TEL

能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 運動生理学 > 能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になる)

能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になる)

2018.10.07 | Category: 運動生理学

不十分な筋スティフネス

筋スティフネスは伸張に抵抗する筋の能力であり、コンプライアンス(弾性抵抗)の反対の概念と定義されます。

 

筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になります

 

この概念をさらによく理解するためには、能動的スティフネスと受動的スティフネスを区別することが重要になります。

 

かかった負荷が少ない場合には、関節の受動的構造(靭帯、関節包など)が十分な安定性を提供します。

 

しかしスポーツ活動中は、関節包や靭帯の安定化の能力を超えた力が関節に働くために筋が動員されます。

 

能動的筋スティフネスは、機能的活動やスポーツ活動中の関節安定性の必須要素であると考えられており、筋骨格の傷害を予防します。

 

さらに、能動的筋スティフネスは、筋の動員を通して自発的にコントロールされる能動的な関節スティフネスに関与します。

 

スティフネスのレベルが低いことは、軟部組織の損傷と関連があるとされています。

 

ところが逆にスティフネスのレベルが高すぎると、高レベルのピークフォースと負荷速度から骨の傷害に結びつく危険性があります。

 

パフォーマンスに関しては、下肢のスティフネスが大きなアスリートは、伸張-短縮サイクルを用いるエクササイズ(ジャンプ、ランニング、ホップなど)を行う際、下肢に蓄えられた弾性エネルギーの利用と再利用をより効率的に行う事ができます。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

性差による筋スティフネス

最近のエビデンスから、同年代の男性と比較して女性は筋スティフネスが低いことが明らかになっています。

 

運動単位の動員を改善し、結果的に筋スティフネスを向上させるためには、パワートレーニングと筋力トレーニングが必要になります。

 

それ以上の筋スティフネスの向上のためには、青少年期の神経筋トレーニングにおいて、爆発的パワーと伸張性負荷を強調する必要があります。

 

さらに、筋スティフネスは成熟/発達状態によって異なり、思春期はホルモンの変化を伴い、それが特に男性の筋スティフネスの増加をもたらします。

 

この場合、筋スティフネスの向上と同時にコンプライアンスを改善するトレーニング法も適用すべきです。

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

 

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47