MENU TEL

ホーム > 野球治療:大学およびプロ投手のオフシーズン、プレシーズン、試合期向け並行トレーニング

トレーニング形式

投球並行トレーニング

波状型(非線形)の期分けプログラムを行っていきます。

波状型プログラムでは、負荷と量を変動させつつ、動的トレーニングと最大筋力トレーニングを交互に組み込みます。

 

筋力トレーニング

最大筋力トレーニングとは、85%1RMを超える多関節エクササイズになります。

※一般に、パワーを強化する多関節エクササイズが主要エクササイズとみなされ、強度設定は(%RM値)として適用されます。

 

動的トレーニング

動的トレーニングは、負荷を素早く加速させるトレーニングになります。

これも多関節エクササイズであり、高い力の立ち上がり速度(ニュートン/秒)の獲得を目的とします。

力特性と収縮速度の改善は、基本的に、投球パフォーマンスの重要な特性である「筋パワー」を向上させる手段となります。

 

オフシーズンとプレシーズン

オフシーズンとプレシーズンのトレーニングサイクルが進行するに連れて、トレーニング量と強度(<90%1RM)を低下させていきます。

※この調整は整形外科的ストレス増大にあわせたものになります。

調整により、負荷量が減り、高速レップ(多量、低負荷、および高速)可能になります。

投球腕の筋群に局所的な無酸素性回復を促進し、クレアチンリン酸エネルギー特性を改善するためにを、高速レップの日を組み込みます。

コアと腰部の筋群は定期的にトレーニングし、上肢と下肢の動作シナジー(協調的活動)の向上を図らなければなりません。

 

第1メゾサイクル(プロ及び大学生投手向け)

(11月~12月31日)におけるプロ及び大学生投手向けオフシーズンの4日間並行トレーニング計画

[table id=17 /]

第2メゾサイクル(プロ及び大学生投手向け)

(1月~2月15日)におけるプロ及び大学生投手向けプレシーズンの3日間並行トレーニング計画

[table id=18 /]

試合期における先発投手向けトレーニング計画

並行トレーニング計画(プロ及び大学生)

[table id=19 /]

 

MHR=推定最大心拍数(%年齢推定最大心拍数)

RPM=分あたりの回転数

競技力向上トレーニング、スピード、パワー、アジリティ、リアクション、クイックネス

National Strength and Conditioning Assciation Japan May 2013Volume 20Number 4 59-60

新着情報

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ