隔たりが大きいと、パフォーマンスにおいてより効果的な方策を取り入れるアスリートの能力が妨げられる可能性があります。

 

このような修正エクササイズをウォームアップの時間に取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になります。

 

青少年アスリートのための可動性トレーニング(柔軟性とは、単関節もしくは一連の多関節の絶対的可動性を意味し、静的可動域か動的可動域のいずれかを指す)

(さらに…)

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

2016.07.10 | Category: ストレッチング

可動性ドリル

可動性ドリルとは

可動性ドリルは「動的柔軟性エクササイズ」または「動的ストレッチング」と呼ばれることが多く、いずれにせよ正しく選択すれば、運動前のあらゆる目標を達成するために活用できます。

 

全身ウォームアップに分類される可動性ドリルは、可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たします。

 

また、ウォームアップを適切に行なうためには、「一般的な」ドリルから「特異的な」ドリルへと漸進させる必要があります。

 

青少年アスリートのための可動性トレーニング(柔軟性とは、単関節もしくは一連の多関節の絶対的可動性を意味し、静的可動域か動的可動域のいずれかを指す)

(さらに…)

青少年の柔軟性エクササイズ筋骨格(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

2016.07.09 | Category: ストレッチング

青少年の筋骨格系

青少年の筋骨格系と柔軟性エクササイズ

柔軟性トレーニングと筋骨格系

青少年は筋骨格系が常に変化しているため、この発達段階で用いられた柔軟性トレーニングによる利益が無駄になる可能性があります。

 

しかし、より成熟したアスリートは、定期的な柔軟性トレーニングを取りれることから利益を得て、筋骨格系を修正し、神経筋の効率向上に順応する能力が備わっていきます。

 

筋力強化を考えた場合のセット間ストレッチの活用(活動中の筋に乳酸、水素イオン、ナトリウムイオンとリン酸の蓄積をもたらし、エクササイズに対する成長ホルモン(GH)の応答に重要)

(さらに…)

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

2016.07.08 | Category: ストレッチング

運動前の静的ストレッチ

静的ストレッチ

等尺性筋収縮と静的ストレッチ

多くのアスリートは、スポーツ活動に参加する際に、軽いジョギングと静的ストレッチングから始め、最後に競技特異的な活動へ進みますが、このようなウォームアップの実施は、様々な速度における等尺性筋力や動的筋力の減少が原因で起こるパフォーマンスの低下と関連づけられています。

 

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

(さらに…)

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

2016.07.07 | Category: ストレッチング

柔軟性と可動性の比較

柔軟性と可動性の重要性

一般的な可動性の測定

一般的には、可動性は比較的容易に測定できますが、実際の制限や障害の原因を把握するためには追加的なスクリーニングが必要になります。

 

筋力強化を考えた場合のセット間ストレッチの活用(活動中の筋に乳酸、水素イオン、ナトリウムイオンとリン酸の蓄積をもたらし、エクササイズに対する成長ホルモン(GH)の応答に重要)

(さらに…)

青少年アスリートのための可動性トレーニング(柔軟性とは、単関節もしくは一連の多関節の絶対的可動性を意味し、静的可動域か動的可動域のいずれかを指す)

2016.07.06 | Category: ストレッチング

青少年アスリートのための可動性トレーニング

青少年アスリートのための柔軟性トレーニング

十分な可動性と軟部組織の伸展性を重視する現代的な修正エクササイズ

十分な可動性と軟部組織の伸展性を重視する現代的な修正エクササイズの技術は、大部分のストレングス&コンディショニング(S&C)プログラムにおいて、現在、比較的よく取り入れられています。

 

具体的にいえば、若年アスリートに対して、各種可動性傷害の予防と治療において、可動性の概念の現場での応用が広まりつつあります。

 

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

(さらに…)

ページトップ