MENU TEL

ホーム > Blog > 2013 9月の記事一覧

2013 9月の記事一覧

肩関節スポーツ障害・代表的疾患と治療法

2013.09.24 | Category: アスレティックリハビリテーション

肩関節スポーツ障害の種類と治療方法

肩関節不安定症外(外傷性肩関節前方不安定症)

・初回肩関節前方(亜)脱臼

初回(亜)脱臼後は保存療法が第一選択とされ、整復後は前腕を体幹に3週間固定されるのが一般的です。
しかし若年者ではAIGHL(前下関節上腕靭帯)の付着部である関節唇前下方の剥離(バンカード病変)を伴うことが多く、反復性に移行しやすいのが特徴になります。

 

そのため画像上明らかなバンカード病変を認めるものに対しては、初回であっても積極的にバンカードの修復を行うべきという意見が多数あります。

 

・反復性肩関節前方脱臼(亜)脱臼

その原因としてバンカード病変が最も有名ですが、バンカード病変のみが単独で脱臼を起こしているのではなく、SGHL(上関節上腕靭帯)、MGHL(中関節上腕靭帯)、IGHL(下関節上腕靭帯)全体、さらに腱板の機能不全も関与していることを念頭において治療にあたることが必要で、治療法は手術が中心となります。

 

様々な鏡視下手術法が開発されていますが、現在のところ再発率が高く、コンタクトスポーツ選手などの活動性の高い症例に対しては適応を慎重に決定する必要があります。

 

※直視下手術はブリストウ法変法、バンカード法、パチ・プラト法、バンカード・アンド・ブリストウ法があります。

 

・習慣性肩関節脱臼

肩関節外転90度以上での非外傷性不安定症で、特定の肢位を取ると患者の意思に関わりなく(亜)脱臼を起こします。
通常はスポーツ活動や軽微な外傷を誘因として発症し、治療はルーズショルダーに準じて行われます。

 

・随意性肩関節脱臼

肩関節下垂位での不安定症で、患者自身が随意的に(亜)脱臼・整復できますが他動的には脱臼させられないのが特徴です。
主働作筋が大胸筋であると前方脱臼、広背筋であると後方脱臼、両者であると下方脱臼となり、一度このような随意性を獲得すると(亜)脱臼を楽しむ傾向があり、術後リハビリテーションがうまくいかないためバイオフィードバック療法や保存療法が原則となります。

 

非外傷性肩関節不安定症

・ルーズショルダー(動揺肩)

軽微な外傷やスポーツ活動をきっかけに肩の痛み、だるさ、不安定感が生じてくる疾患です。
下方への弛緩性を有し、上肢下垂位で下方に牽引すると骨頭が関節窩から(亜)脱臼し、肩峰下の皮膚にくぼみが出現すること(サルカスサイン)が特徴です。
また何かのきっかけで(その多くは肩の愁訴をとろうとして)習慣性になったり、中には随意的に脱臼を起こすことを覚える事もあります。
放置しても60%程度は自覚的愁訴が改善したとの報告や4~6年での推定自然治癒率が50%前後であったとの報告があり、保存療法が基本となります。

 

症状が強く十分なリハビリテーションが受けられないものや、6か月~1年の保存療法が無効なものに手術を考慮します。
直視下手術では臼蓋骨切り術、関節包縫縮術などが、鏡視下手術では関節包縫縮術や加熱による関節包収縮術などが行われています。

引用・索引アスレチックトレーナー教本

野球治療・野球肩のスポーツ障害の診断へのアプローチ

2013.09.19 | Category: 投球障害治療

野球肩

肩関節

肩のスポーツ障害には多くの病態が存在し、来院時の訴えも痛み・不安定感・運動制限など様々です。
その原因も脱臼や骨折のように明らかな大外傷によるものから、オーバーユースを基盤としたものまで様々です。

 

肩関節の安定化機構

関節上腕靭帯
肩関節の静的安定性の多くは関節上腕靭帯が担っています。
上前方には上関節上腕靭帯(SGHL)、中前方には中関節上腕靭帯(MGHL)、下方部には下関節上腕靭帯(IGHL)前方部は前下関節上腕靭帯(AIGHL)、後方部には後下関節上腕靭帯(PIGHL)、下方部は液窩嚢と呼ばれています。

 

また、腱板筋(肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋)や上腕二頭筋長頭腱といった肩関節の安定化筋、それに肩甲骨周囲筋が動的要素として重要で、4つの腱板筋(インナーマッスル)はお互いに協調して収縮する。
さらに、関節窩、骨頭間に剪断力を生じさせる大胸筋、三角筋、広背筋など(アウターマッスル)や肩甲骨安定化筋群とも強調して収縮することで、常に骨頭を関節窩の安定した位置に保つように調節し、これらの静的要素と動的要素の協調により、初めて肩関節の安定化機構が成立します。

(さらに…)

パワーの為のトレーニング原理

2013.09.05 | Category: トレーニング

パワーとは

パワートレーニング

大きなパワーを発揮する能力は、ジャンプ、投てき、方向転換などを含む様々なスポーツ活動のパフォーマンスにおいて、成功に必要な基本特性のひとつと考えらます。
アスリートのパワー発揮能力を促進し、総合的な競技パフォーマンスを向上させるために、多数のトレーニング介入が推奨されています。

 

力学的パワー

最大発揮パワーの要因である主なトレーニング特性を理解するために、パワーの基本的な定義とそれを数学的にどのように算出するのかを理解していくことが重要です。

 

力学的パワーはしばしば仕事率とも呼ばれ、力に速度を乗じることにより求められます。

 

パワー=仕事÷時間
=力×距離÷時間
=力×速度
これらの数式に基づくと、アスリートの高いパワー発揮に影響を及ぼす2つの中心的な要素は、大きな力を素早く発揮する力と、高い収縮速度を発揮する能力であることは明らかです。

 

筋が発揮することができる力と、筋が短縮する速度との逆相関関係は、短縮性筋活動によって産生される力の大きさは、運動の速度が速くなるにつれて小さくなり、最大パワーは最大筋力と最大速度が譲歩したレベルで行われます。
ピークパワーは最大速度でも最大筋力でも起こらず、アスリートがジャンプの動作中に加速しようとすると、力発揮できる時間枠がそれだけ短くなります。

 

つまり、パワーの発揮においては、力の立ち上がり速度がより重要であることが協調されます。

引用・索引NSCA-CPT教本


ページトップ