MENU TEL

ホーム > Blog > 減量の記事一覧

減量の記事一覧

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

2017.07.28 | Category: 減量

予防のための認識と方法

急速減量法が引き起こす徴候や症状

急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。

 

パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。

 

また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。

 

クライアントはただ不適切な助言に従ってRWL法を実行しているだけかもしれませんが、場合によると、これらの行動は摂食障害など、より重大な心理的問題を示している可能性もあります。

 

そのため、文書による記録は、メンタルヘルス専門職や管理栄養士に照会するなど、適切な介入方法に関してトレーナーが情報に基づく決定を下すのに役立ちます。

 

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

(さらに…)

急速減量法による悪影響(急速減量法(RWL)によって除脂肪組織が分解されると、安静時代謝の低下を招く恐れがあり、これは長期的な体重管理にとって逆効果となりうる)

2017.07.27 | Category: 減量

急速減量法

体重管理と急速減量法

急速減量法(RWL)によって除脂肪組織が分解されると、安静時代謝の低下を招く恐れがあり、これは長期的な体重管理にとって逆効果となります。

 

しかし、食事を通じて推奨量(RDA)を上回るタンパク質を摂取し、低カロリー食の実践中も窒素バランスがプラスに維持されるようにすると、除脂肪体重の減少を緩和するのに役立つ可能性があります。

 

加えて、週2~3回のレジスタンストレーニング、特に中~高強度(70~80%1RM)のレジスタンストレーニングを実行することも、除脂肪組織の維持に有益であると考えられます。

 

ただし、エネルギーレベルが低下するため、このような高強度を維持するのが困難な場合もあり、さらに長期的なカロリー制限は、その他の慢性的な健康問題や疾患、例えば骨粗鬆症、筋萎縮、骨密度の低下、成長および発達の異常、貧血、心臓障害、そして食欲不振などを引き起こし、極端な場合には死をもたらす可能性もあります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

急速減量法が及ぼしうる副作用(体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まる)

2017.07.25 | Category: 減量

急速減量法が及ぼしうる悪影響

急速減量法(RWL)

急速減量法(RWL)は、生理的、心理的に多くの影響を及ぼすことが考えられており、特に深刻な影響を及ぼしうる副作用は、重度の脱水になります。

 

体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まります。

 

1997年には、大学レスリング選手3名が、試合前の減量に伴う高体温症と脱水により死亡する事例が発生しています。

 

また、それほど深刻ではなくとも、脱水とカロリー制限は運動パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

また極端なカロリー制限は、栄養不良をもたらし、長期的にはビタミンとミネラル不足をもたらし、これらの栄養素が不足すると、毛髪や爪が乾燥してもろくなるほか、筋萎縮、疲労感、痙攣、筋衰弱、免役系の機能低下、エネルギー代謝の低下、そしてめまいなど、様々な副作用が生じます。

 

そのほか厳しいカロリー制限の下では、運動中のエネルギー源として、貯蔵されている筋タンパク質を利用す度合いが高まり、その結果、並行してレジスタンストレーニングプログラムを実行した場合に、トレーニングから得られる効果が減少する可能性もあります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

急速減量法を実施することの潜在的危険性(クライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要がある)

2017.07.25 | Category: 減量

急速減量法

減量

パーソナルトレーニングのクライアントは、しばしば身体組成における目標により、短時間に大幅な、または極端な減量を実行する必要に迫られます。

 

クライアントが試合出場(総合格闘技、レスリング、ボクシング、ウェイトリフティングなど)のため、または美容目的(社交的な行事を控えている、肥満を解消したい)から、短期間に体重を減らそうと、急速減量法(RWL)法の実施に関心を示す状況にしばしば遭遇します。

 

しかし、先行研究にはRWLの統一された定義は存在しません。

 

RWL法は一般的に、低カロリーの食事と運動による減量に比べ、短期間で大きな減量効果を得るために用いられる各種の方法を指します。

 

しかし、このような減量法の多くは、安全性に問題があるだけではなく、場合によっては生命の危険さえもたらしかねません。

 

そのためトレーナーはクライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要があります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

ページトップ