MENU TEL

ホーム > Blog > 青少年トレーニングの記事一覧

青少年トレーニングの記事一覧

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

2016.09.29 | Category: 青少年トレーニング

3,200m走

長距離と最大酸素摂取量とヨーヨーテスト

U-14以降の選手のYo-Yo IR2テスト

U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。

 

一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。

 

すなわち、この時期に積極的に有酸素性トレーニングに取り組み、有酸素性能力を高めておくことが、将来の間欠的運動能力の高さに効いてきます。

 

確かに、中学生年代の選手に対してそのときのサッカーの持久力をみるためだけならば、Yo-Yo IR2テストだけでも、選手の試合での間欠的運動能力を憶測することは可能になります。

 

しかし、時点での有酸素性能力をきちんと把握し、個々のレベルにあった有酸素性トレーニングが必要になり、そのために、Yo-Yo IR2テストに加えて別のテストが必要となります。

 

サッカー選手の間欠的運動能力の発達とその評価(近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきている)

(さらに…)

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

2016.09.28 | Category: 青少年トレーニング

U-15選手と間欠的運動能力

U-15における最大酸素摂取量とヨーヨーテスト

下肢の筋量・筋パワーとYo-Yo IR2テスト

U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。

 

そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。

 

すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期の一時的なものであり、晩熟な選手における間欠的運動能力は早熟な選手に遅れて発達し、いずれその差は消失します。

 

一方で、有酸素性能力の発達状況から間欠的運動能力の発達をみてみると、大きな問題に気づきます。

 

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

(さらに…)

レジスタンストレーニングと運動発達(一般的にこの種の動作は、大きな努力を要すること、伸張性と短縮性の筋活動を組み合わせた伸張-短縮サイクルを利用すること、そして筋骨格系に漸進的負荷を加えることが特徴になる)

2016.09.05 | Category: ブログ,青少年トレーニング

レジスタンストレーニングと運動発達

レジスタンストレーニングと基本的運動パターンの発達

「レジスタンストレーニング」と「運動発達」

発達的知見から理解しておくべき重要な概念は「レジスタンストレーニング」と「運動発達」の文献において用いられる用語、特に神経筋コーディネーション向上に関連する用語は、それが青少年向けトレーニングの漸進に対して用いられる場合、両者とも基本的に同じであるというものです。

 

例えば、基本的な移動系および操作系スキルは、様々な形式のジャンプ、ホップ、スキップ、スローイング、および打撃動作からなりますが、これらの複雑な多関節のバリスティック動作であることから、プライオメトリックスとも表現されます。

 

一般的にこの種の動作は、大きな努力を要すること、伸張性と短縮性の筋活動を組み合わせた伸張-短縮サイクルを利用すること、そして筋骨格系に漸進的負荷を加えることが特徴になります。

 

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

(さらに…)

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

2016.09.03 | Category: 青少年トレーニング

適応経路としてのコーディネーションのレベル

神経筋系適応お考えるコーディネーションのパターン

コーディネーションのレベルを上げる

コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる。

 

多様化する理由は、様々であり、例えば、個人に合わせた指導の差異や、課題の要求の変化、発育、神経の適応のほか、関節、筋群、個々の筋、および筋内レベルで数千にのぼる自由度のコーディネーションと制御能力を発達させること伴う複雑さなどが原因となります。

 

運動発達の文献において、この複雑さは、初めのうちは課題(初歩的な移動系および打撃系動作)のコーディネーションと制御能力にかかわる問題になります。

 

さらにそこへ様々な質量の装置や用具(打撃用具、ボール、バー、ウェイトなど)、および動作速度の変動が加わると、たたでさえ困難な課題は一層複雑さを増し、レベルの高いスキルを発達することが難しくなります。

 

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

(さらに…)

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

2016.09.02 | Category: 青少年トレーニング

多関節のコーディネーションパターンの発達

多関節のコーディネーションの運動パターン

多関節のコーディネーションパターンの発達とは

多関節のコーディネーションパターンの発達には様々な「段階」があること、そして、青少年の多くは経験や適切なトレーニングが不足しているため、最高の発達レベルの動作は発揮できないことを理解しなければなりません。

 

豊富な知識を有し、動作の発達の漸進について十分に理解している専門職であれば、青少年がこれらの動作スキルにおいて、効果的、またはレベルの高い動作パターンを発揮できる場合もあれば、できない場合もあることが理解できます。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

(さらに…)

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

2016.07.30 | Category: 青少年トレーニング

筋骨格系の望ましい特性を統合する

筋骨格系能力の統合について

MSFトレーニングの実施拡大に向けてた取り組み

重要なこととして、MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要があります。

 

このような情報を基にトレーニングプログラムを改良することは、高校に上がっても競技活動を続ける、比較的少数の青少年のパフォーマンスや傷害予防にとって有益であるだけではなく、MSFの向上がもたらす健康増進効果の恩恵を受けるすべての青少年にとって有益になります。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

(さらに…)

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割(握力、ベンチプレス、およびスクワット/レッグプレスが、様々な健康指標に関連する最も一般的な筋力尺度となっている)

2016.07.29 | Category: 青少年トレーニング

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割

筋骨格系能力が健康指標に及ぼす影響

青少年における健康指標および測定結果

近年の文献レビューから、MSF(筋骨格系能力)の諸要素と、青少年における健康指標および測定結果との間には、正の相関関係があることが明らかになっています。

 

これらのレビューでは、MSFトレーニングがもたらす多くの健康に関連する効果として、体重、心臓血管/心肺機能の危険因子、代謝の危険因子、および骨格の健康状態における適応を挙げています。

 

Institute of Medicineの最近の報告書によると、現在、MSFと人の健康の相関関係を示すエビデンスは十分に存在するとされています。

 

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

(さらに…)

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

2016.07.28 | Category: 青少年トレーニング

障害予防

筋骨格系能力においての傷害の予防

障害予防に関する子どもや思春期の研究

MSF(筋骨格系能力)の他の要素と同じく、障害予防についても、子どもや思春期の若者に関する研究は成人に比べて少なく、しかもそのような研究の大多数が、思春期後期の若者の膝の傷害予防に関するものになります。

 

そのような研究の多くは、筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆しており、このような研究は有用であり、実戦にも確実に影響を及ぼしています。

 

現在では、複数の公式、非公式のプログラムを通じて神経筋のコーディネーションと制御を高める取り組みが、スポーツ環境では比較的日常的に実行されています。

 

このようなプログラムの形態として最も多くみられるのが、Cincinnati sports medicine research and education foundationの「Sportsmetrics」プログラム、あるいは、伝統的なスポーツ練習に組み込んで実施されるプライオメトリックベースの体系的ウォームアップ(例えば、Santa monica sports medicine foundationの「Prevent injury and enhance performance program」)になります。

 

これらの研究結果は、対象範囲は限られるものの、潜在的に重篤な膝の傷害発達リスクを低減する効果がかなり期待できます。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

(さらに…)

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

2016.07.25 | Category: 青少年トレーニング

青少年における筋骨格系の推進

フィジカルトレーニングが青少年の体力向上にもたらす有益な効果

フィジカルトレーニング(レジスタンストレーニング)が青少年の体力向上にもたらす有益な効果は、広く認知され支持を集めています。

 

「筋力」「筋持久力」「パワー」は、レジスタンストレーニングに関する文献において広く用いられている用語であり、いずれも「筋骨格系能力(MSF:muscle skeletal fitness)という包括的な概念の下に属しています。

 

しかし、レジスタンストレーニングの実践的教育、応用、および健康関連効果、ならびに青少年に対するレジスタンストレーニングの不適切な処方が短期的、長期的にもたらす潜在的影響が議論される際、これらの用語は必ずしも適切に説明され、論じていない可能性があります。

 

力学的パワー(筋が発揮することのできる力と、筋が短縮する速度との逆相関関係は、特性曲線で表され短縮性筋活動によって産生される力の大きさは、運動の速度が速くなるにつれて小さくなる)

(さらに…)

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

2016.07.24 | Category: 青少年トレーニング

青少年全般に推奨されるトレーニングの種類

青少年に推奨されるトレーニングの種類

青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度の議論

青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度については、今なお議論が続いています。

 

あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連しています。

 

そのような問題とは、実際にどのようなMSFトレーニングの方法を採用するか、それらのトレーニング方法をどのような青少年集団に適用するか(例:アスリートか非アスリートか)、そして、それら様々な種類と強度のトレーニングをどのような年齢層に推奨するか(例:子どもか思春期の若年か)といったことであり、またこれらに関連して、MSFトレーニングを青少年、特に思春期前の子どもに実際に適用する研究、またはそのような研究の不足に端を発する問題の2つがあります。

 

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

(さらに…)

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

2016.07.23 | Category: 青少年トレーニング

筋力、パワー、持久力

子どもや思春期の選手のトレーニング

レジスタンストレーニングやその他のアスレティックコンディショニングは、受傷リスクが高く、子どもや思春期の若者が実行するべきではないとの懸念が初期には存在しましたが、現在では、適切に実行し監督すれば、この種のトレーニングは(パフォーマンスにとって)効果的であり、なおかつ安全であることを示す多くのデータが存在します。

 

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

(さらに…)

ページトップ