MENU TEL

ホーム > ハムストリングスの肉離れ

ハムストリングの肉離れ

ハムストリングス肉離れ

肉離れの中で最も起こりやすい部位と言われています。

スポーツ動作の中には疾走、加速走、跳躍といった筋肉には強度の収縮を必要とされる動作がありますが、その時に筋肉に強く急激な張力が作用し筋線維または、筋膜が損傷された状況をいいます。

競技の疾走時の加速期、最大速度期に起こりやすくなります。

肉離れの定義

好発部位は下肢の二関節筋に集中しています。

※二関節筋とは、2つの関節をまたぐ筋を指します。

二関節筋

ハムストリング(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)

大腿直筋

腓骨筋

 

 損傷の分類

重症度損傷の状況
Ⅰ度(軽度)筋のスパズムが主体
Ⅱ度(中程度)筋の部分断裂
Ⅲ度(重度)筋の完全断裂

 

発生の主な原因

①ハムストリングの柔軟性の欠如

②筋力や筋持久力の低下

③左右の筋力のアンバランス

④局所的筋疲労

⑤主動筋と拮抗筋(大腿四頭筋とハムストリング)の筋力バランスの欠如

⑥ウォーミングアップやストレッチ不足

⑦不適切なランニングフォーム

⑧気候(寒冷)

⑨受傷から早すぎる復帰(不十分なリハビリテーション)

要因

様々な要因が挙げられていますが、この他に解剖学的に神経の影響で大腿二頭筋(ハムストリングの一部)が腓骨神経、脛骨神経の二重神経支配を受け膝関節の屈曲時にそれぞれの神経のズレが生じやすく、神経筋のコーディネーションに乱れがでることも重要な要因の一つに挙げられています。

受傷後は筋繊維の修復のために瘢痕組織の形成を最小限に抑えるよう努めなければなりません。

瘢痕組織の形成がいわゆるシコリとなり競技に復帰した際、再受傷する原因になります。

そのため発生現場での適切な処置(RICE)が重要になります。

 

RICE処置

※RICE処置とは…Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。RICE処置を損傷直後に適切に行うことで、治癒を早め競技への復帰を早めることができます。

ハムストリングス肉離れのリハビリテーションプログラム

受傷後1週目

受傷24~48時間は筋損傷による炎症症状の抑制、RICE処置、炎症が落ち着いた段階で下記のメニューを開始します。
ⅠQuad.setting、SLR、等尺性収縮訓練(アイソメトリック)、4動作(4Motion ex)
Ⅱ股関節エクササイズ
Ⅲ低周波電気刺激
Ⅳアイシング(特にトレーニング後)

受傷後2から週目

受傷後2~3週目では炎症症状・収縮時痛が消失した段階で下記のメニューを追加します。
Ⅰホットパック(温熱):炎症症状の確認
Ⅱレッグエクステンション(膝関節伸展)、レッグカール(膝関節屈曲)
※チューブから始める
Ⅲストレッチング:スタティックストレッチンから始める
Ⅳサイベックス、オルトロン
Ⅴエアロバイク

受傷後3~4週目

この時期からは半荷重~荷重位でのトレーニングが中心,ジョギング開始に当たっては圧痛、ストレッチング、筋収縮時の疼痛が無いことが前提です。

Ⅰハーフスクワット(無負荷から)、カーフレイズ
Ⅱウォーキング、ジョギング
Ⅲランニングドリル

受傷後4~6週目以降

この時期からは、可能であれば個人練習から開始し、徐々に練習に参加、徐々に復帰へ。
復帰の条件として
・ストレッチング、筋収縮時痛が無く、最大筋収縮が可能(健側比80%以上が必要)
・必要なスポーツ動作が可能で、疼痛、不安が無いこと。
・テーピングによる保護を行うこと。

復帰に関して、再受傷をいかに防ぐかが非常に重要になり、選手、指導者、トレーナーの連携が大切です。

 ハムストリング損傷のリスク因子

ハムストリング損傷の解剖生理学

ハムストリング損傷のリハビリテーションとリコンディショニング

新着情報

2017.08.23 中島裕之院長テレビ朝日撮影帯同について

9/3より不定期になりますが、テレビ朝日様の番組トレーナー帯同の為、院長不在の日がございます。 電話、問い合わせフォームより確認をお願い致します。

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ