MENU TEL

ホーム > Blog > 2013 12月の記事一覧

2013 12月の記事一覧

サッカー治療におけるアスレティックリハビリテーションの流れ・ボールを蹴るまで

2013.12.29 | Category: サッカー治療

サッカー治療におけるアスレティックリハビリテーションの流れ

サッカーアスレティックリハビリテーション

 

ウェイトトレーニング

ウェイトトレーニングはグラウンドでのリハビリテーションではありませんが、グラウンドでの動きづくりのベースとなる重要な項目です。

 

リハビリ期間全般を通じて患部以外の部位、特に体幹(肩、股関節、周囲筋の背面、腹筋群、起立筋群)を中心とした初動負荷理論(「初動負荷」とは「実際の運動に近い、自然な負荷(の与え方)」を意味し、運動の発動時に負荷のピークが存在することである。)を応用して関節可動域の増加、筋力アップを目的に行います。

 

基本種目例

上半身

ラットプルダウン、プルオーバー、ベンチプレス、ベントオーバーローイング、バックプレス、腹筋トレーニング、背筋トレーニング

下半身

インナー、バックスイング、レッグプレス、レッグカール、スクワット、レッグランジ

 

直線での動き

この段階より実際にグラウンドを利用したリハビリに入り、同時に復帰までのリコンディショニングもスタートします。

ウォーキング

ウォーキングはすべての動きのベースであり、意識して修正しやすい動作なのでとても重要になります。

 

股関節の柔軟性を追求しながら実際の歩き方の矯正を行い、背部のアーチをしっかりと作り、同時に腹筋も軽く緊張させ、軸をぶらさないように片方の肩甲骨周囲筋主導で体幹を後方に引くようにして、そのねじれを利用し同側の骨盤を前に出し、下肢はそれに引かれるように少し遅れ気味に自然に前に出るようにして、膝は伸ばした状態で踵から着地します。

 

着地したあとは背筋-臀筋-ハムストリングスを動員しできるだけ長く踵で地面を掴みながら後方に押しやり骨盤を前に押し出すようにし、体重は踵から拇指球、拇指にかけて滑らかに通過するようにし、この時、上肢と下肢は意識して振ろうとか、前に出そうかとする必要はありません。

 

上肢は肩関節に、そして下肢は股関節にただぶら下がり、軸をぶらさず自由に、そして自然に肩甲骨や骨盤に引かれて前後に出るようにします。

 

トレーナーは歩いている選手の後方や側方や前方から観察し、上記のことが正しくできているかをチェックし可能な限り早い時期にウォーキングの一環としてKBW(ニーベントウォーキング)、後ろ歩き、踏み台昇降運動、速歩などをサーキット的に行い、痛みなどが出現した場合にはその時点で中止します。

(さらに…)

野球治療・野球肘の疼痛における解剖学的機能評価

2013.12.25 | Category: 投球障害治療

野球肘における肘関節機能評価

野球治療

内側部の疼痛の機能評価

関節としては椀尺関節に起因する痛みが出現します。

 

骨性には、変形、骨棘、内側側副靭帯の石灰化などによって痛みが出現します。

 

靭帯性には、内側側副靭帯の損傷による痛みが考えられ、外反ストレステストや荷重テストにより疼痛が誘発され、さらに関節運動中の関節内側不安定感が出現致します。

(さらに…)

肩関節脱臼・亜脱臼の競技復帰のポイント①動的安定性の獲得

2013.12.23 | Category: アスレティックリハビリテーション

肩関節脱臼・亜脱臼

パワートレーニング
ラグビーのタックルなどで上肢が後方に引かれた場合、肩関節の水平外転・外旋の強制により、上腕骨頭が臼蓋の前方に逸脱する「前方脱臼」が発生します。

 

これはまた、スクラムやモールなどの密集プレーでも同様の力学的機序で発生します。

 

その危険因子として、肩甲上腕関節の動揺性、肩甲帯のアライメント異常、不適切なスキルなどの3点があげられます。

 

これに対し、手術的治療の有無に関わらず、肩甲上腕関節の動的安定性の獲得、肩甲骨内転・下制位の獲得、上肢筋力の発揮時に肩甲骨内側縁が胸郭から浮く「機能的翼状肩甲骨」の改善、正しいスキルの獲得が再発予防に重要になります。

 

動的安定性の獲得

一般に、脱臼や亜脱臼の他、誤ったベンチプレスやタックル動作など前方関節包への慢性的な伸張ストレスにより、肩の動揺性は増強されます。

 

一度生じた動揺性は、保存療法では躊躇な改善は期待できず、腱板筋群による動的安定性の重要性が増すことになります。

 

腱板筋群の強化にはチューブを用いた外転や水平内転の近位抵抗運動が初期には有効であり、ダンベルなどによる遠位抵抗運動は腱板機能の回復を待って開始します。

 

チューブを用いた肩の内外旋運動では、肩甲骨下制・内転位を保持し、菱形筋などとの強調を図ります。

 

三角筋、大胸筋、広背筋など表層筋の強化は腱板機能の回復を待って徐々に開始しますが、ベンチプレスなどでは前方動揺性を助長しないように配慮が必要になります。

 

腱板機能や肩甲骨周囲筋の協調性及び正常な関節運動パターンの獲得と、肩甲帯周囲の十分な筋力・筋量の獲得が、競技復帰の必要条件になります。

引用・索引アスレティックトレーナー教本

 

ブログをを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

Nakajima整骨院に三浦淳宏氏来院、院長・中島裕之と対談

2013.12.19 | Category: ブログ

アスリートが恐れる限界点は技能だけではない。

怪我をした身体の状態は、むしろそれ以上に恐るべき限界点と言える。

「もう競技を思い切りできないのではないか」

「次に怪我をしたら治らないのではないか」。

Nakajima整骨院の中島裕之院長は、そんなアスリートたちの不安に寄り添い、我がことのように親身の治療とトレーニング指導を行う。まさに、プロユースクオリティを持つスポーツトレーナーなのである。。。

続きは下記リンクへ。
http://www.business-plus.net/interview/1312/591218.shtml

ブログをを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
もしこの記事が他の人にも役立ちそうでしたら、
フェイスブックの「いいね!」のように右のボタンを押してください。にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ ←クリックして応援してください

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

 

扁平足障害(過回内足障害)と内側縦アーチ。。。

2013.12.16 | Category: サッカー治療

偏平足とは

偏平足
偏平足は内側縦アーチの低下に特徴付けられます。

 

内側縦アーチは、静的には骨(第一中足骨、第一楔状骨、舟状骨、距骨、踵骨)並びにそれらを結びつけている靭帯(足底筋膜を含む)、動的には後脛骨筋、長腓骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋、母趾外転筋などに保持されています。

 

筋力低下の為にアーチの保持ができず、靭帯に弛緩が生じてしまうとアーチの低下が恒常となります。

 

内側縦アーチの低下は、横アーチの低下をもたらします。

 

これは両アーチを形成している筋群のうち後脛骨筋、長腓骨筋が共通であり連動することと、内側縦アーチを形成している第一中足骨と第一楔状骨との位置関係が矢状面で平坦化するとともに、第一中足骨内反を生じて、中足骨基部での横アーチの平坦化を起こし、これが前足部に反映される為です。

 

すなわち扁平足に開張足が合併します。

 

開張足になると足趾は靴の中で締め付けられて、母指は外方に偏移するようになります。

 

同時に、母趾外転筋と母趾内転筋との筋力にアンバランスが生じて「外反母趾」が成立していきます。

 

また、足底筋膜にはアーチの低下に伴い腱膜の伸張ストレスが加わりやすくなり、「足底筋膜炎」を生じることがしばしば見られます。

 

外反扁平足に伴う障害は足部に限定されず、足関節部では、後脛骨筋炎、下腿では過労性脛骨骨膜炎、膝関節部では鵞足炎、内側側副靭帯炎、膝蓋骨内側部痛などをも発生させる要因となりえます。

引用・索引アスレティックトレーナー教本

 

年末年始休診のご案内と院長ACミランチーム帯同・トレーナー研修について。。。

2013.12.15 | Category: イベント,院内お知らせ

2014年1月1日(水)~2014年1月3日(金)まで

休診日とさせていただきます。※1月4日より診療開始いたします。


それに合わせて、当院・院長中島が院長ACミランチーム帯同・トレーナー研修になります。
期間は1月5日(日)~1月13日(月)になり(その期間は休診になります)、翌日(14日)午後から診療開始になります。
契約チーム及び患者様にはご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


当院、休診日には横浜南共済病院にて診療を受けることが出来ますので、
受付時にNakajima整骨院より紹介との旨をお伝えください。


休診期間中にいただきましたお問い合わせは

確認後順次回答させていただきます。

 

契約チーム・および患者様にはご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

本田圭佑、ACミラン移籍へ 背番号は「10」

2013.12.12 | Category: ブログ

【ローマ=石田博士】サッカー・イタリア1部リーグ、ACミランの公式サイトは11日、ガリアーニ副会長のコメントとして、日本代表のMF本田圭佑CSKAモスクワ)が来年1月3日に加入すると発表した。背番号は10になるという。

 公式サイトなどによると、ガリアーニ氏は「やっと話せる。本田圭佑は1月3日からミランの選手だ。すでに契約を結んだ」と述べた。イタリア語・英語版のサイトでは、背番号10のユニホームが、本田用として販売され始めた。

 試合出場は、最速で1月6日のアタランタ戦の可能性がある。本田のミラン移籍は今夏から取りざたされてきた。
 

 

 

★CD・DVD・カレンダー全品送料無料!最安値に挑戦中★【送料無料・最安値に挑戦中】 本田圭佑...

★CD・DVD・カレンダー全品送料無料!最安値に挑戦中★【送料無料・最安値に挑戦中】 本田圭佑…
価格:1,699円(税込、送料込)

 

ブログを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
 
 
 

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

 
フェイスブックこちら

楽天イーグルスドラフト1松井祐樹(桐光学園)「素晴らしい投手に」

2013.12.10 | Category: ブログ

楽天ドラフト1位の松井裕樹投手(18=桐光学園)が、壮大な夢を掲げた。9日、仙台市内で入団会見が行われた。会見場に現れた松井は、ひときわ大きな拍手で迎えられた。どんな投手を目指すかと問われ「田中将大投手です。無敗でシーズンを終われるような素晴らしい投手になりたい」。再び拍手が起こり、期待は膨らむばかりだった。
 
 無敗という言葉に、星野仙一監督(66)からは「そりゃ無理だよ」と冗談交じりに言われたが、すぐさま「そういう思いはいいよな」と褒められた。会見では座席が監督の隣で、「緊張しました」とやや表情は硬かった。写真撮影の時には「笑えよ」と頭をたたかれながらも、肩をもまれて緊張をほどいてもらった。「優しそうな方でした。良い意味で厳しい言葉もあり、身が引き締まる思いでした」と最後は笑顔で振り返った。
 
 将来的なビジョンも明確に示した。「日本代表として、日の丸を背負って戦える投手になれれば」と強気な一面ものぞかせた。投球スタイルも同じだ。「右打者のインコースに思い切り腕を振る、強気のピッチングを見て欲しい」と、田中のような攻めの投球を見せることを誓った。【斎藤庸裕】
 [2013年12月10日7時41分 日刊スポーツ紙面から
 

 

 


徳島がPO制し四国勢初のJ1昇格!!京都は2年連続の涙

2013.12.09 | Category: ブログ

[12.8 J1昇格PO決勝 京都0-2徳島 国立]
 
 J1昇格プレーオフの決勝が8日、国立競技場で行われた。4年ぶりのJ1復帰を目指す年間3位の京都サンガF.C.と、J1昇格を目指す年間4位の徳島ヴォルティスが対戦。前半39分にセットプレーからDF千代反田充のゴールで先制した徳島は、同43分にもFW津田知宏のゴールで突き放す。後半、京都の猛攻をしのぎ切った徳島が2-0で勝利。四国勢初のJ1昇格を決めた。
 
 1週間前の準決勝をともにドローで勝ち上がった両チーム。京都はDF安藤淳、MF駒井善成と先発2枚を変更。対する徳島は準決勝千葉戦で負傷したドウグラスに代わってFW高崎寛之を先発させた。
 
 1stシュートは京都。前半7分、MF工藤浩平がミドルシュートを放つもGKの正面を突く。同11分には駒井のクロスにFW横谷繁が飛び込むがわずかに届かず。同27分にはセットプレーからゴール前の混戦を作るが押し込めない。序盤からボールを支配し、ゲームを進めた京都だったが、先制点を奪うまでは至らなかった。
 
 しかし先に試合を動かしたのは徳島だった。前半38分、右サイドからのCKを獲得すると、アレックスのキックをゴール前にフリーで飛び込んだDF千代反田充がドンピシャで合わせる。まさにワンチャンスを生かした徳島が先制に成功した。
 
 さらに勢いづいた徳島は前半43分、右SBの藤原広太朗が前線にロングボールを入れる。高崎が頭でそらすと、GKとDFの間に上手く転がる。これに走り込んだFW津田知宏が右足アウトで蹴り込み、あっという間にリードを2点に広げた。
 
 もう点を取りに行くしかなくなった京都だが、気合が空回りしたのか、なかなか攻め込むことが出来ない。後半19分からは山瀬功治に代えてFW三平和司、倉貫一毅に代えてFW原一樹を投入。前線をフレッシュにして打開策を図る。
 
 余裕のある徳島は13分に怪我で先発を外れたFWドウグラスを投入。同22分からはMF宮崎光平に代えてDF那須川将大をピッチに送り込む。後半30分からは津田を下げてMF斉藤大介を投入。守備意識を高めて完全にリードを守りきる作戦に入った。
 
 試合はこのまま終盤の京都の猛攻を守り抜いた徳島が2-0で勝利。四国勢の悲願ともなっていた初のJ1昇格キップを手にした。京都は2年連続のPO敗退(昨季は準決勝)となった。
 
(取材・文 児玉幸洋)

入れ替え戦制した讃岐がJFLからJ2昇格…敗れた鳥取はJ3降格

2013.12.09 | Category: ブログ

J2・JFL入れ替え戦第2戦が8日に行われ、J2で22位だったガイナーレ鳥取とJFLで2位だったカマタマーレ讃岐が対戦した。
 
 讃岐のホームで行われた第1戦は、1-1のドロー。鳥取のホームで行われた第2戦では、18分に讃岐が絶好機を迎えた。木島良輔がディフェンスラインを抜け出して、GKに倒されたことでPKを獲得。ところが、木島のシュートは、GK杉本拓也に止められて先制点とはならなかった。
 
 それでも、木島のPK失敗直後の20分、讃岐は山本翔平のクロスに高橋泰がヘディングで合わせて、鳥取ゴールを揺らした。
 
 1点差のまま後半を迎えると、鳥取は実信憲明と住田貴彦を投入して同点を狙う。一方、讃岐は54分に藤田浩平が2枚目の警告を受けて、退場処分となり数的不利を余儀なくされた。
 
 数的均衡が崩れると、鳥取が押し込む展開となったが、決定機は生まれずに時間が経過。結局、1-0で逃げ切った讃岐が、2試合合計で1勝1分けと上回ったことで、来季からのJ2昇格を決めた。一方。鳥取はJ3に降格となった。

見たら心が熱くなる! スポーツ感動シーンを集めた動画「Be human! My respect for them」に号泣注意

2013.12.09 | Category: アスリート名言

言葉がなくても感動してしまうのがスポーツだ。誰にでも、思わず感動してしまった試合やプレイが、ひとつやふたつはあるだろう。それそれのチームや選手のバックストーリーなどを知っていれば、より思いは深まってくる。歴史に感動、それもアリ。
 
だが、何の知識がなくても映像を見るだけで感動してしまうシーンもある。ということで今回ご紹介したい動画は、スポーツ感動シーンを集めた動画「Be human! My respect for them」である。
 
意訳すれば「人であれ! 私は彼らを尊敬する」というタイトルの動画には、まさしく人として尊敬すべきシーンが収められている。まずはサッカーのロナウジーニョから始まって、総合格闘技での試合後に起きた人間味あふれる名シーン。ほかにもまだまだ……
 
収録時間は9分半! 再生回数は416万回オーバーで、「いいね」の数は1万4000以上! 世界が認めた感動動画、きっと見れば心が熱くなる。スポーツマンである以前に、人として、彼らはどのような行動をとったのか。そこに注目、号泣注意だ。
 
参照元:YouTube
執筆:GO羽鳥

ページトップ