TEL

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ケトルベル > ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

2019.02.04 | Category: ケトルベル

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項

ケトルベルでの傷害リスク

KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。

 

エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。

 

腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。

 

これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自然な弯曲を保持することの重要性を意味しています。

 

スクワットエクササイズとコアエクササイズ(優れたアスリートを観察すると、パワーが股関節で発生し、剛性を高めたコアを通して伝達される)

ケトルベルトレーニングにおける背部と股関節筋群の強化

KBトレーニングで仮定される利益のひとつが背部と股関節の伸展筋群の感覚運動制御を再確立することに役立つことであるとすれば、重要なこととして、KBエクササイズを指導する際にこれらの筋群に集中的に注意を向けるべきです。

 

KBスイングなどのエクササイズ中は、股関節からコアの適切な硬直と股関節からのパワー発揮をしなければなりません。

 

コレクティブエクササイズからパフォーマンス向上エクササイズへと漸進するタイミング(優れた運動パターンおよび安定性と可動性との適切なバランスを獲得した時点で漸進する)

 

引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University of Hawaii