MENU TEL

ホーム > Blog > 水泳の記事一覧

水泳の記事一覧

男女の水泳時における腹腔内圧の比較(女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になる)

2016.05.04 | Category: 水泳

水泳時における腹腔内圧

腹腔内圧と水泳選手

泳速度、ストローク頻度、ストローク長、IAP-Val、IAP-swinおよび%IAPmaxAP

 平均標準偏差
泳速度(m/s)1.53±0.08
SP(Hz)0.90±0.1
SL(m)1.70±0.1
随意最大Val(kPa)10.4±3.1
水泳時IAP(kPa)2.9±0.8
%maxIAP(%)30.3±10.6

泳速度、ストローク頻度(SR)、ストローク長(SL)、随意最大IAP(腹腔内圧)、水泳時のIAPおよび%maxIAPを示したものであり、最大努力泳(女性)と最大下努力泳(男性)におけるIAPを比較したものになります。

 

泳速度および性別が異なるために、単純に比較することはできませんが、努力度の高い方が高い値を示しました。

 

また、各被験者の随意最大IAPをみると、女性よりも男性のほうが著しく高い値を示しました。

 

この背景として、一般的に男子と比較して女子のほうが筋肉量は少なく、さらに女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になります。

 

クロール泳におけるIAP:腹腔内圧(水泳時の腹腔内圧は%maxIAPをみると、最も速い1.4m/sであっても13.7±2.7%であり、変化量も2.3±0.6kPaであった)

(さらに…)

クロール泳におけるIAP:腹腔内圧(水泳時の腹腔内圧は%maxIAPをみると、最も速い1.4m/sであっても13.7±2.7%であり、変化量も2.3±0.6kPaであった)

2016.04.30 | Category: 水泳

最大下努力泳時のクロール泳におけるIAP(腹腔内圧)

クロール泳におけるIAP(腹腔内圧)

最大下努力泳のIAPを最初に測定した報告では、全米学生選手権に出場できる程度の泳力をもつ7名の男子学生(身長1.71±0.05m、体重63.4±3.7kg)を対象とし、この実験は、流水プールを用いて行っているため、泳者の移動を伴わないもので、泳速度の範囲は、1.4m/sとしています。

 

体幹筋群と腹腔内圧(ドローインもブレーシングも、体幹筋群の協働的収縮を賦活化させることで腹腔内の圧力(IAP)を高め、脊柱を安定させる)

(さらに…)

水泳選手にとっての競技特異的トレーニング(競技特異的トレーニング群は、非競技特異的トレーニング群よりも肩関節傷害が40%少なくなった)

2016.04.26 | Category: 水泳

競泳選手の筋力トレーニング

水泳選手の筋力トレーニング

水泳選手にとっての競技特異的トレーニング

水泳選手にとっての競技特異的トレーニングとは、泳ぐ場合と同じ方法で同じ筋群を刺激するエクササイズを行うことになります。

 

これには、ウェイトルーム、プール、自重、ラバーチューブエクササイズが含まれます。

 

2007年のある研究では、21名の競泳選手を3つの群、すなわち筋力トレーニング群、水中でのレジスタンス&アシスティッドスプリント群、対照群に無作為に割り当て、12週間後、水泳パフォーマンス、テクニックパラメータ、筋力の3つの分野すべてで向上を示したのは、レジスタンス&アシスティッドスプリント群だけでした。

 

この研究は、競技特異的筋力トレーニングが競泳の3つの構成要素(スタート、ターン、泳ぎ)のうち1つか2つではなくすべてを向上させることを示しています。

 

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

(さらに…)

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

2016.04.22 | Category: 水泳

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング

水泳選手の競技特異的筋力トレーニング

競泳選手の筋力トレーニング

「競泳では、100分の1秒の差が勝者を決する」と言われています。

 

そこで競泳選手は、筋力とパワーの向上に重点を置いて筋力トレーニングを行います。

 

水泳のレースには3つの構成要素があり、すなわちスタート、ターン、そして泳ぎそのものであり、50mのレースではターンは1回しかありません。

 

50m自由形における各構成要素の貢献度は、スタートが約20.5%、ターンが約30%、そして泳ぎが約49.5%になります。

 

50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されていることになります。

 

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

(さらに…)

水泳選手と肩関節傷害予防(およそ47~80%の選手が肩関節に傷害を発生していることから、ローテーターカフの強化、あらゆる方向や平面における刺激により、コア(体幹)を強化することも必要になる)

2016.04.07 | Category: 水泳

ローテーターカフと体幹

競泳選手における肩関節障害予防の体幹トレーニング

競泳選手と肩関節傷害

競泳選手は、肩の傷害が多く発生していることから(およそ47~80%)、オルタネイトダンベルフロントレイズのような肩のエクササイズを導入することで、これらの傷害発生の可能性を低減し、さらに、競泳選手はプランクやスタビリティウォークアウトといったローテーターカフの強化エクササイズをトレーニングプログラムに導入することによって、肩の傷害事例を減らすことができる可能性があります。

 

あらゆる方向や平面における刺激により、コア(体幹)を強化することも必要になり、競泳選手は強靭な、そして安定したコアにより、より大きく長いプル動作とキック動作を生み出すことができます。

 

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

(さらに…)

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

2016.03.10 | Category: 水泳

水泳のための陸上でのストレングス&コンディショニング

水泳選手の陸上でのレジスタンストレーニングの例

競泳トレーニングプログラムデザイン

競泳は、自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4つの泳法で構成されています。

 

個々の競技レベルによっては年間を通して試合に参加することもあり、厳密なトレーニングスケジュールの設定が必要になります。

 

陸上でのストレングス&コンディショニング(S&C)をトレーニングプログラムへ導入することは、1/100秒が試合結果を左右するようなスポーツにとって、強みとなります。

 

肩甲帯、膝関節、股関節内転筋群の傷害リスク軽減を目的とするトレーニングプログラムをデザインする場合は、全身の筋力とパワーを向上させるエクササイズを含む必要があります。

 

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

(さらに…)

ページトップ