MENU TEL

ホーム > Blog > 2016 7月の記事一覧

2016 7月の記事一覧

パフォーマンスの知識(フィードバックを与えた試験において、膝関節伸筋群がそれぞれ7.2%および6.4%、膝関節屈筋群が8.7%および9.0%、フィードバックなしの試験に比べて高い数値を示した)

2016.07.31 | Category: トレーニング

パフォーマンスの知識

トレーニングにおけるパフォーマンスの知識

等速性の伸張性筋活動における膝関節伸筋群と屈筋群の最大モーメントの測定

Kellis&Baltzopoulosらは、等速性の伸張性筋活動における膝関節伸筋群と屈筋群の最大モーメントの測定に、視覚的フィードバックが及ぼす効果について調査し、角速度30°/秒および150°/秒での最大モーメントは、フィードバックを与えた試験において、膝関節伸筋群がそれぞれ7.2%および6.4%、膝関節屈筋群が8.7%および9.0%、フィードバックなしの試験に比べて高い数値を示しました。

 

これと同様の結果とFigoni&Morrisも報告しており、こちらの研究では、15°/秒での等速性の膝関節伸展および屈曲運動に、視覚的フィードバックが及ぼす効果を調査し、フィードバックを与えた場合と与えなかった場合における膝関節伸展運動のピークトルクは、前者が156.7±42.5ft-1b(約212.5±57.6Nm)でした。

 

また膝関節屈曲運動のピークトルクは、前者が104.1±24.0ft-1b(約141.1±32.5Nm)、後者が92.4±21.5ft-1b(約125.3±29.2Nm)でした。

 

つまり視覚的フィードバックの使用は、両筋活動におけるピークトルクの値を12%上昇させる結果をもたらしました。

 

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

(さらに…)

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

2016.07.30 | Category: 青少年トレーニング

筋骨格系の望ましい特性を統合する

筋骨格系能力の統合について

MSFトレーニングの実施拡大に向けてた取り組み

重要なこととして、MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要があります。

 

このような情報を基にトレーニングプログラムを改良することは、高校に上がっても競技活動を続ける、比較的少数の青少年のパフォーマンスや傷害予防にとって有益であるだけではなく、MSFの向上がもたらす健康増進効果の恩恵を受けるすべての青少年にとって有益になります。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

(さらに…)

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割(握力、ベンチプレス、およびスクワット/レッグプレスが、様々な健康指標に関連する最も一般的な筋力尺度となっている)

2016.07.29 | Category: 青少年トレーニング

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割

筋骨格系能力が健康指標に及ぼす影響

青少年における健康指標および測定結果

近年の文献レビューから、MSF(筋骨格系能力)の諸要素と、青少年における健康指標および測定結果との間には、正の相関関係があることが明らかになっています。

 

これらのレビューでは、MSFトレーニングがもたらす多くの健康に関連する効果として、体重、心臓血管/心肺機能の危険因子、代謝の危険因子、および骨格の健康状態における適応を挙げています。

 

Institute of Medicineの最近の報告書によると、現在、MSFと人の健康の相関関係を示すエビデンスは十分に存在するとされています。

 

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

(さらに…)

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

2016.07.28 | Category: 青少年トレーニング

障害予防

筋骨格系能力においての傷害の予防

障害予防に関する子どもや思春期の研究

MSF(筋骨格系能力)の他の要素と同じく、障害予防についても、子どもや思春期の若者に関する研究は成人に比べて少なく、しかもそのような研究の大多数が、思春期後期の若者の膝の傷害予防に関するものになります。

 

そのような研究の多くは、筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆しており、このような研究は有用であり、実戦にも確実に影響を及ぼしています。

 

現在では、複数の公式、非公式のプログラムを通じて神経筋のコーディネーションと制御を高める取り組みが、スポーツ環境では比較的日常的に実行されています。

 

このようなプログラムの形態として最も多くみられるのが、Cincinnati sports medicine research and education foundationの「Sportsmetrics」プログラム、あるいは、伝統的なスポーツ練習に組み込んで実施されるプライオメトリックベースの体系的ウォームアップ(例えば、Santa monica sports medicine foundationの「Prevent injury and enhance performance program」)になります。

 

これらの研究結果は、対象範囲は限られるものの、潜在的に重篤な膝の傷害発達リスクを低減する効果がかなり期待できます。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

(さらに…)

青少年の慢性疼痛治療に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

2016.07.27 | Category: 慢性疼痛

青少年の慢性疼痛治療

青少年における慢性疼痛に対する神経筋トレーニングアプローチ

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年の多くは、身体活動で疼痛が再燃する苦痛や不安のために、非活動的な生活を送っています。

 

慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義され、患者数はアメリカで推定約1億人にのぼるにもかかわらず、見過ごされている公衆衛生問題になります。

 

慢性疼痛の有病率は、心疾患、糖尿病、がんを合わせたもより多く、その治療費は毎年6,350億ドルの経済的負担となっています。

 

慢性疼痛に苦しんでいるのは、成人に限らず、子どもや思春期の若者の間でも有病率は20~30%と、驚くほど一般的な問題となっています。

 

小児の慢性疼痛は、がん、鎌状赤血球貧血、若年性関節炎などの疾患に関連している場合は、原因がはっきりと特定できることもあります。

 

しかし、頭痛、腹痛、筋骨格痛など、青少年によくみられる慢性疼痛の多くは、はっきりとした医学的説明がつかず、そのため医療従事者にとっては診断や治療上の大きな困難に、また、患者や家族にとっては大きな悩みの種になります。

 

これら慢性、非悪性の疼痛症候群は、しばしば生活に深刻な支障を生じさせ、日常生活機能の多くの領域に影響を及ぼします。

 

例えば、慢性疼痛を有する青少年は通常、生活の質(QOL)が大幅に低下し、身体活動や社会活動に支障をきたし、学校を欠席しがちになり、抑うつ、不安、および精神的苦痛のレベルが上昇します。

 

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

(さらに…)

青少年の線維筋痛症患者の神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し(ストライド長の短縮)、また、バイオメカニクス的機能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にある)

2016.07.26 | Category: 慢性疼痛

青少年の線維筋痛症患者の神経筋トレーニング

青少年の線維筋痛症においての神経筋トレーニング

筋骨格系痛を有する青少年

筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し(ストライド長の短縮)、また、バイオメカニクス的機能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にあり、そのため、エクササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。

 

例えば、若年性突発性関節炎の患者は、対照群に比べてデプスジャンプの着地に変化がみられますが、このようなバイオメカニクス的機能の低下は、障害悪化の予測因子であることが明らかになっています。

 

さらに、線維筋痛症を有する青少年は、活動的な青少年と比べて、膝関節伸展、膝関節屈曲、および股関節外転の筋力と動的安定性が低いという結果がでています。

 

したがって、慢性疼痛を有する線維筋痛症患者に適した介入をデザインするにあたっては、疼痛の再燃リスクを抑えながらも、基本的動作と筋力向上の指導に特化した要素を組み込む必要があります。

 

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

(さらに…)

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

2016.07.25 | Category: 青少年トレーニング

青少年における筋骨格系の推進

フィジカルトレーニングが青少年の体力向上にもたらす有益な効果

フィジカルトレーニング(レジスタンストレーニング)が青少年の体力向上にもたらす有益な効果は、広く認知され支持を集めています。

 

「筋力」「筋持久力」「パワー」は、レジスタンストレーニングに関する文献において広く用いられている用語であり、いずれも「筋骨格系能力(MSF:muscle skeletal fitness)という包括的な概念の下に属しています。

 

しかし、レジスタンストレーニングの実践的教育、応用、および健康関連効果、ならびに青少年に対するレジスタンストレーニングの不適切な処方が短期的、長期的にもたらす潜在的影響が議論される際、これらの用語は必ずしも適切に説明され、論じていない可能性があります。

 

力学的パワー(筋が発揮することのできる力と、筋が短縮する速度との逆相関関係は、特性曲線で表され短縮性筋活動によって産生される力の大きさは、運動の速度が速くなるにつれて小さくなる)

(さらに…)

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

2016.07.24 | Category: 青少年トレーニング

青少年全般に推奨されるトレーニングの種類

青少年に推奨されるトレーニングの種類

青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度の議論

青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度については、今なお議論が続いています。

 

あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連しています。

 

そのような問題とは、実際にどのようなMSFトレーニングの方法を採用するか、それらのトレーニング方法をどのような青少年集団に適用するか(例:アスリートか非アスリートか)、そして、それら様々な種類と強度のトレーニングをどのような年齢層に推奨するか(例:子どもか思春期の若年か)といったことであり、またこれらに関連して、MSFトレーニングを青少年、特に思春期前の子どもに実際に適用する研究、またはそのような研究の不足に端を発する問題の2つがあります。

 

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

(さらに…)

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

2016.07.23 | Category: 青少年トレーニング

筋力、パワー、持久力

子どもや思春期の選手のトレーニング

レジスタンストレーニングやその他のアスレティックコンディショニングは、受傷リスクが高く、子どもや思春期の若者が実行するべきではないとの懸念が初期には存在しましたが、現在では、適切に実行し監督すれば、この種のトレーニングは(パフォーマンスにとって)効果的であり、なおかつ安全であることを示す多くのデータが存在します。

 

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

(さらに…)

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

2016.07.22 | Category: ストレッチング

肩の外旋可動性

肩の外旋可動性

肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility)

オーバーヘッド動作を行なうアスリートにとって、肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility)が問題になることは滅多にありませんが、長時間座って過ごすアスリートや、筋のバランスを確実に保つためのプル動作をほとんど、あるいは全く行わずに常に多数のプレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられます。

 

当然のことながら、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こし、外旋不足が改善されるとインピンジメントの症状が緩和されます。

 

「ノーマネー」ドリル(上腕を体側につけて、両腕の肘を90°に曲げて行なう動的な肩の外旋運動で、肩の外旋可動域の末端まで動かしてから体幹へと戻し、上部にくる手を各レップごとに変えながら繰り返す)を単独で、またはスキップなどの下肢の運動と組み合わせて用いることで、全身の運動調節と併せてSERMを促進できます。

 

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

(さらに…)

肩の内旋可動性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

2016.07.21 | Category: ストレッチング

肩の内旋可動性

肩の内旋可動性

肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility)

肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility)を保持することは、野球、競泳、テニスなどの選手や陸上競技の投てきの選手など、オーバーヘッド動作を行なうアスリートの成功にとって重要な要素になります。

 

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

(さらに…)

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

2016.07.20 | Category: ストレッチング

足関節の可動性

足関節の可動性

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になります。

 

アスリートは、スプリント、スクワット、ジャンプ、投てきなど多くの競技活動で相当大きな背屈可動域が必要になります。

 

AMが不足しているアスリートは、十分な「深さ」を達成するために腰の屈曲で代用するため、脊椎を危険にさらす可能性があります。

 

若年アスリートに特異的な疾患として、オスグットシュラッター病になる可能性があります。

 

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

(さらに…)

2016/7/17~7/18新潟にてKOBA式体幹バランストレーニングBライセンス講習会を開催させていただきました。

2016.07.20 | Category: イベント

KOBA式体幹バランストレーニングBライセンス講習会

KOBA式体幹バランストレーニングBライセンスin新潟

7/17、18日に新潟にてKOBA式体幹バランストレーニングBライセンス講習会を開催させていただきました。

 

12名の方が受講され、両日共9:30〜18:30までのタイトなスケジュールの中、初日に残ってロープレ、熱心に質問していただいた熱意はしっかりと伝わってきました。

KOBAトレーニング体幹

KOBA体幹トレーニング

体幹バランストレーニングNakajima整骨院

体幹トレーニング

バランストレーニング体幹

中島裕之体幹トレーニング指導

12名の方が受講され、両日共9:30〜18:30までのタイトなスケジュールの中、初日に残ってロープレ、熱心に質問していただいた熱意はしっかりと伝わってきました。

体幹トレーニング筆記試験

体幹トレーニング実技試験中島裕之

福島かまた鍼灸整骨院スタッフ試験合格中島裕之

また次回のAライセンスは、まだ確定しておりませんが、確定次第連絡いたします。

 

この2日間は僕自身も非常に成長させていただきました。

 

今回参加されました皆様、ありがとうございました‼︎

 

“If you push me towards something that you think is a weakness, then I will turn that perceived weakness into a strength.”

 

もし自分の弱みとされる部分に立ち向かわなければならなくなったら、私はそれを強みに変えるやり方でやってきた。by Michael Jordan

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

2016.07.17 | Category: ストレッチング

胸椎の可動性

胸椎の可動性

胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)

通常、腰椎の過度の可動性には問題(コアの不安定性)があるとみなされていますが、適切な胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠になります。

 

TSMの制限と肩のインピンジメントは、特に肥満の人において、慢性腰痛と関連づけられてきました。

 

TSMに取り組む間、胸部の伸展と回旋に対して、大きな関心を払うべきであり、大多数の現代人は着座している時間が極端に長いため、結果的に、日常生活では胸部を屈曲させるほうがはるかに多いからです。

 

したがって、この様式の大多数のドリルでは、上腕の水平外転、外旋、屈曲を大いに活用すべきであり、それらのすべてが肩甲骨の下制と内転に好影響を及ぼします。

 

若年アスリートでは四つ這いでの回旋ドリルなどが、股関節部の安定性を強化しつつTSMを促進するのに有益になります。

 

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

(さらに…)

頸部の可動性(オーバーユース障害のある患者では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)

2016.07.16 | Category: ストレッチング

頸部の可動性

頸部の可動性

頚椎の可動性

上肢の正常性に関して、もうひとつ見落とされがちな要素は頚椎の可動性になります。

 

これはきわめて重要な要素になります。

 

オーバーユース障害のある患者では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられます。

 

同様に、肩も同時に丸めたFHPは、症状の有無にかかわらす、肩の屈曲中(頭上に手を上げる)の肩甲骨の前方突出と前傾を増大させます。

 

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

(さらに…)

ページトップ