MENU TEL

ホーム > 野球肘における肘の痛み・離断性骨軟骨炎

野球肘における肘関節痛

野球肘

肘関節は、肩関節と並んで投球障害の多い関節になります。

投球時の肘関節へのストレスを考えると、後期コッキング期から加速期にかけて肘関節最大外反が生じます。

上腕骨小頭障害

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎

投球時の反復する肘外反動作が主要因の圧迫障害として有名な離断性骨軟骨炎(Osteochondritisdissecans:OCD)は、成長期の野球選手に見られることが多くなります。

OCDは、加速期からフォロースルー期に見られることが多く、症状としては、初期は無痛で、野球練習後に肘関節周囲の違和感が出現し、肘関節の屈曲・伸展制限、前腕の回内外制限が出現するようになります。

急性期では、腫脹や関節水腫が見られることもあり、上腕骨小頭への圧痛を認めるものはOCDを疑う必要もあります。

投球phaseにおける肘の障害

投球障害とは、一言でいえば、はっきりとした外傷がなく投球を繰り返すことによって肘の痛みを生じ、全力投球が出来ない状態であり、小・中学生であれば、離断性骨軟骨炎のリスクもあり、肘関節の痛みによる評価も重要になります。

 

ここでは投球動作の各期と代表的な投球障害について説明します。

投球動作の段階

①Late cocking期

a)内側痛(内側障害)と外側痛(外側障害)

野球肘

肘を屈曲、前腕を回内しながら肩関節を最大外旋し、そのとき肘関節内側には外反ストレスが、外側には圧迫と剪断力が加わります。

※肩甲骨の動きが悪い、肩関節の外旋制限や外転制限による肘下がりの選手では、その負荷が過剰になると疼痛を認め、ひどくなると、内上顆の裂離骨折や、内側側副靭帯損傷が生じ、外側では肘の外側障害(上腕骨小頭離断性骨軟骨炎)が増悪します。

 b)投球側上肢のしびれと握力低下(胸郭出口症候群)

肩関節の過剰な水平外転(肘を後方に引き過ぎ)により、頚部の神経が牽引されて、小指のしびれや、握力低下を生じ、血行障害をきたすこともあります。

②Follow through期

a)後方痛(肘関節内側後方インピンジメント)

肘関節は過伸展を強いられ、特に体重移動がスムーズにできない場合、肘頭窩と肘頭が衝突します。

悪化すると、肘頭に骨棘の増生や疲労骨折を生じます。

肘関節における理学的評価

新着情報

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ