MENU TEL

ホーム > 野球治療:若年投手向けのオフシーズン並行トレーニング計画

野球治療における若年投手の並行トレーニング

若年投手の並行トレーニング

オフシーズンとプレシーズンには、力学的欠陥の修正と身体パフォーマンス要素(筋力、筋パワー、有酸素性持久力、柔軟性、スピード、アジリティー、およびクイックネス)の最大化を考慮します。

 

オフシーズン

オフシーズンには競技によるストレスを受けないために、S&Cの強度、継続時間、および頻度を系統系に増大させ選手の強化を図ります。

投球メカニクスと腕の筋力向上のためのトレーニングと並行して、修正を施した投球セッションを開始します。

この際、オーバートレーニングを回避しトレーニングステータスの向上促進を図るために、選手の投球練習とトレーニングのルーティンを把握することが非常に重要になります。

 

トレーニング

トレーニングのパフォーマンスと投球の漸進を管理するために、トレーニングの変数(負荷、エクササイズ選択、エクササイズの順序、量、休息時間、頻度およびテンポ)は、マクロサイクル(数ヶ月~数年)、メゾサイクル(数週間~数ヶ月)、ミクロサイクル(1週間)の各目標に合わせ、系統的に調節しなければなりません。

例えば、高強度の上半身エクササイズ(>80%1RM)を中程度の量で行った後に、すぐ続けて投球セッションを行ってはなりません。

理由として、トレーニングを投球練習後の直前に行うと、トレーニング要求によって、かなりの神経筋系および代謝性疲労(筋線維のエネルギー源、動員、および活性化の低下)が生じます。

投手の守備練習や平地での軽い投球が予定されている日は、投球ストレスが少ないため高強度トレーニングセッションを投球スキル練習の前に組み込んでも良いとされています。

 

安全性の原則として

投球前の疲労による障害発生を低減するために、投球練習はS&Cの前に行うことが理想です。

 

第一メゾサイクル(若年投手向け)

11月1日~12月31日における若年投手向けオフシーズンの3日間並行トレーニング計画

[table id=20 /]

第二メゾサイクル(若年投手向け)

1月1日~2月28日における若年投手向けオフシーズンの3日間並行トレーニング計画

[table id=21 /]

第三メゾサイクル(若年投手向け)

3月1日~4月30日における若年投手向けオフシーズンの3日間並行トレーニング計画

[table id=22 /]

MHR=推定最大心拍数(%年齢推定最大心拍数)

RPM=分あたりの回転数

競技力向上トレーニング、スピード、パワー、アジリティ、リアクション、クイックネス

National Strength and Conditioning Assciation Japan May 2013Volume 20Number 4 59-60

新着情報

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ