TEL

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > リハビリテーション > 固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

2019.02.17 | Category: リハビリテーション

固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる

感覚運動と固有感覚

固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。

 

視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要器は通常最も傷害による影響を受けやすく、したがってトレーニング的観点最も改善が可能になります。

 

このレビューの目的は「様々な筋と関節組織の圧力、張力と長さの変化を検出することによって達成され、動的な関節安定性の維持に貢献する感覚運動の感度」と定義しています。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

固有感覚の低下

固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなります。

 

固有感覚の低下は、ACL断裂、質外大腿疼痛症候群、慢性足関節不安定症などを含む多くの傷害リスク因子であることが知られています。

 

さらに、以前に負傷した関節では固有感覚が損なわれ、そのためアスリートは再度負傷しやすくなります。

 

青少年アスリートの適切なテクニックの確立を保証し、傷害リスクを低減するためには、固有感覚のトレーニングはINTプログラムの実施の第一段階で行うべきです。

 

固有感覚の協力な基礎は、アスリートにより困難で高強度の競技特異的な多くの活動へと進歩させる土台を提供します。

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47