MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > デプスジャンプの応用(DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節でき、様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になる)

ブログ記事

デプスジャンプの応用(DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節でき、様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になる)

2018.01.08 | Category: プライオメトリックトレーニング

デプスジャンプとSSC

Gehriは、DJのようにSSCが関与する活動は、特に神経筋の特異的適応を通して、CMJよりもパフォーマンスを大きく改善すると結論づけています。

 

DJトレーニングは、競技特異性をさらに高めるために調節することもできます。

 

DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節できます。

 

様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になります。

 

子どものCMJとSJの比較(ジャンプパフォーマンスとSSC能力(CMJとSJ)を、暦年齢7~17歳の子どもを対象に測定したところ、14~16歳までの間にSSCの能力が加速する期間が観測された)

デプスジャンプと競技特異性

例えば、バレーボール選手は、オリンピックのウェイトリフティング選手と異なる可動域からの最大力発揮能力を必要とします。

 

個々のスポーツの要求に応じて、DJを股関節、膝関節、足関節にそれぞれ重点を置いた運動に調節できます。

 

Andrewらによると、調節後のDJが、パワートレーニングにおける最も優れた特異性をアスリートに提供したことが確認されました。

 

この研究は、ジャンプトレーニングに関してさえ、トレーニングの特異性が重要であることを示唆しています。

 

最適なDJに必要な変更を決定するには、スポーツ分析を行う必要があります。

 

ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

 

引用・索引Various Jump Training Styles for Improvement of Vertical Performance


ページトップ