頸部の可動性(オーバーユース障害のあるお客では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)

頚椎の可動性 上肢の正常性に関して、もうひとつ見落とされがちな要素は頚椎の可動性になります。   これはきわめて重要な要素になります。   オーバーユース障害のあるお客では、頸部前傾姿勢(FHP:fo … 続きを読む 頸部の可動性(オーバーユース障害のあるお客では、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)