MENU TEL

ホーム > 腰痛のアスレティックリハビリテーション

対症療法

疼痛への対応は、他の整形外科的疾患と同様に炎症症状の確認から始まります。

明らかな炎症症状があれば冷却を主体として炎症鎮静の治療を行いますが、腰痛では明らかな腫脹や熱感を伴う炎症症状は少なく、ほとんどの場合腰部や臀部の筋緊張緩和と血行促進のための温熱療法が適応となります。

過緊張状態の腰背部の筋が疼痛を発することが多いことから、筋緊張の寛解が重要な対症療法となります。

一般には温熱療法に加え、電気的に筋収縮と弛緩を繰り返す低周波療法が効果的です。

また、緊張が広範囲に及ぶ場合には、体幹筋全体のリラクゼーションを促す意味で腰椎牽引も適応となります。

また、骨盤周囲筋の緊張緩和のための股関節ストレッチ、胸郭周囲の筋のリラクゼーションのため呼吸運動促進も腰背部の筋緊張緩和に効果を示します。

一方、仙腸関節や椎間関節といった関節の疼痛に対しては超音波やレーザー、高周波などの物理療法を組み合わせますが、多くの場合、患部への力学的ストレスを排除・軽減するのが最も効果的な治療といえます。

したがって、患部へのストレスを軽減するような身体機能と運動習慣を学習させることが対処的にも重要となります。

 

筋力

腰痛治療を前提とした場合、発生機序を無視して腹筋や背筋をはじめとする特定の筋を強化しても、期待どおりの治療効果を得ることは難しいです。

治療効果を得るには発生機序を十分に考慮し、また、筋力バランスにも十分配慮しつつ、誤った運動パターンを望しい運動パターンに変えるために必要な筋活動パターンを学習させ、強化することが大切になります。

なお、積極的な筋力強化を実施するには、十分な対症療法により疼痛を軽減させておくことが前提になります。

 

姿勢調査

腰痛治療において正しい立位姿勢の習得は極めて重要になります。

特に骨盤傾斜のコントロールを学習することは、腰椎前弯の程度を修正するための股関節及び下部体幹筋活動パターンの再学習にほかならず、スポーツ動作の中の腰椎骨盤リズム改善の前提条件でもあります。

骨盤傾斜のコントロールは背臥位、端座位、立位と段階的に進め最終的にはランニングやステップ動作などの運動中の姿勢矯正へとつなげていきます。

 

疼痛発生動作の再学習

屈曲型・伸展型・回旋型のいずれかの症例を呈する腰痛は、日常生活やスポーツ活動においてそれぞれの動作を行うたびに疼痛が増強し、それが望ましくない代償運動や筋スパズムの増悪を招く悪循環を形成します。

したがって、これらの疼痛発生動作の改善方法を選手に理解させ、正しい動作の学習と日常化を促すことが重要です。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ