MENU TEL

ホーム > 膝関節内側側副靭帯損傷(MCL)受傷からリハビリまで

内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯損傷

サッカーやラグビーでの膝関節に対するタックルのようなコンタクトプレーにて損傷する接触型損傷(contact injury)が一般的ですが、選手が急激にカッティングして方向転換しようとした際、下腿外旋が強制され受傷する場合も多くなります。

膝関節内側側副靭帯が外力によって関節が生理的運動範囲を超える動きを起こし、静的支持機構である関節包、靭帯が損傷した状態をいいます。

重症度の分類

重症度損傷の状況外反動揺
第一度損傷(軽度)靭帯の伸張もしくは一部の線維の損傷0°(-) 30°(-)
第二度損傷(中度) 靭帯の部分断裂0°(-) 30°(+)
第三度損傷(重症) 靭帯の完全断裂0°(+) 30°(+)

治療

Ⅰ度損傷保存:ブレース固定 1週間
Ⅱ度損傷保存:ブレース固定3週間
Ⅲ度損傷保存:ギブス固定
手術:縫合術
約4週間

内側側副靭帯損傷リハビリメニュー

サッカーリハビリ

1.受傷後1~2週目

歩行時の荷重:両松葉杖による部分荷重(疼痛の無い範囲内)

受傷後24~48時間以内(炎症症状の残存する)は患部の安静・固定・冷却(RICE)を行う。

それ以降以下のメニューを行う。
①Quag.setting(等尺性収縮:大腿四頭筋)
②SLR
③4動作訓練
④股関節伸展・内転・外転
⑤ヒールスライド(関節可動域訓練)
⑥低周波電気刺激
⑦アイシング
⑧患部外トレーニング

2.受傷後2~3週目

歩行時の荷重:疼痛が消失していれば全荷重とする。

受傷後2~3週目では、上記のメニューに加え以下の項目も行う。
※基本的には非荷重で行う。

①ホットパック(温熱療法):炎症を確認しながら。
②レッグエクステンション(膝関節伸展)
③レッグカール(膝関節屈曲)
※チューブトレーニングから行うのが望ましい。

3.受傷後3~4週目

この時期からは半荷重~荷重位でのトレーニングの導入。

①エアロバイク(50w~100w、15分、1~2セット)
※ペダルの回転数は50~60回転までとする。
②ハーフスクワット(無負荷から開始)
③カーフレイズ

4.受傷後4~6週目

この時期は荷重位でのトレーニングが中心となり、ジョギングなどランニングを開始、可能であれば個人練習から始める。
①ジョギング(直線から始める)
②練習部分参加(テーピング施行)

5.受傷後4~6週以降

練習参加~ゲーム復帰へ(当初はテーピングにて膝外反を制御)

的確なリハビリテーションメニューにより早期に復帰が可能になります。

新着情報

2017.08.23 中島裕之院長テレビ朝日撮影帯同について

9/3より不定期になりますが、テレビ朝日様の番組トレーナー帯同の為、院長不在の日がございます。 電話、問い合わせフォームより確認をお願い致します。

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ