MENU TEL

ホーム > サッカー競技で足関節捻挫が多い理由

足関節捻挫の理解

足関節捻挫

 

スポーツ外傷の中で切挫創を除いて医療機関を受診する部位は、足関節に関わるものが最も多く、次いで膝関節、そして腰部と肩関節がほぼ同数になっています。

足関節捻挫の80%程度が内反捻挫と言われていますが、解剖学的、構造学的、バイオメカニクス的、スポーツ動作学的に考えられる理由として下記の事があげられます。

 

内反捻挫の多い理由

①内反の関節可動域が外反より大きい。

②ジャンプの着地など底屈位で内転・内反をとり受傷機序となる。

③ストップ動作では足部内転位をとりやすく、小趾側に荷重がかかりやすい。

④ストップ動作で足趾が屈曲しやすい選手では内側縦アーチが上昇し、内反しやすい位置になる。

⑤底屈の関節可動域が背屈より大きく、底屈位で距骨が不安定になる(背屈位で距骨ドームが関節窩にはまり込み安定する)。

⑥外側の靭帯が内側の三角靭帯より粗。

⑦腓骨は長く下方に伸びているが、脛骨に比べて関節面の幅が狭く不安定になりやすい。

 

内反捻挫の受傷機転

足関節捻挫の多い理由

内反捻挫の受傷機序を分析すると、ストップ動作、サイドステップ、ジャンプ着地、踵部でものを踏みつける、段差などからの転落時などで起こっています。

これらの動作をまとめるとa)足関節底屈位で損傷しやすいこと、b)足関節内転位で損傷しやすいこと、c)中間位で側方から内方に向かった力が加わった時に発生していること、d)体重が足部、足関節に加わった閉鎖性運動連鎖系(CKC)の局面で発生していること、などに集約出来ます。

着地動作などの足関節底屈位では前距腓靭帯(ATFL:anterior talofibular ligament 底屈位内反)と踵腓靭帯(CFL:calcaneofibular ligament 中間位内反)、サイドステップなど足関節底・背屈中間位での内反ではCFLの損傷が起こると知られています。

 

足関節捻挫とスポーツ復帰に要する期間

重症度損傷の状況疼痛腫脹治療方法スポーツ復帰期間
Ⅰ度損傷(軽度)
mild
靭帯の瞬間的伸張で部分損傷あり
機能的損失少ない
軽度軽度安静
テーピング、サポーター固定
1週間程度
Ⅱ度損傷(中程度)
moderate
靭帯の部分断裂
関節不安定性あり
機能的損失あり
急性期は強い軽度~強い理学療法2~6週間
Ⅲ度損傷(重度)
severe
靭帯の完全断裂
関節の不安定性大きい
機能的損失大きい
急性期は強い強い理学療法
観血的治療
2~3ヶ月

Ⅱ度損傷の場合の理学療法

期間治療内容
直後~安静、圧迫、寒冷療法、免荷歩行、固定(ギプス、テーピング装具)
1週~荷重歩行、ワールプール、筋電気刺激、低周波治療、足関節背屈確保(自動運動、ストレッチボード、チューブ引き)、タオルギャザー、前頚骨筋・腓骨筋群強化
※日常生活ではテーピングや装具を使用
2週~全荷重、足底筋強化
※症状に応じたテーピングなどの使用
3週~ランニング開始、スポーツ基本動作の再学習を行い徐々にスポーツ復帰を許可
※腫脹、疼痛が無いことが条件

新着情報

2017.08.23 中島裕之院長テレビ朝日撮影帯同について

9/3より不定期になりますが、テレビ朝日様の番組トレーナー帯同の為、院長不在の日がございます。 電話、問い合わせフォームより確認をお願い致します。

2017.03.14 中島裕之院長SVホルンチーム帯同について

中島裕之院長が平成29年3/30~平成29年5/28までオーストリアリーグ2部SVホルンチーム帯同になり、6/1より診療開始となります。よろしくお願い致します。

2017.03.13 新着情報

ここで当院からのお知らせをお伝えいたします。


多くのアスリートが受けているインディバアクティブ
横浜南共済病院との連携


お約束

お約束

院長からのご挨拶

院長あいさつ


問い合わせ

お問い合わせ

当院へのアクセス情報

Nakajima整骨院

所在地〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
電話番号045-325-8522
駐車場無し
予約完全予約制

休診日日曜、祝日
院長中島 裕之

お待ちしております

ページトップ