TEL

毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値がある | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 栄養学 > 毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値がある

毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値がある

2018.05.06 | Category: 栄養学

高強度トレーニングとCHO摂取の役割

高強度のトレーニングとCHO摂取量の低減とを組み合わせた場合、多くのトレーニングセッションは、筋グリコーゲンの貯蔵がそのセッションのエネルギー必要量に対して完全または十分とは考えられない量で開始される可能性があります。

 

そのような条件では、アミノ酸の酸化が増加する可能性があり、その点を考慮すると、当然のことながら、毎日の食事でタンパク質の摂取量を増加させ、アミノ酸の貯蔵量を維持することによって、除脂肪体重を維持する(または少なくとも、減少を最小限に抑える)必要があります。

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

タンパク質摂取とCHO摂取

実際、トレーニングによる1日のエネルギー消費が上昇した場合でも、1日当たりのCHO摂取量を減少させる一方で、タンパク質摂取量を増加させることにより、除脂肪体重を維持できることを証明されています。

 

毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値があります。

 

これにより、脂肪分解に対するインスリンの抑制効果を最小化でき、またその長時間の栄養補給効果により、満腹感を増すこともできます。

糖質補給とスキルパフォーマンス(VO2maxの55~75%で長時間(90分超)運動すると、グルコースと筋グリコーゲンが大きく減少する)

引用・索引Department of Nutrition Health and Human Performance Meredith College Raleigh North Carolina