MENU TEL

ホーム > Blog > 栄養学の記事一覧

栄養学の記事一覧

骨格筋の筋肥大適応とは(ひとつの理論として、筋肥大は骨格筋に本来備わる、筋を媒介とした局所的なメカニズムを経て促進される)

2017.03.16 | Category: 栄養学

まとめ

運動誘発性筋肥大とホルモン応答による筋肥大とは

筋肥大とホルモン応答

まとめると、若い男性について、RT後における運動誘発性のGH、IGF-1、およびT濃度の上昇は、筋肥大や筋力増強に寄与するわけではないということになります。

 

一般的には、これらのような研究は、運動誘発性の内因的なアナボリックホルモン濃度上昇が独立的に作用して骨格筋の筋肥大適応を生じさせたというエビデンスを提供する、と考えられてしまいます。

 

しかし、それでもなお、ホルモン仮説がRTを実施することによる真実のデータを提供していない以上、ホルモン仮説は、「効果的な筋肥大のための根拠に基づかない推奨」を含む独断的な信じ込みであり、これを広めてしまうことを避けることはできません。

 

まとめとして、一時的な運動後のホルモン濃度上昇が主原因であるという主張については、エビデンスはほとんど存在しないと思われます。

 

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じる)

(さらに…)

RTプロトコルによる運動後の急性のT、GH、そしてIGF-1の増加と、除脂肪体重、筋横断面積(CSA)、そしてレッグ筋力プレスの筋力の間に関連性がみられるか?

2017.03.15 | Category: 栄養学

ホルモン応答と筋肥大

若い男性を対象とした筋肥大に対するホルモン応答とは

運動に誘発されたホルモン応答

若い男性を対象とした大きなコホート研究(n=56)において、12週間にわたるRTプロトコルによる運動後の急性のT、GH、そしてIGF-1の増加と、除脂肪体重、筋横断面積(CSA)、そしてレッグ筋力プレスの筋力の間に関連性がみられるかの調査がなされました。

 

研究の結果によれば、運動により誘発されたホルモン応答と、除脂肪体重の増加、CSA、および筋力には相関関係はありませんでした。

 

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じる)

(さらに…)

ホルモン仮説と女性の筋肥大(ホルモン仮説に関連する興味深い知見として、女性においてレジスタンストレーニング後のT濃度上昇は男性に比べるとより短時間かつ小さいものであるにもかかわらず、相対的に筋肥大と同様の反応を示したことが挙げられる)

2017.03.14 | Category: 栄養学

ホルモン応答

ホルモン仮説と女性アスリートの筋肥大

ホルモン仮説における女性の応答

ホルモン仮説に関連する興味深い知見として、女性においてレジスタンストレーニング後のT濃度上昇は男性に比べるとより短時間かつ小さいものであるにもかかわらず、相対的に筋肥大と同様の反応を示したことが挙げられます。

 

共通の誤解として、RTによる相対的な筋肥大反応は男性に比べて女性のほうが小さいというものがあります。

 

しかし、例えば、男性は女性よりも運動後のTの応答が45倍程度大きいにもかかわらず、女性においては運動後において類似した相対的MPS反応が生じます。

 

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じる)

(さらに…)

インスリンと高ホルモン状態と同化(インスリンがIGF-1レセプターのリン酸化(そしておそらく活性化)を刺激することが知られており、運動はこれに影響しない)

2017.03.13 | Category: 栄養学

インスリンと筋肥大

インスリンと高ホルモン状態と筋肥大の相関関係

インスリンがヒトに与える影響

インスリンがIGF-1レセプターのリン酸化(そしておそらく活性化)を刺激することが知られており、運動はこれに影響しません。

 

インスリンがヒトにおけるMPSの調節を担っている唯一のものだとすると、これらのデータは、IGF-1が、たとえあるとしても、レジスタンスエクササイズに起因するMPSの増大への効果は最小であることを示唆してます。

 

事実、高齢女性における年間のIGF-1の動態と、骨もしくは体組成について顕著な関係性はありません。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

筋肥大のための高ホルモン状態(動物や(ヒト)子供の成長において、成長ホルモン:GHの分泌が骨量や筋量を増加させることはかねてから知られてきた)

2017.03.10 | Category: 栄養学

外因性の要因

筋肥大のための高ホルモン状態

成長と筋肥大

動物や(ヒト)子供の成長において、成長ホルモン:GHの分泌が骨量や筋量を増加させることはかねてから知られてきました。

 

生理的な分泌量以上のGHを投与した際にはコラーゲンタンパクの合成を刺激するということについては否定できませんが、このようなGHの投与が直接的な骨格筋量の増大に関与しているかについては直接的な支持を得られていません。

 

もっともらしい議論としては、外因性のGH増加による結合組織の増加がより多くの仕事量を可能にする、というものですが、これについては研究による確証が得られていません。

 

あるいは、GHの増加が間接的に肝臓でのIGF-1の合成を促してアナボリックな影響を与えているか、になります。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じる)

2017.03.09 | Category: 栄養学

高ホルモン状態と同化作用

レジスタンスエクササイズによる高ホルモン状態と筋肥大の関係

骨格筋の増大

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(筋肥大)は、運動競技の場面において明確に有利となります。

 

骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じます。

 

レジスタンスエクササイズとタンパク質摂取のいずれも、有意なMPS率の増大とMPB率を上回ることを刺激し、これらが合わさったときには相乗効果を発揮します。

 

よって、高い頻度のレジスタンスエクササイズとタンパク質摂取は、MPSの増大を促し、骨格筋の再合成と筋肥大を促進するとされています。

 

このように、MPSに及ぼすレジスタンストレーニングの実施とタンパク質摂取に関する適切な価値ある情報があるにもかかわらず、細胞および分子レベルにおいては、レジスタンスエクササイズが引き起こすMPSの変化のメカニズムについてはまだ実際には明らかとなっていません。

 

MIPSはパフォーマンスの向上の理論的なメカニズムに対する特性を有する(血流を増やすことにより、血液と栄養に対する要求に応え、筋タンパク質の分解に抵抗してタンパク質バランスの維持や保護を促進することにより、減少したエネルギーの供給と貯蔵に対処し、酸化ストレスから保護し、ROS/RNSの産生と戦う)

(さらに…)

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

2016.06.04 | Category: 栄養学

格闘技競技における体重調整

格闘技競技における体重調整

体重調整の方法

格闘技競技で慣例となっていることの一つに、体重調整の方法として選手が短期および長期の水分制限に依存する傾向があります。

 

この点を考慮すると、トレーニング前、トレーニング中およびトレーニング後に水分補給を推励するトレーニング分化を広めるために、コーチやアスリートの教育に重点を置く必要があります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

脂質の代謝を最大にするトレーニングセッション(運動前にCHO(糖質)を摂取すると、運動後に摂取した場合とは逆に、8時間の回復時間中に脂質の酸化が30%低下する)

2016.06.02 | Category: 栄養学

トレーニングセッションと脂質代謝

トレーニングセッションと脂質代謝を考える

脂質の燃焼

トレーニングセッションのタイミングを検討した場合、脂質の燃焼だけを目的としたセッションを行うのであれば、一晩絶食をした状態の早朝に、中程度の強度と持続時間で行うことが最も効果的になります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

2016.05.31 | Category: 栄養学

体重調整

体重調整における栄養補給

体重調整の方法

体重調整の方法を検討する場合、主要栄養素の摂取タイミングや量、および構成のすべてが、検討すべき重要な因子であると思われます。

 

したがって、運動中と回復中の両方において、脂質酸化能を最大限に高め、同時に脂質貯蔵能を最小限に制限するためには、現場における栄養摂取の方法を1日のトレーニングセッションのスケジュールに従って計画する必要があります。

 

長時間の運動中に筋グリコーゲンの減少がもたらすもの(遊離カルニチンの利用可能量はそれほど劇的に減少しないため、長鎖脂肪酸はより速くミトコンドリア内に輸送され酸化される)

(さらに…)

長時間の運動中に筋グリコーゲンの減少がもたらすもの(遊離カルニチンの利用可能量はそれほど劇的に減少しないため、長鎖脂肪酸はより速くミトコンドリア内に輸送され酸化される)

2016.05.28 | Category: 栄養学

脂質と筋グリコーゲン

アスリートと食事の代謝経路

運動と筋グリコーゲン

長時間の運動中に筋グリコーゲンの利用可能量が次第に減少し、解糖流量が低下した場合は、遊離カルニチンの利用可能量はそれほど劇的に減少しないため、結果的に長鎖脂肪酸(LCFA)はより速くミトコンドリア内に輸送され酸化されます。

 

すなわち、糖質(CHO)の利用可能量の減少という条件により、脂質の酸化は増加すると思われます。

 

ここで注意すべき重要な点は、脂質だけではなくアミノ酸の酸化も増加するという点になります。

 

これは、時間の経過とともに除脂肪体重の減少をもたらす可能性があり、除脂肪体重の減少は、(決して推奨されることではない)階級制の競技により体重調整が必要な場合を除けば、(除脂肪体重が力発揮に果たす役割を考慮すると)不利となる可能性が高くなります。

 

運動と食事摂取における代謝調節の概要(65%VO2max’(最大酸素摂取量)以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する)

(さらに…)

運動と食事摂取における代謝調節の概要(65%VO2max’(最大酸素摂取量)以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する)

2016.05.27 | Category: 栄養学

運動と摂食

運動と食事による代謝過程

運動と摂食の間における基質の利用調節

運動と摂食の間における基質の利用調節は、生化学者の間でも長年研究されている分野になります。

 

従来のグルコース-脂肪酸回路とは対照的に、現在では、インスリンが脂質の酸化を制限するだけではなく脂質の分解も抑制するという事実から、運動中の脂質の酸化は主として糖質(CHO)の利用可能量によって制御されるということが広く認められています。

 

さらに、運動前のCHOの摂食が脂質の分解率と酸化に及ぼす抑制効果は、食事の摂取後最大4時間継続します。

 

この点で、グリセミック指数が低~中強度にランクされる(したがってインスリン反応性の低い)CHO摂取は、グリセミック指数の高いCHOほど脂質分解と脂質酸化を低減しないと考えられます。

 

アスリートの増量に関連する栄養補給(運動直後に補給する糖質に関しては、1~1.2g/kg(BW)/hがよいとされ、それに準じて3:1の比率に応じてタンパク質量を決定することが望ましい)

(さらに…)

ページトップ