MENU TEL

ホーム > Blog > 2016 10月の記事一覧

2016 10月の記事一覧

競技のための一酸化窒素補給(一酸化窒素(NO)は、平滑筋の血管弛緩をもたらすことが発見された為、当初は内皮由来血管弛緩因子と呼ばれていた)

2016.10.31 | Category: サプリメント

競技のための一酸化窒素補給

競技のための一酸化窒素

アスリートの栄養摂取

アスリートは常に、脂肪を落とし、筋量を増やし、速く、強く、爆発的になる方法を探しています。

 

このような目標において成功するためには、適切に設計されたトレーニングセッションでの実施と、理想的な栄養摂取(加工食ではない自然食品とシェークやバーなどの代替栄養食など)の2点がカギを握ることを、知識のあるアスリートは明確に理解しています。

 

アスリートは身体美とパフォーマンスにおいて遺伝子の限界を極めようとしてトレーニングを行います。

 

その際、上記2点ともう1点、すなわち最適な回復の為の適切な睡眠その他のライフスタイルが、目標達成の可能性の90~95%まで左右するといわれています。

 

そして、栄養補助食品は、アスリートをその少し先へ進ませる可能性があります。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

(さらに…)

MIPS総論(MIPSに含まれる補助成分の狙いは、血流の増加、タンパク質バランスの改善、代謝の促進、酸化ストレスに対する保護などを通して、筋力とパワーのパフォーマンスに有益な効果をもたらす)

2016.10.29 | Category: サプリメント

MIPS

MIPS総論

MIPSに含まれる補助成分の狙い

MIPSに含まれる補助成分の狙いは、血流の増加、タンパク質バランスの改善、代謝の促進、酸化ストレスに対する保護などを通して、筋力とパワーのパフォーマンスに有益な効果をもたらすことになります。

 

パフォーマンスに効果をもたらすエビデンスは大半が有酸素性運動介入と動物実験から得た結果になります。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

MIPS:副作用(MIPSの成分のうち少数は、多量もしくはきわめて大量に投与された場合に合併症を誘発することが事例研究や運動介入を伴わない研究において報告されている)

2016.10.28 | Category: サプリメント

副作用

サプリメント副作用

MIPSの副作用

MIPSの成分のうち少数は、多量もしくはきわめて大量に投与された場合に合併症を誘発することが事例研究や運動介入を伴わない研究において報告されています。

 

しかし、これらの副作用は、コントロールされた環境で運動介入と併用した場合や、各成分の推奨濃度または通常用量での摂取についてはきわめて稀です。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

アグマチンとノルバリン(アルギニンの代謝産物であるアグマチンおよびバリン(分岐鎖アミノ酸)の異性体であるノルバリンが、動物モデルにおいてNOの産生を促進することが知られている)

2016.10.27 | Category: サプリメント

アグマチンとノルバリン

アグマチン

アルギニンの代謝産物であるアグマチンとバリンの異性体であるノルバリン

NO3-とGSEに加えて、アルギニンの代謝産物であるアグマチンおよびバリン(分岐鎖アミノ酸)の異性体であるノルバリンが、動物モデルにおいてNOの産生を促進することが知られています。

 

しかし、市販されているMIPSの多くにアグマチンあるいはノルバリンが含まれているにもかかわらず、これらの成分の補給による血流の増加が人のパフォーマンスにもたらす利益についてはこれまで調査は行われていません。

 

したがって、MIPSに含まれる平均的な量のアグマチン(435mg、範囲は250~500mg)あるいはノルバリン(100mg)の効果について有効な範囲はできません。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

グルクロノラクトン(グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙上回数とレップ数の総仕事量が増加し、タンパク質同化ホルモンステータス(GHとインスリン)の増加とも関連づけられた)

2016.10.26 | Category: サプリメント

グルクロノラクトン

グルクロノラクトン

グルクロノラクトンとは

グルクロノラクトンは解毒作用、すなわちグルクロン酸抱合を強化すると主張されています。

 

グルクロノラクトンは運動中に生じる老廃物の除去を通して疲労回復を促進する可能性があるといわれています。

 

グルクロノラクトンはエナジー飲料に多量に含まれているため(レッドブルの1回摂取量当たり600mg)、グルクロノラクトンの補給に関する大多数の研究はエネルギー飲料を補給する方法で行われます。

 

MIPSはパフォーマンスの向上の理論的なメカニズムに対する特性を有する(血流を増やすことにより、血液と栄養に対する要求に応え、筋タンパク質の分解に抵抗してタンパク質バランスの維持や保護を促進することにより、減少したエネルギーの供給と貯蔵に対処し、酸化ストレスから保護し、ROS/RNSの産生と戦う)

(さらに…)

黒コショウとヨヒンビン(ヨヒンビンは、脂肪細胞のαアドレナリン受容体に対する拮抗作用をもち、健康な男性において、体重1kg当たり0.2mg(70kgの男性で14mg)を投与すると、脂肪の代謝を急激に高めることが知られている)

2016.10.25 | Category: サプリメント

黒コショウとヨヒンビン

黒胡椒とヨヒンビン

黒コショウとヨヒンビンの活性成分

黒コショウとヨヒンビンの活性成分も代謝を促進するといわれています。

 

黒コショウに含まれる活性化合物であるピペリンとカプサイシンは代謝を高めることが知られています。

 

また、黒コショウは、安静時の酸化的損傷に対する保護を提供します。

 

黒コショウに加えて、ヨヒンベという木から抽出される成分であるヨヒンビンは、脂肪細胞のαアドレナリン受容体に対する拮抗作用をもち、健康な男性において、体重1kg当たり0.2mg(70kgの男性で14mg)を投与すると、脂肪の代謝を急激に高めることが知られています。

 

MIPSはパフォーマンスの向上の理論的なメカニズムに対する特性を有する(血流を増やすことにより、血液と栄養に対する要求に応え、筋タンパク質の分解に抵抗してタンパク質バランスの維持や保護を促進することにより、減少したエネルギーの供給と貯蔵に対処し、酸化ストレスから保護し、ROS/RNSの産生と戦う)

(さらに…)

タウリン(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

2016.10.24 | Category: サプリメント

タウリン

タウリン

タウリンとは

MIPSのおよそ1/3にタウリンが含まれています。

 

タウリンは精神的な鋭敏性と活力レベルを向上させるといわれるアミノ酸になります。

 

エネルギーサプリメントに含まれている他の成分とともに摂取した場合、タウリン1.5gを急性投与したレジスタンストレーニングを経験のある男性において、エクササイズのレップ数と仕事量が増大することが知られています。

 

さらに、80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

オタネニンジン:朝鮮人参((4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守る)

2016.10.22 | Category: サプリメント

オタネニンジン(朝鮮人参)

朝鮮人参がトレーニングに与える影響

主要効果

オタネニンジン(4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守ることが報告されています。

 

同様に、オタネニンジンを1日4gを8週間から1日20gを1週間の範囲で健康な男性に投与したところ、運動によって生じる筋損傷と炎症反応の低減を効果的に促進しました。

 

重要なこととして、これらの研究で用いた運動介入は、いずれもレジスタンストレーニングではなく有酸素性エクササイズでした。

 

種類は異なりますが、中国ニンジンの粉末100mgを42日間投与した研究において、レクリエーションレベルの活動的な男女の胸筋群と大腿四頭筋の筋力が増大したことが示されています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

ブドウ種子抽出物(400mg/日のGSEを4週間摂取した男子ハンドボールの上級選手は、身体パフォーマンスと爆発的パワーが有意に増加しましたが、これはクレアチンキナーゼ(CK)の減少とヘモグロビン(Hb)の増加によるものとされる)

2016.10.21 | Category: サプリメント

ブドウ種子抽出物

ブドウ種子抽出物がトレーニングに与える影響

主要効果

GSEは主に安静時の血圧調節剤として臨床的に使われてきました。

 

これは、高濃度のフェノール性化合物の血管拡張効果によりますが、レジスタンストレーニングと組み合わせた場合の効果は明らかではなく、単に事例的に報告されているにすぎません。

 

運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある)

(さらに…)

アルファリポ酸:αリポ酸(肥満のザッカーラットでは、ALA(1時間に体重1kg当たり100mg)を10日間運動なしで投与することにより、インスリン刺激によるグルコースの運搬と代謝が促進された)

2016.10.20 | Category: サプリメント

アルファリポ酸

αリポ酸がトレーニングに与える影響

主要効果

インスリン感受性も、運動後のグリコーゲンの再貯蔵と、その後起こる筋タンパク質代謝にとって重要になります。

 

インスリン抵抗性を持つ、高インスリン血症、脂質異常症の動物モデルである肥満のザッカーラットでは、ALA(1時間に体重1kg当たり100mg)を10日間運動なしで投与することにより、インスリン刺激によるグルコースの運搬と代謝が促進されました。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

(さらに…)

シトルリン(L-シトルリンは、パフォーマンスの増強よりも運動後の回復に一層効果的であるとされ、その効果は、栄養やホルモン、酸素などの運搬を促進するだけではなく、アンモニアのような廃棄物を除去する)

2016.10.19 | Category: サプリメント

シトルリン

シトルリンがトレーニングに与える影響

主要効果

興味深いことに、分析したMIPSのサプリメントの60%に血管拡張効果のある混合成分としてシトルリン類が含まれていました。

 

L-シトルリンは、パフォーマンスの増強よりも運動後の回復に一層効果的であると思われます。

 

その効果は、栄養やホルモン、酸素などの運搬を促進するだけではなく、アンモニアのような廃棄物を除去することによります。

 

高強度の無酸素性運動中には、アンモニアが産生することが示されています。

 

運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある)

(さらに…)

緑茶と緑茶抽出物:GT,GTE(GTは同じくインスリン感受性を改善することが報告されており、GTE(ポリフェノール890mgとエピガロカテキン没食子酸塩EGCG366mg、合計1,256mg)を研究室での試験の前日に2回摂取させたところ、2時間の経口グルコース負荷試験(75gのグルコースを静脈投与)における血中インスリン濃度とインスリンAUCが低下した)

2016.10.18 | Category: サプリメント

代謝:緑茶と緑茶抽出物

緑茶抽出物とトレーニングの影響

主要効果

分析されたサプリメントの66%に、「脂肪減少コンプレックス」「代謝促進」「エネルギー増強物質」などと称する、代謝を高めるとともに脂肪の燃焼を促進することを目的とした成分が添加されています。

 

緑茶/緑茶抽出物(GT/GTE)のサプリメントによる主要な効果は、過体重および肥満の男女における脂肪の代謝促進になります。

 

例えば、過体重および肥満の男女に、GTに含まれる625mgのカテキンとカフェイン39mgを12週間補給し、その間、毎週180分以上の中程度の運動を行うように推奨したところ、総脂肪量と身体組成が改善しました。

 

別の研究では、トウモロコシ粉のプラセボ群と比較してレクリエーションレベルの活動的な若年男性に、GTE(ポリフェノール890mgとエピガロカテキン没食子酸塩EGCG366mg、合計1,256mg)を補給させたところ、最大酸素摂取量の60%で自転車を30分こいだ後の脂肪の酸化が17%増加したことが報告されています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

ベタイン(BETの補給は、タンパク質合成に関与するシグナルタンパク質(Akt,p70,S6k,AMPKなど)を増やすことによって、タンパク質同化シグナル伝達を促進する)

2016.10.17 | Category: サプリメント

ベタイン

ベタイン摂取がトレーニングに与える影響

副次効果

ベタイン(BET)は、メチオニン回路できわめて重要なメチル基を提供する役割も果たします。

 

この代謝回路では、メチル基が、ベタインホモシステイン基転移酵素によってBETからホモシステインへと移され、メチオニンが生成され、それがさらにS-アデノシルメチオニン(SAM:S-adenosylmethionine)に転換されます。

 

最終的に、SAMはクレアチン合成におけるメチル基寄与体として役割を果たしますが、この働きは爆発的エネルギーにとって重要になります。

 

しかし、BETの補給の結果としてSAMの形成と、パフォーマンスにもたらす利益との間に直接的な関連性はまだ確定されていません。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

ベタインはタンパク質バランスを強化する可能性がある(ベタイン(BET)は、タンパク質バランスを強化、また、ストレス時(運動中の脱水または高浸透圧状態)に、細胞を保護するために体内で産生される物質になる)

2016.10.15 | Category: サプリメント

ベタイン

ベタイン

ベタインはタンパク質バランスを強化する可能性がある

BRJに含まれるベタイン(BET)は、タンパク質バランスを強化する可能性があります。

 

また、ストレス時(運動中の脱水または高浸透圧状態)に、細胞を保護するために体内で産生される物質になります。

 

BETは細胞の水和状態を維持することにより細胞を守り、それにより筋細胞の生存とタンパク質の合成を促進します。

 

究極的には、BETのこのような特性は運動によって起こる損傷から組織を保護することに役立つとされています。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

窒素性食物の中のフェノール化合物(窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になる)

2016.10.14 | Category: サプリメント

 

一酸化窒素化合物

フェノール化合物

窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になります。

 

しかし、それらのフェノール成分がパフォーマンスにもたらす利益には一貫性が認められません。

 

PJ(ザクロジュース)に含まれるポリフェノールの一種であるエラジタンニンは、伸長性エクササイズからの回復にプラスの効果を及ぼします。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

ページトップ