MENU TEL

ホーム > 膝関節半月板損傷

膝関節半月板損傷

膝関節半月板

半月板には、脛骨の関節面の内側に大きくC型をした内側半月板(MM:Medial Meniscus)と外側にやや小さなO型をした外側半月板(LM:Lateral Meniscus)があります。

内側半月板は関節包や骨と癒合し、内側側副靭帯とも線維性の結合しています。

 

役割

膝関節の半月板は「形状の異なる大腿骨と脛骨面を安定化させる」、「膝関節にかかる荷重ストレスを吸収・分散させる」という役割があります。

さらに、脛骨大腿関節の滑り、転がり運動の助け、回旋の補助などがあります。

 

症状

関節裂隙に沿った圧痛や膝のロッキング

関節腫脹

疼痛、反射抑制による二次的な大腿四頭筋萎縮

※急性ではLM損傷が多いとされます。

これは、膝関節の外反強制(Knee-in)により圧迫力と同時に回旋力が加わるためです。

※ACL(前十字靭帯)損傷後に関節不安定性を残しているとMMの退行的変化がおこり、変性、断裂が生じます。

McMurray testに代表されるFriction rotation testでクリック音が認められます。

 

半月板損傷の特徴

[table id=10 /]

 

理学療法

運動機能に支障がない場合には保存的に行います。

この場合、脛骨大腿関節に荷重することはリスクになるために、エクササイズはOKC(オープンキネティック)から行います。

等尺性収縮、短縮性収縮、伸張性収縮という順で進めていきます。

大腿四頭筋の委縮は著明になるため、フォワードランジのようなしっかり下肢のリンクを考えるようなメニューが重要になります。

新着情報

2017.08.23 中島裕之院長テレビ朝日撮影帯同について

9/3より不定期になりますが、テレビ朝日様の番組トレーナー帯同の為、院長不在の日がございます。 電話、問い合わせフォームより確認をお願い致します。

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ